シバちゃんのため息

ねこは地震に役立たない。

いやいや、初めてテレビの緊急地震情報というものを体験しました。5時6分、仕事に出かける準備が済み、テレビを消そうとした時、その放送が始まった。地図では静岡にばってんがうたれ、「まもなく地震が来ます。」とのこと。10秒ほど経って本当に地震がやってきた。自分の感覚では震度は2から3だった。横揺れが中心のやや長い地震であった。(テレビで名古屋の震度が4と言っているが、そんなに強いとは思わない。)
ちなみに、シバちゃんは無関心のようで、ぐっすり寝ていた。
教訓、10秒間でできることは何もないこと。もうひとつ、ねこは役に立たないこと。

さて、テレビ局から電話がかかってきた。(私の妄想だが・・・・)
「マヨさん、おはようございます。地震・災害にお詳しいと評判のマヨさんに電話がつながっています。お話をうかがいます。マヨさん、そちらはどうですか?」
「おはようございます。どうですか?って言っても、朝だから眠いですね。」
「そうじゃなくって、生きてますかってことですよ。」、「生きてますよ、死んでたら電話に出れませんですから・・・・。」
「それはよかった。マヨさん、この地震をどう見ますか?」
「この地震の意味ですか?大きく言って原因は三つありますね。」、「なるほど、三つですか・・・、で?」
「ひとつには、麻生さんの漢字に対する認識がひどすぎること。二つ目に、麻生さんが靖国に行かないと表明したこと。最後に、民主党のマニフェストが気に入らないことでしょう。」
「はあ?麻生さんの漢字が読めないことは有名ですが、それとこの地震の関係とは?」
「結局、やっこさんたちは日本を愛してるわけで、その日本の文化である漢字をまったく読めない首相と言うのが腹立たしいと考えていますね。さらには、あの人は日本会議に所属してるのに、靖国参拝をしない。これは約束違反です。これらを総合すると、やっこさんたちは、次の政権を担う民主党に対し、次の首相には、最低でも日本語がしゃべれて、漢字が読める人。さらには靖国に参拝すること、そしてマニフェストに禁煙法を定めることを要求しているものと考えてます。」
「はあ、そんなもんで・・・・・はい、このあたりでもう十分です。マヨさん、どうも、おそらく二度と聞くことはないと思います。視聴者の皆様、電話で聞く人を間違えたようです。お詫びします。」

なんてことはもちろんうそだが、現在の無政府状態はその昔の村山政権時代と同じである。つまり、表の政府が留守のうちに裏政府がやりたい放題してるといえる。その目的は自分たちの力を誇示し、次期政権を脅迫しているように見える。いうなれば民主党への無言のメッセージであり、圧力である。選挙が終わるまでは何が起こるか予断は許されない。とはいうものの、我々にはできることは何もない。どうしょうもないですな。
とりあえず、シバちゃんに地震対策を覚えてもらうしかない。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-11 06:21 | シバちゃんのため息
<< お盆休みのおしらせ・・・シバち... 寝坊しました。 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧