シバちゃんのため息

八百長理論を理解しよう。

奇兵隊さんとの論議がコメント欄では収まりませんので、記事としてアップいたします。
まず、最初に指摘したいのは、「米中ともに英国というより、ロスチャイルド家の傀儡でしょう。」という認識です。私も断言できませんが、「アメリカの中でロスチャイルドとロックフェラーが覇権争いしているのは八百長で、そもそもどちらも英国王室のエージェントである。」、これが私の認識です。つまり、米英ともロスチャイルドの傀儡と言うのとは大きく異なります。
これは論議になりません。歴史観のちがいであり、考え方の違いですから。太田氏や副島氏と私がもっとも違っているところです。いうまでもなく検証不能です。どちらが正しいかは今はわかりません、いずれわかる日が来るでしょう。
つまり、これが八百長理論の肝であります。カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどははっきり女王陛下の属国と宣言しています。なぜならそれらの国の国家元首は女王陛下だからです。
さて、アメリカの大統領はオバマ氏ですが、WASP以外で始めての大統領が誕生です。これほど不気味なことはありません。つまり、彼には何の権限もないからです。表に出る大統領は見せ掛けで、ヒラリー女史が裏の権力者と見るべきです。
アメリカは建国以来、WASPがすべてを支配したままです。第二次大戦後、世界の80%のゴールドを保有していたはずが、現在ではもうほとんど所有していないはずです。まんまとロンドンの銀行家達に奪われてしまいました。
アメリカは世界の警察とおだてられ、すべてをとられてしまいました。誰に?英国王室にです。では、この次は?いうまでもなく中国です。15億人の生み出す生産力のすべてを奪おうとしています。誰が?英国の黒い貴族達です。違いますか?アメリカは世界中で戦争をしてきましたが、何か得たものがあるでしょうか。失うばかりです。儲かったのは武器商人と銀行家だけです。答えは出ているのではないですか。

中国という国の出来た由来は現在研究中ですが、「二十世紀のファウスト」をお読みいただければ、アメリカが作った国なのか英国が作った国なのか、ある程度推察可能だと思います。もともとコミンテルンの指導の下に毛沢東や周恩来が作ったわけですが、スターリン殺害後は英国の指令で動いたのではないでしょうか。これも検証不能に近いですが・・・・。いうまでもなく、スターリンはルーズベルトが殺害されたのを見て、自分も危ないと気づき、ユダヤ人の虐殺をし、自分も結局殺されました。それを見た毛沢東もずいぶん疑心暗鬼になり、ついには文化大革命という恐ろしいことを思いついたのです。鄧小平が最後に勝つのですが、彼が英国のエージェントではないかと私は考えています。(残念ながら憶測ですが・・・)

八百長というのは、原則としてプレイヤーの希望とは関係なく計画され、各プレイヤーはそれぞれ指令に逆らうことなく淡々と役目を果たします。中華人民共和国の首脳がまったくフリーハンドを得て現在政策を実行しているとするなら、その国の指導者達はたいしたものですが、おそらくは世界の支配者の描いた構想の中に組み込まれ、まったく自主性をもっていないと私は考えています。
なぜなら自主性を持たせると八百長が出来なくなるからです。
彼等は八百長に組み込まれながらも許される範囲で世界と友好を深めようとしているはずです。日本の政府の中にも正しい認識をもつものもいればエージェントになっているものもいます。
我々は表に見えている報道に惑わされることなく、支配者達のたくらみを知り、それに対して各国の首脳が出す秘密のサインを見落とさないようにする必要があります。
奇兵隊さんへの返事にはなっていませんね。私の八百長理論を納得されないことにはまったく理解してもらえないでしょうね。
奇兵隊さんの危惧する日本のファシズム化ですが、国民が上手に立ち回り、支配者達の望む程度の軍備を買ってあげれば大丈夫ではないですかね。安倍さんは日本の支配者の末席にいる人間です。もうこりごりで、二度と表には出ようとしないでしょう。日本にも支配者の思い通りにさせないと考えているグループもいるのです。政治家の中にもいます。ただ、我々にはなかなか見えないのです。

わかりにくいことばかり書きました。奇兵隊さんの言われることはよく分かります。私は八百長理論で世界を見るという視点にこだわっているから見え方が違うのでしょう。
[PR]
by sibanokuni | 2009-04-13 09:58 | マヨちゃんの陰謀論
<< タイがタイへん マヨちゃんのコーヒー >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧