シバちゃんのため息

プロのフリーターはがんばった

先日「ぼやき」のほうに、雇用調整助成金の話を書いた。その法律の詳しい中身を私は読んでいないからあまり正確には言えないのだけど、正社員をたくさん抱えている会社は、じゃんじゃん休ませることで、別に不景気でも困らない仕組みになっているようである。もちろん、助成金で利益が出るわけではないが、ネットで調べると手続き代行します、なんて広告が一杯あるから、結構多くの企業がもらっているに違いない。
石玉さんから「派遣には何の補助も・・・」というご意見があったけど、残念ながら石玉さんのように、家族でガソリンスタンドを経営し、他にアルバイトを使っている場合、補助金は何もないのではないかな。

いまは何も報じられていないけれど、いつまでもこんないいかげんな補助金を垂れ流しては財政が持つわけがない。おそらくどこかで不正受給が発覚し、国会で問題となるころに打ち切りになるのだろう。たぶん、そこらじゅうで不正告発の垂れ込みは一杯あるはずで、表面に出ないだけだろう。
趣旨はそれほど間違っていないかもしれないが、いずれにしても非正規労働者にとっては全く蚊帳の外なのである。もちろん、非正規を正規にする場合の補助金もあるが、それを利用する経営者は逆に補助金目当てなのだから、後は補助金がなくなる頃に首にしてしまうだろう。経営者というのはみんな狡賢いのだ。

さて、わがカフェは15周年である。一体いままでに何人の女の子がアルバイトしていただろう。思い出せば、大学生もいたし、高校生もいた。でも、主力はフリーターと呼ばれる若い女の子だった。みんなよく働き、よく騒ぎ、実に楽しかった。みんな、プロのフリーターとしてのプライドがあり、けなげに働く姿は感動物だった。
しかし、ここ五年ぐらい、募集してもほとんど応募がなくなり、人材不足に陥ったのだ。
それはフリーターがいなくなり、派遣社員ばかりになってしまったからだ。我々弱小カフェにとって、派遣会社の時給ではとても雇えない。それこそ鳩山さんの最低賃金、時給1000円はとても払えないのだ。
どこかが間違っている。働きたい人が働く人を募集している会社へ赴き、直接雇用条件を話し合い、そして契約する。これが基本であろう。必要な分だけ、必要な時に雇い、不用になったらさいなら?そんな人を道具の様に扱うやり方は間違っている。
私は古いタイプの人間なので、そのようなやり方は心が痛み、出来ないのである。
いずれにしても、わがカフェも雇用調整助成金をもらうようがんばるぞ・・・・・?
[PR]
by sibanokuni | 2009-11-29 06:20 | シバちゃんのため息
<< 最強の投資は・・・たんす預金? 溥儀も自分の国が欲しかった? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧