シバちゃんのため息

エコポイント、ゲット?

金曜日の夜、我が家の冷蔵庫が突然死した。
「ねえー、マヨちゃん、どうしよう?」
「なに?」、「冷蔵庫が冷えてないの。」
「冷やすから冷蔵庫というんで、冷えないならただの箱ジャン。」、「そうなのよ、もう十三年も使ってるから、そろそろ買い替え時よ。」、「ふーん、修理しないの?」、「修理を頼んでも、早くて来週早々しか来てくれないわよ。明日、注文すればその日のうちに持ってきてもらえるでしょ。・・・・」
・・・・・なんてやり取りをしていたが、女房はもうすっかり新しい冷蔵庫を買う気で新聞のチラシをチェック。不思議なもので、物を買うのはやはり楽しそう・・・・。

我が家は経済が順調だったころシステムキッチンに改造した。確かにカッコイイし、収まりは良い。ただし、食器洗浄器、電子レンジ、冷蔵庫がビルトインなのである。これが大変にくせものだ。
貧困家庭に没落した我が家にとって冷蔵庫は冷えれば良いのであって、この際、カッコなどどうでもいい、冷えて、所定の場所に収まれば良い。決まった寸法内に入る冷蔵庫はホンの数種類に限られ、選ぶ権利はなさそうだ。言うまでもないけど、システムキッチン純正の冷蔵庫は倍ほどの値段である。しかも同じ柄はもうない。
世の中のシステムキッチンを夢見る主婦に言っておきます。ビルトインは避けたほうが良い、高いだけです。

私が仕事をしている間にパリは、いつもの家電量販店で注文し夕方には配達をしてもらう手配を済ませたようだ。
「12万8千円って書いてるけど、これってよそのチラシで十万三千円で出てたわよ。高いじゃん?」
たしか良家のお嬢様という触れ込みのパリも、いざとなるとなかなか勇ましかったようだ。もちろん、相手は百戦錬磨の店員だ、「いやー、お客様には勝てません。うちは真心を込めて10万5千円までさせていただき、本日中にお届けしますよ。」ってなもので、まんまと商い成立。家電は商売が早い。

長々と書いたのはエコポイントである。我が家には関係ないと思っていたエコポイントをゲットしたのだ。買い替えをするとリサイクルポイントもプラスされ、結局得られたポイントは1万1千円分。約一割分も戻ってくる、もちろんその財源は我々の税金だ。新しく資源を無駄使いして、ゴミを新たに出した人に国民全員から集めた税金で補助してくれる。どこがエコだ。なにがエコだ。修理して資源を無駄にしないのをエコというのではないか。ポイントの説明書を見ながら釈然としないマヨちゃんでした。

景気停滞のいま、消費の刺激に税金を使う事に文句はない。ただし、家電や自動車だけに国民の税金を使うのは誰が考えても納得がいかない。高速の1000円にしても、弊害が多く、いずれにせよ不公平極まりない。

私は繊維業と飲食業でどちらも大変な状態なのだ。どうして我々には何もメリットがもらえないのか?
いやいや、いまさら税金から何か恵んで欲しいなどとは言わないさ、国民平等に広く浅く負担させる消費税をなくせばいいじゃないか。
民主党もいまからでも良い。景気回復するまで消費税を撤廃せよ。ついでに永遠に撤廃せよ。
・・・・と、新しい冷蔵庫を眺め、さすが日本の家電はよく出来てるなあと感心しながらも、ブツブツ言いたくなるのでした。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-02 06:30 | シバちゃんのため息
<< 寺院調査報告(その1) いよいよ高野山へ >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧