シバちゃんのため息

別所温泉の旅

せっかく旅行したのだから、自分のためにも記録として残しておきたいものです。今日のブログは読者の事は考えず、単に私的な記録として書いておきます。
一枚目は相変わらずまゆみさんとこのパクリで、宿のそばで咲いていた蓮の写真です。
b0166522_2001989.jpg


さて、旅行の初日は別所温泉に泊まるのですが、まず諏訪から上田市にはいりました。この上田という地域は古代から相当開けていたようで、国分寺も日本成立と同時ぐらいのタイミングで作られています。つまり、古代から要所だったということである。
まず真田昌幸が築いたといわれる上田城へ行った。私の直感では上田と言う地名は、あの綾部アヤタチの一員である穴太衆、石工集団の上田氏から来ているに違いない。その穴太衆が築いたこの城は城郭があるわけではないが、七つの櫓と二つの渡り櫓があったといわれる。写真は東虎口櫓門で、もちろん復元である。天然の地形と堀と土塀で徳川軍の攻撃を二回にわたり防いだということだ。さすがに穴太衆である。
忍者を自由に使いこなす真田は上田衆の一員と見て間違いはないだろう。
b0166522_20053100.jpg


あまりの暑さと、すでに7時間連続運転のおかげで上田の街はそれ以上見物する気にはなれず、目的地、別所温泉に向かった。
予約していた旅館は北向観音堂の横だった。善光寺が南向きで、北向き観音は北向きとと向かい合っているため、両方を参らないと「片詣り」になるといわれている。もともとそこには長楽寺があったが焼けてしまったそうで、その後、この観音様は常楽寺の管理下になったという。
b0166522_2013630.jpg


別所温泉には安楽寺、常楽寺をはじめお寺がたくさんある。言うまでもなくお寺には多くの働かない僧侶が百人単位で存在する。彼等僧侶を食べさせるための金は一体誰が負担するのだろうか、また、温泉地とは歓楽街である。歓楽街になぜこれほど多くの寺院が必要なのだろうか・・・・これは私の妄想。
別所という地名は言うまでもなく原住民の押し込み場だったからその監視役として、そして徴税役としてお寺がたくさん設置されたのだろう。
b0166522_202799.jpg


地元の神社で特に有名なのは生島足島神社です。実は面白い事にご神体が「土」なのだそうだ。おそらくは古代信仰を伝える貴重な神社なのであろう。なんと言っても皇居の中で天皇が拝む23の神様の中にこの生島足島が入っているというからいかに重要かがわかるだろう。それにしても全面赤色で趣味はよろしくないね。
b0166522_2031587.jpg

b0166522_2034136.jpg


先日、諏訪大社の上社前宮の写真を載せてなかったので追加します。ただし、ご神体が山そのものなので拝み堂と御柱以外は何もなく、訪れる人も少なく本宮とはえらい違いである。
b0166522_2054930.jpg

b0166522_2062174.jpg


相変わらず下手な写真で申し訳ありません。カメラは優秀なのですが、腕が悪いようです。
今回、時間の都合で諏訪大社の前宮を簡単に済ませてしまったのですが、本当はもっと奥があるようで、またの機会にゆっくり訪れたいと思いました。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-15 20:10 | シバちゃんのため息
<< 後半戦スタート 敗戦記念日に思う >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧