シバちゃんのため息

小説「ロックの落日」最終回

カリフォルニアがデフォルト?このニュースを見てほくそえんでいたのがロス氏である。彼は以前からカリフォルニアを破綻させるため、意識的にサブプライムローンを集中的に売り込んでいた。明日の生活もままならない貧民に対しても甘い誘いで住宅を売りつけた。罠のような住宅ローンなのだから破綻するのは時間の問題だったのだ。

さて、カリフォルニア州がなぜ狙われたのか?これには深いわけがある。簡単に言ってしまえばユダヤがイスラエルを捨てるという事である。
イギリスの言うとおりにイスラエルを建国し、そこへ移住させたが、一体いくらつぎ込んだであろう。流石のユダヤの金持ちもいささかうんざりしたのである。しかも、どう考えてもあまり住み心地はよろしくない。
彼らユダヤ人にとって理想はやはりクリミア半島なのだ、しかし、そこはすでにスキタイ族の親分衆の避暑地になっている。いまさら移住をさせてもらえそうもない。今、一番考えられているのは北朝鮮である。しかし、ここも寒いし、犬は食べるし、言葉はわからないし、できることなら先日サミットで泊まった洞爺湖が最適である。ここならテレビは見れるし、野球もあるし、ラーメンはうまいし、カニすきも食べれる。

そんなことでロスは北海道にしようと思っていたが、カリフォルニアの話を聞き、ロスちゃんは、「どうだ?カリフォルニアを売らないか?」という申し込みをカリフォルニア知事のシュワちゃんに打診したのだ。

「やあ、ロス様、州知事のシュワです。」、「ああ、シュワか?忙しいんだ。要件だけいうよ。とりあえず、破綻するのか、それとも何か策でもあるのか?」
「はい、実は7月末に州債の償還が来るんですが、金庫に金がないんです。・・・」
「なんだ、そんなことならロックに頼めよ・・・・。」、「なに言ってんですか、彼はもう破産状態ですよ。」
「そういやそうだな・・・で?どうするつもりだ?いくらか貸そうか?」、「いや、そんなことよりも、州ごと一括で買ってくれません?」、ロスはあまりにもスムーズな展開に思わずほくそえむ。
「おやー、そりゃあおもしろそうだな・・・・」、「でしょ、でしょ?でね、私の提案は、ここカリフォルニアをイスラエルにするという考えですよ。」、「乗った!うん、それはいいぞ、独立国家を作るという事だな。空気は汚いけど、空は青いし、ラスベガスはあるし、言う事ないな。金ならいくらでも出そう。」
「本当ですか?一応、月末の議会で予算案を出しますが、ロックが金を用意できなけりゃ絶対に否決されます。聞くところによると、日本の皇室に融通してくれって頼んでいるようですが、おそらくダメみたいです。いずれにしても、そうなれば財政の破綻が表面化します。そのとき、私が州をあなたに売却します。それでいいっすね。」
ということで、ロス氏はカリフォルニアを買収し、イスラエルをそこへ作ることに決定した。

首相官邸に宮中から電話が入ったのはカリフォルニア破綻直前の事だった。
「麻生ちゃん、100兆円用立ててくれ。こっちは預金はあるんだが、あいにく現金が出せないんだよ。スイス銀行の奴等、おかしいんだよね・・・。」
「あのー、それってなんなのですか?」、「ああ、説明はいらんだろ、時間がないんだよ。たのむよ。」
「あ、はい、承知いたしました。」

と言う事で、財務金融大臣が官邸に呼ばれたのである。
「○○ちゃん、元気?」、「ふにゅー、むにゅむにゅ、なんですか?」
「相変わらずだね、飲みすぎちゃう?ところで、例の会計から100兆円出してくれんか?」、「えー?、100兆ですか?ちょっと待ってくださいよ。なにをするんですか?」
「いいから、黙って出しなさい。」、「いくら首相でも黙って出せませんよ。」
「どうしてもか!」、「怒らないでくださいよ。さっきロスちゃんから電話があって、よくわからないけど、とにかくロックに金を出すんじゃないぞと脅されまして・・・・。」、「なに言ってんだ、おまえ、日本人だろ?皇室のやんごとなきお方からの命令なんだぞ、何考えてるんだよ。」
「そんなこと言ったって、私だってロスちゃんの雇われの身なんですから、出来ない物は出来ないですって。」と怒って出て行ってしまった。

麻生ちゃんは顔面蒼白だった。しかし、やらねばならぬのだ。
しかたがないので、とりあえず陰謀を使って財務大臣を更迭し、麻生氏は新しい財務大臣をすえた。
「おい、大臣。」、「ええ、麻生ちゃん、なんすか?」
「例の会計と言うのを知ってるか?」、「え?知りませんよ。」、「そりゃあ話ははやい。すぐに財務大臣室の金庫にあるディズニー債という債券を日銀へもって行き、100兆円をチリにある皇室口座へ振り込むように。」
「そりゃあいいですが、なんですかそれ?」、「どうせお前はすぐ首になるんだから聞いてもしょうがないだろ。」
「アー、そうなんですか。首相はどうなるんですか?」
「おまえ、子供みたいなこと言ってるな。政権交代なんだよ。もう俺も首よ。」
「で、その百兆円の穴はどうするんですか?」
「いいって、どうせ紙切れなんだから、いざとなれば松代の地下金庫には皇室の金塊がたんまりあるから、何の心配もいらんよ。」
「そうなんですか。日本って金持ちなんですか?」、「ばかだな、日本国には現金はないが、金塊ならいくらでもあるんだ。金価格が暴騰すると日本は世界一の金長者よ・・・・。」

その連絡を受けた宮中はロックに送金した。
侍従長は陛下に報告した。
「陛下、びびりましたよ。セブンイレブンで送金しようと思ったんですけどね、ATMには100兆円と言う額が入りませんよ。」
「おー、そうだったな。チリとNYは電話一本で送金できるよ。いつも私はそうしていたからな・・・・」
「まったく、先にいってくださいよ・・・。」

そのおかげでカリフォルニアは破綻を免れ、ロック氏はなんとか窮地を逃れ、めでたしめでたし。
しかし、収まらないのはロスちゃんだった。「麻生はなにをしてくれた。どうするんだカリフォルニアは・・・」と騒ぎ出した。「鳩山に電話しろ!」ロスは鳩山に告げた。「いいか、選挙に勝ちたかったら北海道を渡せ、いいな。」、どうしても政権交代をしなければならない鳩山は、「はい、おっしゃるとおりにします。」と答えた。

「陛下、政権交代させるとロス氏が宣伝してますが。」
侍従長は青ざめながら宮中で陛下に報告した。
「うん、どちらにしても自民党はやめてもらうことになってるよ。たまにはいいじゃん。自民党の政治を一度終わらせることはもう決めてあるんだ。あいつらは皇室の継承問題に口を挟みやがるでのう。とにかく、まちゃ子をいじめるんだよね、かわいそうじゃん。一回ぐらい鳩山ちゃんにやらせてもいいじゃろ。ほっときたまえ。そういえば、鳩山ちゃんは北海道にユダヤの国を作りたいって言いだしたらしいが・・・」
「はい、最近、確かにそのようなことを言ってましたが・・・。」
「そういえば、私のお種に少しだけユダヤの血が混ざっているって噂があるが、どうなの?」
「あのー、ちょっとだけですよ・・・、話すと長いんですけど、やはりアッチラ帝王のお種が日本とドイツとオランダに配られてますので、意外や日本の皇室にはそのお種度がございます。」
「そういえば、英国の女王は親戚だと言ってたな・・・」、「はい、その通りで、でも、比較しますと陛下のほうが少々上かと・・・・。で、ロスはそのお種を保存するお庭番でごじゃりまして、彼のご主人様の別荘地を探してるんですわ。」
「ちゅーことは、そのご主人様と私は親戚同士というわけか?」
「まあ、微妙なところもございますが、ほぼそういうことになるかと・・・・。」
「あっそう、親戚なんだ、だったら北海道ぐらい差し上げても構わんね。鳩山ちゃんにそう伝えておいて。」
「はい、承知しました。ところでその国の国王は誰にするんですか?」
「おいおい、国王なんていうと憲法を変えなきゃならないじゃないか。私は憲法九条を守る会に入ってるんだぞ、憲法を変えなきゃならないのは駄目だ。北海道は北海道で、そのままじゃ。うまくやればいい。」
「あっ、そうでしたか。陛下は憲法擁護派なんですか。はい、それでは外面的には今のままで、実質をユダヤの別荘地と言う事ですね。」
「うん、だから実質の支配はロシアにいる鳩山の息子にうちのアッコを嫁がせればいい。」
「なるほどね・・・・・」

この後どうなったかは、いつの日か「未来篇」で語ることにしよう。

この小説は起こった出来事を適当につなぎ合わせて作った創作であり、現実の問題とはいささかも関わりがない事をご承知ください。
[PR]
by sibanokuni | 2009-10-19 17:05 | 小  説
<< 貧困? 小説「ロックの落日」の(1) >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧