シバちゃんのため息

注目ニュースがたくさん

「ねえ、マヨちゃん」
「おお、シバちゃん、ひさしぶり。」
「久しぶりはないでしょ?毎日一緒にいるのに・・・」
「うん、ただブログに出るのが久しぶりだっていってるのさ」
「にゃー、韓国が人工衛星を打ち上げるって書いてあるけど、これはミサイルじゃないの?」
「ばっかだなー、同じじゃん。どの道、弾道ミサイルも人工衛星でも同じ技術だろ?」
「じゃあ、なんで韓国は騒がなくて、北朝鮮はだめなの?」
「そういうのをご都合主義っていうんだよ。」、「ふんにゃ、人間の世界ってむずかしいんだにゃ」
「例えば部長が触るとセクハラで、イケメンの若い社員が触ると親愛の印になるってことさ。」
「ふーん、じゃあ、韓国はイケメンなんだー。」、「・・・・・・・・・」

「ねえ、マヨちゃん」、「おい、今度は何だよ。」
「足利事件ってので、殺人罪で無期懲役になった被告の証拠品がDNA鑑定の再鑑定で不一致がでて、再審の可能性があるって・・・」
「なんかすごいタイミングだな。今日、和歌山カレー事件の最高裁判決が出るし・・・・」
「じゃあ、なに、関連があるってこと?」
「まあ、偶然てことは考えられないね、たぶん、今日の判決は無期懲役で、新聞やマスコミが騒ぐといけないから事、前にマスコミにそれとなくサインを送ったというわけだろ。」
「わかんないにゃー、結局、和歌山事件はどっちなの?」
「検察や司法は状況証拠で死刑を出すことにはやはり躊躇があるってことかな?」
「でも、舞鶴女子殺人事件で状況証拠だけで検挙したじゃん。」
「うーん、あれも無理があるよなー、公判を維持できないじゃないか?」
「わけわかんにゃい。」

というわけで、本日の新聞には興味深い記事が多かった。
刑事事件で鑑定という作業には大変に重い責任が伴う。精神科医の一言で無罪から死刑まで起こりうる。また、DNA鑑定というブラックボックスで出る結論は重大である。
そんな中、取り調べ段階で作製される自白調書の重要性は公判のなかではこの上ないものである。民主党が主張しているように、取調べのビデオ撮影はすべてを保存するべきで、良いとこ取りでは困る。

ミサイルはいつでもミサイルだし、人工衛星はいつでも人工衛星だ。相手によって言い方を替えるのは偏向しているといわざるをえない。韓国の人工衛星には危険がないという根拠はどこにあるのだ。
アメリカ人が殺されるとテロで、イラク人民が殺されるのは軍事作戦というのだろうか。

****今、六時ちょっと前、先ほどラジオで死刑判決を聞いた。判事の名前は後でチェックだが、聞く人みな当然だと言う、私がおかしいのかな?もし本当に無実だったとしたら・・・・・・、考えただけで恐ろしい、みんな本当にこれでいいの?
[PR]
by sibanokuni | 2009-04-21 06:34 | シバちゃんのため息
<< 現職警官の「裏金」・・・・の本 バルタン星人のその2 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧