シバちゃんのため息

神さま仏様はどっちがえらいの?

政権が変わったから世の中も景気もよくなる?なんて期待してるけど、どうもそれは違っているかもしれない。というのは、私の推測では、日本の支配者様でありゃしゃいますところの、いと賢きお方様が政権を鳩山君にお渡しになったと、とりあえず断定したが、あくまで日本の支配者がその方だけだという前提である。
そして、その政策は小泉以下自民党の政策の裏返し、つまり元に戻すのである。不景気を作り上げた政策の裏返しを実施するのだから、本来なら当然、景気は劇的に良くなるのではないか。と考えるのだが、ところがそうならない可能性もあるのだ。

奇兵隊さんがいつもおっしゃるように、日銀がまだがんばっている。まるで政府の景気対策をあざ笑うが如く、彼らからすれば円高にも円安にも、株だろうが債券だろうが自由自在に操れるのである。彼らが「景気対策などなにをやっても無駄だよ。我々が全部つぶしてやる。」と言っているように思える。
もうひとつ、検察だ。飯山さんも指摘していたように、警視庁特捜部というのは治外法権なのだろうか。鳩山氏や小沢氏を狙った国策捜査である。でも、ここでいう国策って誰なの?別の政府があるの?

どうも、闇の政府と言えばいかにもありそうな感じなのだが、法律で規定されている政権の枠内においては確かに政権交代したはずである。ところが法律の枠外に、政権交代出来ない部分があるようである。

彼らが二酸化炭素削減を主張し、インフルエンザワクチンを推進し、検察を動かし、マスコミを誘導し、日銀を支配している。それは誰なのだ?
それをイルミナティーの陰謀とするならそれでも良い。そうロス茶である。しかし私はあくまでこれは国内問題だと思っている。つまり、天皇と対等、もしくはそれ以上の勢力が日本にいるに違いない。としたら、それは現人神よりもえらいのだから仏様しかないではないか。
以前から私は寺院勢力を怪しんできた。しかし、それはまったく表に出てこない。

奈良時代、天皇は南都仏教に支配されていた、そして大きな政変があったのだろう、天皇は平安遷都を挙行し京都へ移った、がそこは延暦寺の支配下にあった。桓武天皇の子供に平城天皇と言う方がいる。なんと、平城京へ戻ろうとしたのだ。だから平城天皇という。しかしそれは失敗し京都に都が固定された。

ちょっと前、私が平城遷都と書いたところ、「いや、平城還都だ」とご指摘を受けた。ここをなんと読み解くのか?本来戻るべき場所は平安じゃないのか?

正統派右翼の皆さんは、実は平城が正しい本来の都だとおっしゃるのだ。この意味を考えてみるべきだ。
日本歴史を学ぶ皆様にぜひ知って欲しいのは、聖武天皇と桓武天皇では支配構造がまるで違うと言う事である。もちろん私は説明できるほど知らないから書けないが、おそらくその闇の秘密がそこにあると思うのです。「まさか?」の坂は日本中にあるのですぞ。

その奈良の都に今から行ってきます、それが目的ではないです・・・・三輪そうめんが食べたいから。
[PR]
by sibanokuni | 2009-10-27 04:10 | マヨちゃんの陰謀論
<< 桐の紋章 春日局は無位無冠なの? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧