シバちゃんのため息

こっちかあっち

北朝と南朝、平家と源氏、徳川対秀吉、三井対三菱、トヨタ対日産、読売対朝日、巨人対阪神、自民党対民主党・・・・・・・・・・・・・
とりあえず何かを対決させるのは日本人の好みなのだろうか。そして、その巨頭同士が本気で対決する時は要注意である。なぜならその周りは戦いのあおりで死に絶えてしまうからである。

私の勝手な推測で日本を真っ二つに割り、三井と三菱で考えてみよう。
三井家の出自はWIKIを見ると近江の宇多源氏で佐々木源氏と同系である。つまり仁徳天皇が近江に王朝を作った時、その守備隊が源氏(北魏系鮮卑)であり、その大蔵大臣が三井家と考える。住友は三井と同根で井桁の家紋は動かぬ証拠である。

それに対し、三菱の岩崎家は岩崎弥太郎が地下浪人、つまり、「郷士株を売り移住先を故地とする権利を手に入れ歴史的土着を決め込む種である。もともと岩崎の株は種子島・屋久島である・・・・」と栗原氏が書くように、もとよりコスモポリタン?なのである。

現在、イオンとヨーカドー、ローソンとセブンイレブン、ナショナルとソニー・・・・小泉改悪のおかげですべてが二つに集約されてしまった。そしてそれらの株主や資本構成は巧妙に操作され容易にその根元を調べることは困難で、素人の手に余る。しょせん日本は系列という名のもとに、おおむねあっちかこっちにわかれるのではないか。(究極のあてずっぽうだが・・・)
つまり、日本は「三井・住友」 対 「三菱」、そしてそれ以外、 に分かれるということ、もちろん、私の憶測だし、仮説ですから・・・。

プラザ合意ののち、日本はバブル景気に沸き、気がついたときにはすでに日本経済は破綻の淵にいた。土地や株価は暴落し、大銀行20社が数社に統合されるという荒療治が行なわれる。結果、勝ち残ったのはもっぱら三菱、三井・住友である。天下の三菱地所にはなぜか不良資産はほとんどなく、バブルの後遺症などもなく、捨て値で投げ出される不動産を一気に買い捲ったのである。さらに、三菱銀行はこれまた不良債権などなく、名門東京銀行、さらには大阪、名古屋の名門、東海、三和も傘下に治めたのである。これでは彼らがバブルを演出したと疑われても仕方がないのではないか。(結果論だね・・・)
いうまでもなく国際金融派閥といえば、泣く子も黙るロスチャイルドである。世界の金融を動かす能力は彼ら以外にない。当然の話、あらかじめ八百長試合を知っていればその対処法は簡単である。コスモポリタンの岩崎家なら情報は入っていたということか。

世界はロスチャイルドが動かすというのはおそらく本当の話だと思う。しかし、彼らは桁違いの富豪である、日本の郵貯の200兆円など格別な興味などない。そんなはした金、別に何の苦労も必要としないのだ。なぜなら紙幣と言うのはただの紙切れで、彼らはいくらでも紙幣を印刷することができるのだ。ただ、頼まれれば少しぐらいの資金を動かすぐらい朝飯前である。はっきりしておかねばならないことは、彼らは世界王家に使える下僕であり、彼らが王家に逆らうことなどないという事である。つまり、日本の天皇家はれっきとした世界の王家の一員である。これを知れば、並みの陰謀論など吹き飛ぶであろう。

私のまったくの推測でしかないが、自民党の政治は平成以降、三菱主導であったと思う。その間、三井・住友は防戦一方だった。そこへ前回説明した天誅が下り、政権が交代したというわけだ。

さあ、ここからはマヨちゃんの連想ゲームである。間違ってたらごめんね。
鳩山・・・笹川・・・世界はひとつ人類は皆兄弟・・・アジア連邦・・・世界紅卍・・・皇道大本・・・出口王仁三郎・・・大江山・・・佐々木源氏・・・近江商人・・・三井・住友・・・鉱山開発・・・アルタイ という事で、今回の政権はアルタイ系と決定しました。
では今までの政権は?うーん、言いにくいな・・・・・。えい、やってみよう。
三菱・・・ロスチャ・・・王室・・・英国王室・・・オランダ・・・ベネチア・・・フン族、なんだ簡単じゃないか、ちょっといいかげんすぎるよね、きっと。

で、今後はどうなる?わかりませんね、あっちかこっちかもしれないけど、自分はどっちにも属してないんだからいずれにしてもいいことないか・・・・しょんぼり・・・・。
[PR]
by sibanokuni | 2009-10-07 06:03 | マヨちゃんの陰謀論
<< モラトリアムはこうせよ 檻のなかの平和 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧