シバちゃんのため息

アメリカは英国女王の名義?

まいどおなじみ「大いなる秘密」(デービット・アイク著)の本は、私が「アメリカは英国の属国で、今でも英国女王が米国の国家元首である。」と書いたのに関連し、まゆみさんが「確か、アメリカの土地の所有者が英国女王だとこの本に書いてあった気がする・・・」と言って私に貸してくれたものだ。
私の根拠は、いろいろな本を読んでゆくうちに、やはり世界は英国を中心に動いていると気付いたからで、これと言った確実な証拠があるわけではない。でも単純に憶測といって欲しくはない、皆さんが書かなかったこと、書けなかったことを読み解くとその結論しか出なかったのだ。
第一次、第二次大戦とも英国が主導でアメリカを戦争に巻き込み、結果、英国の財政は破綻し、アメリカは世界中の金塊の80%を溜め込むことになる。だから一般的に言って、英国は没落しアメリカが大国になったのだ。しかし、実は英国貴族はぶくぶく太ってしまった。そしてそのアメリカの溜め込んだ金塊を徐々に吸い上げる作業を始めた。世界の警察として、国民は望んでいないのに、世界中で紛争に介入し、いまやアメリカの国内の金塊はなくなってしまった。そう、007のゴールドフィンガーで描かれたような、地下金庫にあったはずの金塊は、すべてスイスの山奥に隠されてしまった。ニクソンがドルと金との交換を停止したのは、もはやアメリカに準備金が用意できないことを白状したことなのだ。私はそのとき学生で、沖縄から船で日本へ帰る途中だった。神戸港へ着いてもドルと円が交換してもらえなかった。1ドル360円、沖縄がまだ米国領だった時代である。

さて、アイク氏の「大いなる秘密」上巻p454に書かれた文章は、これだけでこの本を買う価値があるものだ。引用すると長いし、要約するのは難しいし・・・しかたがない、引用文を後ほど研究所に載せます。

直接呼出しは、http://mayonokuni.web.fc2.com/aiku.html
研究室を見てもらうには、http://mayonokuni.web.fc2.com/resarch.htm
で見てくださいね。ちょっと多いけどごめん。

さて、要は、アメリカ大陸は英国王室や世界の貴族達の共同所有であり、それは現在も継続しているということである。つまり、米国民は知らないけれどアメリカ国家は毎年年貢を治めているはずである。国民は土地を買い、自分のものだと思っているだろうが、それはあくまで賃借権であり、固定資産税という家賃を払い、最後、死ぬ時は相続税を払うか、もしくは返納するという事だ。これはもちろん日本でもそうで、自分の物だと思い込んでいるに過ぎない。

私は常に疑問に思っていることがある、それは何故日本がこんなに裕福で、フィリッピンやインドネシア、そしてアジアの国々、アフリカ諸国・・・がなぜあれほど貧困なんだろうという事だ。同じように働いていて、どうしてこれほどの経済格差があるのだろう。何故日本はこれほど経済大国なのだろうと思うのだ。結論から言えば、貧乏な国は最初から搾取されていると思わざるをえない。誰から?それは旧植民地時代の宗主国にである。もっと言うなら黒い貴族の所有する東インド会社である。
表向き、戦後、アジア諸国は植民地を解放し、独立国になったように見せているが、実は目立たない仕組みで国民の所得を奪っているに違いない。
日本はどうなのだ。おそらく、日本はその搾取率が低いと見るのか、もしくは逆に搾取している側にあるのか、ではないか。
世界には過去にたくさんの王国が存在した。しかし、英国王室をはじめとするガーター騎士団グループの策謀で、現在は大体10家ぐらいに集約されている。(正確には調べていない)日本の昭和天皇が皇太子の時英国へ行き、私の想像ではここで重大な決断を迫られたと見ている、つまり、支配者の一員になるのか、それとも清国のように亡びたいのかを・・・。(ガーター勲章とはそういう意味だ。)
おそらく英国の王室が出した条件は、韓半島、満州、モンゴル、台湾、フィリッピンの権益、即ち土地の所有権と鉱山の採掘権を日本に与える、その代わり、第二次大戦でわざと負けろ、と言うものだったと想像する。
これまた想像だが、今でもその権益は継続していて、毎年それらの所有地から上がる利益が日本にもたらされる。昭和天皇は贖罪意識からその金を国民に分配した。しかし平成になり、天皇が変わったため、分配がされなくなった。これが平成不況の実体であろう。
韓国人は働き者だ、頭もいいし、真面目なものだ。しかし、なぜか日本のように豊かではない、フィリピンはかわいそうな国だ。世界中へ女給を供給し、国へ送金しないと国は破産する。これは国民が何も知らないうちに搾取されているからだろう。そう考えないと経済格差は説明できない。
アメリカはドル紙幣を乱発することで搾取されていることを隠してきた。しかし、もう限界に来ていることはいうまでもない。もはやアメリカは共産主義か社会主義国になるしかないのではないか。

日本はどうなる?それは英国のようになるだろう。あの国はすでに貴族と平民に別れている。とんでもない金持ちと普通の貧乏人が共存している。彼等は使う言葉も食べるところも違っている。日本も間違いなくそうなり、金持ち達は名古屋弁?で、貧乏人は大阪弁?を使うようになるだろう。年に一度、回転寿司を食べるのが楽しみになるのだ。南こうせつの「あかちょうちん」の歌が日本の国歌になる日は近い。なんてこったい。
[PR]
by sibanokuni | 2009-04-23 06:32 | マヨちゃんの陰謀論
<< 私の陰謀論の前提とは・・・ 現職警官の「裏金」・・・・の本 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧