シバちゃんのため息

日本の支配者

昨日から奇兵隊さんと民主党の日銀政策に関し、コメントのやり取りをしています。お互いの思いは同じようなものですが、やはり、歳を重ねた分、私のほうがややあきらめが早いようです。
論議を重ねたところで本当のところ、日本の奥の院の話だけにわかるわけがないというのが実体でしょう。

私の考えは前から言っているように、日本はアメリカの属国ではない、と言う立場だから、アメリカから国債を押し付けられているとは思わない。日本はアメリカのFRBとぐるになってアメリカの生死を握るため、本来日本の国内に還元するべき国民の資産をアメリカ国債へ投入していると考える。物事には両面があり、どちらが正しいのかは当事者に確かめる以外わからないのだが、はっきりしているのは、日本が本気でアメリカ国債を換金しようとする時、間違いなくドルは紙切れになる。その国債を大量に保有する日本が、即ち、明日にでもアメリカを崩壊させることが出来る日本がアメリカの属国だとは考えられないではないか。・・・・と私は考える。
奇兵隊さんたちの言われることはわかる。しかし、アメリカ政府の実体はヨーロッパの貴族たちではないか。日本がたかが植民地の属国であるなどあるはずもないことだと考える。
あとは、そのヨーロッパの貴族たちと日本の支配者達の関係である。そこでみんなに笑われながらも「お種」理論を披露した。なかなか信用されないのは当然なのだが、私は日本の支配者はヨーロッパの貴族たちに何ら歴史においても、資産においても引けはとらないと思っている。まあ、お種はともかくとして・・・・。
ロスチャイルドがカザール人なら同じフン族仲間で皇室と親戚かもしれないではないか・・・(冗談ですよ)

さて、日本銀行は政府の資本が55%、民間の資本が45%の独立した国策企業である。民主党が日銀の総裁に旧財務省の人間が就任することに最後まで反対したのは覚えているだろうか。これを見ただけで民主党の日銀に対する姿勢がわかろうと言うものだ。
私はこのとき何度も指摘した。つまり、民主党は間違っている、政府(財務省)側の人間を入れるべきで、日銀の内部昇格はだめだと・・・。このときは自民党と民主党とで臭いお芝居をしたのだ。
つまり、民主党でも自民党でも日銀の独立性を認めないなら政権は取れないことははっきりしていたということ。とにかく、政府紙幣の発行を口にしただけででっち上げで(万引きやセクハラ、痴漢など)警察に検挙されるのだ、それを見れば誰も口にできなくなる。
だらだら話を続けて申し訳ない。早い話、世界中の中央銀行は世界の支配者達のサロンであり、世界支配の有力な手段であるから、日本の中央銀行も当然、日本の支配者が運営しているという事である。

だから、奇兵隊さんのいう事はもっともだとは思うが、タブーはタブーとして、触れないとこは触らず上手に政治を運営してゆくしかないのではないか。
世界の支配者に日本の資産を売り渡す?これは私はないと思っている。アジアを日本が支配すると言うのが当面、日本の支配者達の目標だと思う。民主党は同床異夢のやや危ない橋を渡っている気がする。
奇兵隊さんとは一番最初の、日本はアメリカの属国であるという点で堂々巡りになる。これは答えは見つかりませんね。いずれ答えが出るのだろうか・・・・。
[PR]
by sibanokuni | 2009-09-24 09:08 | マヨちゃんの陰謀論
<< 名古屋弁の謎? サンカの親分 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧