シバちゃんのため息

うつ病だって・・・

私が監督をしていた野球チームのメンバーが勤めている会社を辞めるという、驚いて呼びよせた。
彼は35歳、既婚で二人の子持ち、実は私がお仲人をした4組目の男である。真面目で優しくて、好青年である。
こんな時期に正社員を辞めてどうするつもりだ、少々のことはがまんせよ!と言ってやるつもりであった。
ところが一年ぶりに遭った彼は頬はこけ、すっかりやつれていた。
「おい、どうしたんだ?」「はい、実はいまうつ病で先日まで会社を休んでました。」
「えー、お前がうつ病だって、原因は仕事か?」
「まあ、そうですね、思い起こすと半年ぐらい前、上司とケンカして・・・・それからなんだかねむれなくなって・・・、そして病院に言ったらうつ病だって・・・・」
「それで、薬は飲んでるんか?」、「はい」
「そりゃあいかん、薬の名前は?」「抗ウツ剤のトレドミンと、睡眠導入剤のマイスリーと・・・・」
「上司は他にいないのか?」「はい、上司はその人だけです。」
「うまくいかんのか?」「お互いに相性が悪いのか・・・、どちらにしても気分は落ち込むし、薬のせいでボーっとするし、このまま仕事を続ける事はちょっと・・・。」
「なるほど、すぐ仕事は止めたほうがいい。とにかく薬をやめなきゃあ。それには原因を取り除く事だ。すぐに仕事をやめ、しばらく薬を断って、気分を変えよう。まずストレスを除き、気分を新たに好きな仕事を探そう。」
「はい、そうするつもりです。」
・・・・・・・・・・
で、帰っていったけど、これでいいのだろうか。ウツの人に我慢しろ、がんばれと言うのは禁句だと言う。でも、今のご時世で仕事をやめてどうなるだろう。
それにしても簡単に薬を処方する医者は無責任なものだ。寝れない?はい、導入剤。気分がすぐれない?はい、抗ウツ剤。こんなの医者じゃないだろう。処方箋薬局じゃないか。

先日親しい娘がウツ病で自殺したが、結婚してすぐ妊娠し、産婦人科からうつ病の薬は胎児によくないと聞き、抗ウツ剤の投与を中止したのが原因だったようだ。産みたい一心で、逆に母子ともども命をなくしてしまった。

そのことがあったから、生活の前にまず命が重要だと思った。薬に頼っていてはいずれ大変なことになる。
そう思ってのアドバイスだったが、やり直しの効かない人生、これでよかったのだろうか。
まだ若いのだから、何とかなるといいのだが・・・・。

確か、読者の中に元心療内科の先生がいましたよね、そう、貴婦人さん、読んでませんか?何か、アドバイスを下さい。
[PR]
by sibanokuni | 2009-05-23 20:12 | シバちゃんのため息
<< 満州こそ歴史の宝庫? 「神々の乱心」下巻のお話 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧