シバちゃんのため息

AKさんのコメントに・・・

AKさんからコメントをいただいている。
「民主党支持に対して感情的なものを感じていますが、それが合理的とは思わないです。
  mayumiさんのところにも書きましたが、自民党と比較して政治を語ることは愚であると思っています。政治は相対的なものではなく、絶対的なものだと私は信じているからです。5年後、10年後、15年後に民主党が政権を担当したとします。そのときも、民主党が選ばれる理由として、「過去の自民党よりかは良いから民主党を選んだ」と言うことはおかしいし、時代錯誤となると思っています。
 民主党が良いのか悪いのか、それは極論すれば国民と民主党が目指す日本の将来像に対する合意に対する成果の有り無しで評価されるべきで、登場人物はあくまで「国民」と「民主党」なのであって、その他の政党は登場しない、それが政治だと思います。私は全面否定をしているわけではありません。
 逆に、相対的な比較によって民主党はまだましなのだ、という世論の醸成に対しては意図のある誘導・マインドコントロールを感じます。」

冷静な判断だと思います。ただし、私も、そして多くの有権者は自民党に嫌気がさして民主党を選んだのです。言うまでもなく、相対的に判断したのであり、絶対的な判断で選ぶわけではないのです。合理的とかではなく、選挙制度の問題ではないですか。いうまでもなく、絶対評価では選べないのです。
民主党70%、社民・共産が75%、自民党35%が私との政策一致度です。いわば、30%の部分、民主党とは考えがあわない事になります。それでも先日の選挙では民主党に投票しました。新党日本の候補者がいないし、自民党を倒さねばならなかったからです。すなわち、30%の政策不一致は仕方がありません。

>民主党が良いのか悪いのか、それは極論すれば国民と民主党が目指す日本の将来像に対する合意に対する成果の有り無しで評価されるべきで、・・・
それはそうです。しかし時間はそれなりに必要です。だから今は見守ってあげようと考えています。

>「自民党はまだまし」というマインドコントロール
そうですね、年金未納問題、消えた年金問題、さらには郵政の簡保の宿の格安売却などなど、不思議に自民党を不利にする問題が発覚し、有権者が自民党を見放す一因になっています。何者かによる意図的な情報リークが認められます。そういう意味で、今回の政権交代が入念に仕組まれた陰謀であったと言う可能性は否定できません。むしろ私はそうだったと思います。つまり、以前から主張してきたように、「お上」の意向が働いたと・・・・。

小泉が首相を退陣し、即、引退に追い込まれたように、「お上」は非常に自民党を嫌悪し、それ以降は自民党にまともな政治をさせなかったともいえます。
私が偶然などそうあるものではないというのはそのようなことで、自民党は見放され、民主党が選ばれたのです。国民に?じゃなくて「お上」にですよ。

感情的・・云々ですが、工作員による善悪二元論的な挑発に少々乗せられているところはあるかもですね、私の立場は常に、「もう少し見守りましょう。」であり、決して善だと決め付けているわけではありません。100%善はありえないので、何%の悪が存在するのかを見極めるには時間が必要です。
[PR]
by sibanokuni | 2009-12-06 09:41 | シバちゃんのため息
<< 孝明天皇とお種理論 民主党への雑感・・・・ >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧