シバちゃんのため息

天の声?

驚きました。まさかの辞任、もちろん民主党党首、小沢さんのことですが、・・・・
やはり小沢さんに政権を任せることはありえないことだったのだろうか。新聞やテレビにはろくな情報がないから無視して、ここはマヨちゃん独自の解釈をしなければならないな。

マヨちゃん理論で小沢さん辞任をどのように解釈するか?

やはり、天の声しか考えられない。天の声といえば、いうまでもなく世論調査の結果です。あれはどのように実施されているのか、我々にはまったくうかがうことの出来ないブラックボックスである。各新聞社、そしてテレビ局が独自に実施するというが、その現場を我々は見ることはない。ただ、しかし、何かの意見を象徴していることは間違いない。
即ち、これが「天の声」たる所以であろう。 その天の声が「小沢さんは首相にふさわしくない。」、と結論づけたのだから、小沢さんとしてはさっさとやめざるを得なかったのだ。それほどに、この天の声は重大な意味があると考えなければならない。

コンピューターで無作為に選んだ2000名に電話をして、内、約1000人ぐらいの回答者が日本の明日を決めるのだから、これは考えてみれば恐ろしいことだ。私の憶測ではそのコンピューターには日本を動かす支配者の住所録しか入っていないのではないだろうか。つまり、この2000名が日本の現在の枢密院という事になる。本当に2000人なのかは知るよしもない・・・・。

小沢さんはサンカである、と先日ブログに書いた。即ち、田中首相以来、久しぶりに日本原住民の首相が誕生する期待があった。田中政権にもいろいろな闇があったようだが、日本の隅々まで税金をばら撒こうという発想があり、日本が一時活性化したことは間違いのない事実である。その一番弟子である小沢氏が、自他共に認める実力がありながら、いまだに首相になっていないにはやはり支配者達がそれをどうしても彼を認めないからだろう。

小渕政権で連立を組み、成果があがりそうになった時小渕さんは殺された、福田さんは彼と連立しようとして排除された。よくよく考えれば、小沢氏の背後にある組織を支配者がいかに恐れているかの証明である。

なにやら残念な気がするが、日本の政治というのはこの程度のものなのだ。

ちょっと前、女房から、「ねえ、こんどの総理大臣は誰になるのー?」と聞かれ、「鳩山じゃないのー。」と答えた、「どっちの鳩山?」って聞くから、「どっちかの鳩山」って言った。案外当たるかも・・・・。

さて、昨晩、ドキュメンタリー番組、「告発 現職警官」をみた。地元愛媛テレビによる1500日の密着番組で、よくぞ報道したなと感心した。裏金作りに協力しなかったため出世をあきらめ、嫌がらせをされ、よくぞ定年まで勤め上げた、テレビ局としてその涙の日々をよく描いていた。

ただし、不満も残る、つまり、警官達が苦労して作った裏金をどのように活用しているのかが報じられていないのだ。問題は、裏金が積もり積もって最終的に上層部へ上納されるという事であり、単に、裏金というだけならどこでもあるじゃないか、で終わってしまう。ここら辺が報道するにちょっと難しいのかな?

もうひとつ。同じような疑問に直面している人は全国にたくさんいるはずだ。警察に限らず、市役所、県庁、国家公務員、すべてに裏金は存在すると見てよい。それらを告発したいと考える人が昨日の番組を見たとすれば、おそらく大多数の人は、俺にはあんな勇気はないな、で終わるのではないか。
結局、彼が頑張り、くじけなかったわりに、組織はびくともせず今でも裏金作りに精をだしている。
新しく告発しようとしても、相手はびくともしないなら単なるドンキホーテになってしまい、人生を棒に振るぐらいなら、より楽なほうを選択するだろう。裏金の根絶は困難で、それを取り締まる立場の警察からして汚染されているのだから、国民としてはなんとなくあきらめてしまう。そんな気を起こさせるのがこの番組の目的だったりして・・・・。

番組をみて、うれしさ半分、むなしさ半分でした。
[PR]
by sibanokuni | 2009-05-12 09:43 | シバちゃんのため息
<< 「サスペンス劇場」蟹江一家殺傷... 菊の垂れ幕の背後への引退? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧