シバちゃんのため息

月刊日本が・・・・

もう七月も終わりかけ、天気は悪いし、景気は悪いし、正常な人でもなんとなく気分が沈む。
ここ何年も、毎年毎年、百年に一度の豪雨が日本を襲う。百年に一度の豪雨が毎年のように押し寄せる確率は限りなく0なのに・・・・。日本国民は皆、経験したことのない豪雨に驚くとともに、自然の驚異にあらためて恐れを覚える。
天気図を見ればわかるが、通常ならば太平洋高気圧が北上し、大陸の高気圧を押し上げる、そうして梅雨が終わる。ところが、なぜか小さいが頑丈な高気圧が韓国の上にどっかと腰をすえ、まるで太平洋高気圧と向かい合って日本を雨雲の通り道にしている。
気象操作とは言うまい。日本人が日本人の苦しむようなことをするわけがない。やはり、地球温暖化の影響で、海水の温度があがり、地球規模で気象が変化しつつあるという事にしておこう。そうだ、やはりエコしかない。この地球温暖化を防ぐには大型テレビを買い、大型洗濯機を買い、高速で遠くまで出かけ、プリウスを買うしかない。それでエコになるなら・・・・。

さて、今日郵便ポストに「月刊日本」8月号が届いていた。先月に続き、鈴木宗男ちゃんが櫻井よしこに物申す!という見出しで宗男ちゃんが日本の支配者代理人に挑戦している記事と、論説委員の山浦さんらが「日朝国交正常化を急げ!」と言う特集が目に付く。おもしろそうだ・・・。

さて、少しだけ紹介しておこうか。
特集 日朝国交正常化を急げ!で、まず元公安の菅沼光弘氏が発言している。あいにく私はこの人を信じていない。いつものように北朝鮮がミサイルを日本に向けて発射すると脅している。気持ちはわかるけど魂胆が見え透いている。したがって、これはパス。
山浦さんの、「旧宗主国としての責務を全うせよ」はいつもながら歯切れがいい。旧宗主国の責任を全うするには金王朝三代目の安泰継承に日本は積極的に関与せよとおっしゃる。まったく同感である。
元外交官、佐藤優氏はさすがに外交官だ。北朝鮮と田中均氏が約束した、拉致被害者を一旦北へ戻すと言う約束を破ったのは日本である。小さな約束すら守れない日本をどうして北朝鮮は信用できよう、とおっしゃる。鋭い指摘。テレビでこんなことを言うと袋叩きだろうな。
思いのほか立派な発言だったのは、元家族会の副代表、蓮池さんだ。日本のマスコミに対し、強硬路線をとった場合、その実効性に問題があると言いながらも、やはり制裁ありきという組み立てになっている。これらは世論を感情的に煽りたて、結果、解決を遠ざけている、と意外なお話である。
シンポジウムの様子はユーチューブでも公開されたが、個人的な印象として、菅沼さんだけ浮いていた気がする。
あと、時間がないので宗男ちゃんの記事しか読めなかった。櫻井女史に送った公開質問状の返事が載っていて興味深かった。ちょっと長くなるので明日にでもご紹介します。

さて、今、注文してある本は「まぼろしの古代尺」(新井宏著)と、ココロスケさんお奨めの「思考と行動における言語」(SJ.ハヤカワ著)と言う本だ、で、「古代尺」の本はどうして注文することになったのか忘れてしまった。なんだったっけ?たしか、寺院の寸法が書いてあるってことで欲しくなったのかな?

マヨちゃんはあまりにも幅広く研究をしているので、どうしても奥行きが浅くならざるを得ない。どれひとつをとっても世の中にはとても深く研究している人がいる。私はどちらかと言えばそこそこの深みで、なるべく広く知りたいのだ。それにはある程度研究した人の意見を尊重する。ただし、その研究が本物か偽物かを見極めないと大きな過ちを犯すことになる。すべては自分の目利きで判断せざるを得ない。
目利きをする基準は、「世の中は八百長ばかりである。」というものであります。難しいことですね。
[PR]
by sibanokuni | 2009-07-27 09:41 | シバちゃんのため息
<< 二つのワン・ワールド 宗教を調べましょう >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧