シバちゃんのため息

世襲で何が悪い

最近、議員の世襲が問題になって、党の内規で規制しようとか、選挙区を変えろとか、それを二世議員が論議するからややこしい。どっちでもいいじゃないか!と言うのが私の判断。要は、有権者が選ぶのだから、ふさわしくないと思えば入れないのだし、選ばれたならそれでいいじゃないか。そんなことより、私はタレント議員のほうがもっといやだ。彼等は演技するのが仕事だ。一般受けすることを言うぐらいは朝飯前だ、。例えば、あのレーガン大統領、さすがに映画俳優だ、惚れ惚れするぐらいかっこいい。もし日本の首相を三船敏郎がやったとしたら、そりゃあかっこいいよね。でも、映画じゃないんだ。むずかしい政治の場なのだ。
タレント議員の存在自体が有権者の恥だろう。つまり、それを許す国民がアホなのだ。(まあ、どっちもどっちか・・・・)

では、二世議員のどこが悪い?生まれながらに政治をこころざし、プロの政治家として世襲することに何ら恥ずべきことはない。ただ、ろくな二世がいないだけだろう。
憲法では職業選択の自由があり、政治家になってはいけないと規定することは不可能で、また、規定する必要もない。この際、代議士も「二世枠」、「タレント枠」、「スポーツ枠」、「貧乏人枠」・・・・など、最初から枠を設けたらどうだろう。私はさしずめ「ブログ枠」で出馬だ。

いやな消費税の値上げのお願いは仲間由紀恵がすれば良い、「おねがい、上げさせて。」といえば僕だって、思わず「うん、いいとも・・・」ていうに違いない。防衛論議ならエビちゃんがいいな、「ねえ、私を守って・・・」
おもわず、「いいとも・・」、だよね・・・・・。
僕もきっとB層に入るな・・・・。結局、タレント議員はなくならないな。

ところで、ようやく飯山さんのブログで「皇后 横田めぐみ」さんが登場した。私とはまったく別のソースなのに、同じ結論に達することはまったくもってすばらしい。私が昨年の八月に「横田めぐみさんは金正日の皇后である。」と述べてからというもの、たくさんの人に馬鹿にされ、くやしい思いをしてきたのだ。世の中に私と同じことを考える人がいてくれてまことにうれしい。さらに、彼は「邪馬台国は遼東半島」説である。なんとまあ、奇遇なんだろう。
さらにさらに、私の信じる乳酸菌を生成しているのだ、こんな偶然はめったにない。
[PR]
by sibanokuni | 2009-04-28 09:09 | シバちゃんのため息
<< 今日も働きます。 もう連休? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧