シバちゃんのため息

やっぱし政権交代してよかった

10月15日付け日経の夕刊に、編集員の記名記事で「混合診療の禁止を合法」とする高裁の判決を批判したコラム?が載っていた。
これは一審の東京地裁の、「混合治療を禁ずる明文規定はない」とした判断を覆すもので、記事によれば「患者本位」置き去りに、という副題が付き長妻厚相に対する批判記事である。
記事ではいかにも混合治療を禁止することが不条理で、それを追認する事で戸惑いが広がっていると書く。自分が戸惑うようにペテンを広めているのだろう。記名記事なら公平中立を守らなくてもいいのだろうか、これほどあからさまな偏向記事もめずらしい。
いかにも患者が気の毒なように書くが、いつもの一方的な偏向記事である。この混合治療を認められない理由は医師会のHPで丁寧に説明してある。好きではない医師会であるが、この件に関しては医師会の見解は正しいものと思う。
読めばもっともなように見えるが、実は、金持ちがよい治療を受けて、貧乏人が治療を受けれないシステムになるのだ。
小泉はこれを成立させようとしていた。なんと鬼のような奴ではないか。

今回の判決に付いて長妻さんは「国のこれまでの主張が認められたものと考えている。」と述べたのは実は違う。これは「今後そうしたいとした厚生省幹部の主張を変えるものである。」が正しい。日経の編集委員は一体誰の味方なのか・・・・。よかったね、政権が変わって。

さてもうひとつ、ウイーニーの開発者に逆転無罪。これも画期的。違法コピーが出来る交換ソフトを作っただけで有罪であるなら、人を殺すことが出来るナイフを作った企業は有罪であるし、原爆を設計した技術者はみんな有罪である。ナイフは人を殺さないし、ピストルも人を殺さないのである。人間が、使う人が悪いと便利なものも凶器になるのである。

こんな判決が出るというのはやはり政権が変わったからだろう。司法というのは建前上独立してると言うが、やはり大臣に対しお伺いを立てているというのが実際のようである。では、やはり民主党の政権でよかったと思う。植草さんも今なら絶対に無罪だろう。ぜひ、再審請求をしてもらいものだ。
[PR]
by sibanokuni | 2009-10-09 06:04 | シバちゃんのため息
<< チベット潜入8年間のお話 モラトリアムはこうせよ >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧