シバちゃんのため息

敵の敵は味方?

在位二十周年で記者会見に臨んだ天皇陛下は記者の質問に答えた。(すいません、こんな書き方をすると戦前なら大変にお叱りを受けるでしょうが、なれない敬語を使うととんでもない文章になるので、あくまで普通の書き方をします。お許しを・・・)

「問2 両陛下にお伺いします。両陛下はこの20年,常に国民と皇室の将来を案じてこられたと思いますが,皇室についてはこの先,皇族方の数が非常に少なくなり,皇位の安定的継承が難しくなる可能性があるのが現状です。昨年末の天皇陛下のご不例の際,羽毛田信吾宮内庁長官はご心痛の原因の一つとして「私的な所見と断った上で「皇統を始めとする諸々の問題」と発言し,皇室の将来を憂慮される天皇陛下の一面を明らかにしました。両陛下は皇室の現状,将来をどのようにお考えでしょうか。皇太子ご夫妻,秋篠宮ご夫妻を始めとする次世代の方々に期待することも交えながらお聞かせください。
天皇陛下
皇位の継承という点で,皇室の現状については,質問のとおりだと思います。皇位継承の制度にかかわることについては,国会の論議にゆだねるべきであると思いますが,将来の皇室の在り方については,皇太子とそれを支える秋篠宮の考えが尊重されることが重要と思います。二人は長年私と共に過ごしており,私を支えてくれました。天皇の在り方についても十分考えを深めてきていることと期待しています。」

この文章をじっくり味わうと宮内庁長官の「私的な所見」の意味するところと大いに違うとは思わないだろうか。国会の論議というのはあくまで憲法上の建前であり、憲法に皇太子の考えを尊重するなどという文章はない。つまり、本音はこちらであり、国会で論議するなと天皇陛下は述べているのである。
宮内庁長官は私感と断って暗に世論を操作しようしているのである。

この長官をwikiで調べると、「宮内庁長官就任時の任命権者である内閣総理大臣小泉純一郎と同じく、女性天皇・女系天皇を容認する皇室典範に関する有識者会議の結論を支持している。寛仁親王が男系維持を希望する発言をした際には、発言を自粛するよう要請した。悠仁親王が誕生した直後に、皇位継承の安定は図れないとして、女性天皇・女系天皇の容認に含みを残した。」

つまり、陛下が男系の継続を望んでいるのは明らかであり、皇室のすべてのごたごたは、まさに皇室と宮内庁長官との内輪もめにあったのである。

私が雅子さんに関する情報を信じないのは「堀の中の事は真実なのかが確認できない」からであり、雅子さんが本当にサボっているのか私にはわからないからである。
例えば、小泉劇場でも田中真紀子に対するバッシング、さらに鈴木宗男に対する外務省の大嘘など、報道が意図的にとんでもない情報を流していたではないか。マスコミの報道は決して信用してはいけない。肝に銘ずるるべきである。

ところで、私は男系か女系のどちらを?どっちだって?そんなこと知りませんよ、人のうちのことなんて・・・。ただし、どこのうちでも後継者は主(あるじ)が決めるに決まってる。国会で決まったからって、「俺はいやだ」が言えないのは少々お気の毒ですな。しかし、現憲法下で仮に国会が女系容認と決まれば天皇もそれに従わざるを得ないのではないか?とするなら、当然でしょう、小泉が引退したのは・・・。

私が絶えず主張している、「天皇は今でも日本の支配者である」という証明は、このようなことでしか出来ないのである。しかし、いま一歩でそれを出来なかった勢力もなかなかの力を持っている。

基本的に反天皇であった私は変節したつもりはない。その反天皇の勢力が天皇側よりもうひとついやなだけである。敵の敵は味方というところかな。
[PR]
by sibanokuni | 2009-11-15 04:53 | マヨちゃんの陰謀論
<< 河村さん、かっこいい! 今日はお祭りでして >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧