シバちゃんのため息

桐の紋章

先日の小説、「ロックの落日」はおかげさまで大好評、いろいろなサイトに貼り付けていただき、ありがとうございます。また、次回をお楽しみに・・・、ただ、今回のようにホンの思いつきではなく、最低でも5回ぐらいは連載できるよう基本構想を練ってチャレンジしようかと思っています。題材?まったく決まってませんね・・・。

さて、奈良へのバスツアーへ同行(添乗?)したため、帰宅したのが8時、寝るのは9時なので、昨日はまったくブログネタを仕入れる時間がなかった。一日中、後期高齢者のみな様の話し相手を務めていたため、頭の中も養老院になってしまいました。
奈良ホテルという100周年を迎えた老舗の高級ホテルで昼食を取り、猿沢の池周辺を散策し、最後に三輪神社へ参拝した。あいにく肝心の三輪での参拝が20分程度だったので本当にお参りするの精一杯、なかなか行く機会がないだけに少々心残りであった。

大神神社の社務所には大きく金の16花弁が貼り付けてあり、宮内庁が管理していることを表している・・・・ちょっと待って? 宮内庁の管理?ひょっとして神紋と言うのは管轄を表すのか?
私の考えでは三輪神社と皇室には直接の関わりがあるとは思えない。大物主と神武を結びつけるものはないのでは・・・・。と言う事は、神紋の意味は神社の表の代表ではなく、裏の代表者の紋章なのでは?

先日WIKIで行政機関を調べていたとき、なぜか五七の桐マークがついている。
豊臣秀吉のマークでもあり、他にもあったよな・・・・・。

昨日、裏の支配者と言う話をしたが、内閣は民主党が支配したはずだが、内閣府のすべてを支配したわけではなく、頑強な官僚体制が敷かれている。頭がいくら交代したからといって官僚の支配者が替わらない限り政治は変わらないのだ。

そうなのだ、日本の場合、桐マークが問題なのだ。
[PR]
by sibanokuni | 2009-10-28 06:20 | シバちゃんのため息
<< 下らないおはなしですが・・・ 神さま仏様はどっちがえらいの? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧