シバちゃんのため息

役人が出来ないなら民間で、

「ねえ、マヨちゃん?」
「なんだい、シバちゃん」
「僕ね、最新式の猫ベットが欲しいんだよ。いつもマヨちゃんのベッドの隅で寝てるでしょ、もっと自分のベッドで思い切り寝たいんだよ。」
「ぜいたくいうもんじゃない、我が家はお金がなくて困ってるんだぞ・・・。」
「それじゃあ、マヨちゃんのお小遣いを減らせばいいじゃん。」
「なに言ってんだよ。僕の聖域に踏み込むなよ、財務省のパリにいっとくれよ。」
「パリは財源がないから買えないの一点張りなんだよ・・・」
「なんだあ、日本政府と同じこと言ってるな。」

何をしようとしても、やれ「財源は・・・・」、「消費税を上げなければ・・・」、「このままでは、いつか国家は破綻する・・・」
こんなことばかり聞かされて、いつかは消費税を上げる事を国民は覚悟するようになる。

小泉は消費税を上げないからと言ってそれ以上に細かいところで国民に痛みを押し付けてきた。確かに国民は痛みを味わってきた。しかし、政府や役人にどんな痛みがあったのだろう。
そうなのだ。一方的に国民は損をしてきただけなのだ。

「新たな財源など少しも必要ない。」、今の税収でやるべきなのだ。いまの特別会計と一般会計でやりくりするのが役人の義務ではないか。それだけの収入がありながら、財源がないだと?そんなにやりくりが下手ならば、出来る人に変わってもらえ。あんた達がやらなければならないわけではない。私達があなた方にお願いする理由はどこにもない。その歳入でやりくりできる人にやってもらうだけだろう。
財務省の役人達よ、そして自民党の議員どもよ、できないのならすぐに辞職するのが筋ではないか、「私には出来ません。」と、そして優秀な官僚がたくさんいるはずだから、それらの中から「私ならできます。」という人間にやってもらえばいいだろう。何を言ってるんだ。

民間で出来きる事は民間で・・・・、というのが民営化理論の真髄だったが、役人が出来ない事は民間がやればいいじゃないかと思う。
[PR]
by sibanokuni | 2009-06-21 05:04 | シバちゃんのため息
<< 龍夫妻が名古屋へ 闇の支配者 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧