シバちゃんのため息

古代史講座(一回目)

今回、お引越しに当って皆様に大変ごめんどうをかけましたが、思いのほか多くの方から連絡をいただき、感謝いたします。コメントの中で、おせいじかもしれないけど、意外や古代史に興味をもたれるかたが多く、ちょっと驚きました。新しい家に移った機会に、私の古代史研究の現状を何回かに分けてお伝えします。
長くなりますので、興味のない方はパスしてください。
ブログは短いほど良いというのは十分承知していますが、自分の考えを少し掘り下げると多少長くなるのはやむを得ないという事です。

私の最大の研究課題
多くの課題が山積みされている中で、完璧に一つ一つ解決するより、大体の見当が付いたら次に移るのが私の流儀です。あまり完璧に証明しようとすれば狭い範囲で時間を費やす羽目になる。それよりも、なるべく広い範囲で大まかな流れを作ったほうが楽しいし、勉強になると思うのです。
私が出版を前提として研究するなら、そんなわけにはいかない。あらゆる論議を前提に、誰から突っ込まれても平気なほどの論証をしなければならない。そんなのはあまり楽しい作業ではないし、読むほうも退屈だろう。
私はそんなことより、自分が納得できる歴史が知りたい。それには少々の憶測や仮説を導入しなければならない。結局、壮大な時代小説を書くつもりと言ってしまいましょう。
私が一番知りたいのは、日本書紀は何のために書かれたかであり、唐の李世民が何のために多くの国書を作ったのかであります。中国の史書にははっきりと書かれていないが、唐は鮮卑族が建設した国であり、常に西側から突厥=匈奴の圧迫を受けていた。しかし、李世民が即位した後、見事に突厥を分断し、中華史上初めて天可汗になることができた。しかしその栄光もつかの間、高句麗との戦いに破れ、そのショックもあって死亡する。648年のことである。高句麗との戦いは645年の事で、大化の改新の年である。果たしてこの時に唐が日本に対し影響力を及ぼす事ができたかといえば、それは無理だろう。まったくの憶測ながら、事実上、この時唐は亡び、淵蓋蘇文が唐を属国にしたと考えている。
大半の史書は唐が降伏したとは書かれていないが、私は李世民が淵蓋蘇文に破れ、城下の礼を取らされたのは間違いないと考えている。
問題は、この淵蓋蘇文の出自がまったくわからないのである。なんと、高句麗の王を殺し、傀儡の王を立てて唐と戦争をしている、もちろん、唐軍を深く遼東にひきつけた上、背後から突厥の残党を呼び寄せるという、まことに見事な采配である。何故、そのような軍人の出自がはっきりしないのだろう。そして、天才的な戦略を見ても、単なる高句麗の将軍とは思えないのだ。彼がソグド人と言うのが私の仮説である。残念ながら、その可能性が高いにもかかわらず、調べようがない。ただ、高句麗王を殺した時点で自分が王になることも可能であったのに、あくまで将軍におさまり、傀儡の王を立てるところが怪しいのだ。これが闇の支配者達のやり方である。これらは、藤原家が天皇になれる力を持ちながら、あえてその地位につかず、寄生虫のように生き延びてゆく伝統的な処世術のようなものがあったように思う。
唐は世民が死に、高宗が即位するものの、実権は淵一門が握ったのではないか。そして高句麗を唐の一部とし、淵の息子に実権を渡し、自らは韓半島を南下、、新羅を作り、九州から日本の皇帝として飛鳥の地まで侵攻した。これが天武天皇だとすると、ちょっと飛躍しすぎか・・・・。
細かい事は無視して、天武が九州に侵攻したのが白村江の戦いで、奈良まで攻め込むのが壬申の乱なのだろう。理解してもらうのは大変に困難だと思うが、私はこの説が気に入っている。まったく聞く耳を持たない人は、従来からの歴史観にすっかり犯されているせいだろう。もちろん、従来のいわゆる官製歴史を全部破り捨てるという暴挙なのだが・・・・。
ここで重要な事だが、高句麗は淵一族に乗っ取られ、唐になっている。新羅は、実は旧倭国連合であり、恐らく突厥族に乗っ取られ、新しくシラギと呼ばれる。では、天智天皇たちは誰なのだろう。それは九州と韓半島南部に存在した伽耶国の王家ではないかと考える。
以前、法隆寺は移築されたという記事で、その当時、つまり聖徳太子時代から白村江の戦いのころまでの歴史は大宰府でおきたことだといった覚えがある。つまり、ここが日本の前身であり、天武はここを亡ぼした後、重要な建造物を押収し奈良へ持ち去ったと見るべきだろう。
問題は淵蓋蘇文がいつ死んだのかということで、天武と同様、確実な死亡時期は不明である。おもしろいのは、淵蓋蘇文の遺言が三国史記に載っていないのに、なぜか日本書紀に記されていることである。ふしぎだな・・・・・。
淵が死亡した事で、東アジアは大混乱に陥る。このおかげで唐は滅び、周となる。則天武后という女帝の存在は否定しがたいのだが、果たして本当に実権を持っていたのかは謎の中である。ただし、一時的に突厥第二帝国に対抗するため、吐蕃と手を組んだのではないかと言うのが私の推理である。その証明も非常に困難だが、唐や周が仏教をどのように扱ったかなどから推理してゆくしかない。
天智天皇時代の仏教は実は半島から来たものではなく、陳などの南朝仏教だった考えいます。なぜなら、当時の状況で、高句麗や百済を経由して仏教が伝わる状況ではなかったと見るからです。

天武時代から桓武天皇に至る時代は、表面的に見ても匈奴勢と国内鮮卑族との争いであり、結果、匈奴勢力が勝利し、鮮卑族は天皇の婚姻家系として存続を許され、権威の象徴として形だけの天皇家は百済王家に与えられた。そして、匈奴勢力は寺社を隠れ蓑に全国を支配する。私はこれらの戦略を編み出したのは知力のすぐれたシルクロードの支配者であるソグド人しか考えられない。

彼等は裏で暗躍し、表面的な勢力争いは軍人にやらせ、自分たちはあくまで裏支配を心がけた。彼等は僧侶に身を隠したり、官僚として政府の要人にもぐりこんだりしてきたのだ。匈奴の軍人はソグド人の傭兵部隊であり、ソグド人が彼等を利用してきたと見る。彼等僧侶が宗教を隠れ蓑に支配者として君臨した証拠は、日本建国の時代から、現在に至るまで、税金とは無縁の世界で特権階級を維持していることである。奈良時代や平安時代に天才的な僧侶が多く輩出しているが、彼等こそシルクロードからやって来たソグド人に違いない。そうでなければ遣唐使として派遣され、唐の都で中国語を操り、難解な仏教の法典を読めるわけない。その当時に寺社以外で学問を学ぶ施設はなく、ごく少数の選ばれた人だけが学問を志していたはずだ。ソグド人は最初からエリート達の集まりだったのだろう。

日本の歴史書にソグド人が大挙してやってきたという証拠はない。しかし、商人でもある彼等が侵略軍とともに日本に渡来し、さらに、百済や高句麗、新羅からたくさんの職人を強制連行し、日本を建国する基礎を築いたと考えれば、日本書紀を編纂し、自分たちの存在を見えないものとする彼等の目論見がある程度わかる気がする。中国史、朝鮮史、そして日本史、すべてに共通するのは影の支配者の姿を消し、表の抗争を歴史のすべてであるよう取り繕ったのではないかと言うのが、今の私の考えです。

*******
と、以上のような事をかんがえています。なにぶん従来の歴史と違いすぎて、どこから手をつけていいのやらということです。
次回は、私がこの研究を始めるきっかけとなった、邪馬台国についてまとめてみるつもりです。
ブログに書いてきたことばかりですが、新しい家に移った記念に、自分の考えをまとめる意味でも一度やっておくべきと考え、ここに発表したしだいです。
[PR]
by sibanokuni | 2009-03-21 10:31 | マヨちゃんの古代史
<< 古代史講座二回目(みんなうそで... 明日は営業 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧