シバちゃんのため息

籠から出すと・・・・

非公開でコメントをいただいています。非公開でコメントされている以上、全文を公開するわけにはいきませんが、内容の重要性から、かいつまんで報告させていただきます。

「羽毛田長官は、天皇陛下、皇后陛下からのご信頼が大変お厚いのです。だから、宮内庁長官になったんです。・・・・・実は、羽毛田長官は、陛下の御懸念を、官僚人生も捨ててお話になったんです。いろいろ悪いことを言う人がいますが、羽毛田さんは男ですよ。小沢はそれをわかってないんでしょうね。小沢を応援している亀井も、陛下のお気持ちなどわからないのでしょう」・・・・・と、こんな内容ですね。

このコメントの主は匿名です。民主党のネガティブキャンペーンの一種とみることも出来ますが、大変に説得力のある文体で、一応検討項目とさせていただき、もう少し考えて見ます。

まず今回の事件!を今週号の新潮、文春でみると(見出しだけですが・・・)反民主キャンペーンは恐ろしいほどである。なぜこれほどの騒ぎになっているのか・・・・。
つまるところ、「籠の中の鳥」を民主党の幹事長が勝手に動かしたという事に尽きる。いうまでもないが、世界が、そして日本の権力者揃って認めるのは、天皇の権威はものすごいという事である。
今回はからずも露見したのは、「日本の国家元首は天皇で、日本の最高実力者である」という事実である。これこそ私が前から主張してきたことで、自民党は何とかそれを覆いかぶせ、国民に知らせまいとしてきたのである。

自民党は日本国憲法の精神にのっかり、「触らぬ神に・・・」というやり方でその権威を封印してきたのである。逆に言えばもったいないことをした考える事ができる。まあ、戦後の雰囲気からしてそれが正しかったのかもしれない。ただ、皇室典範まで触ろうとしたのはちょっとまずかったな。

もうひとつの問題は、今回の宮内庁長官の判断が果たして陛下の意向を尊重したものか、あるいは、個人の判断だったか、もしくは別のルートからの反対であったのかなのである。憲法上、天皇には「俺は会いたくないぞ」という判断は許されないだろう。つまり、天皇には判断する権限は与えられていないのである。つまり、長官がお断りしたのは天皇の気持ちを伝えたものといえないこともない。仮にそうであるなら、陛下が嫌がっているのに無理やり会見させた小沢は不忠者ではないかということになる。

さあ、私の考えは小沢・鳩山は陛下の意向を受け、陛下の平和外交に協力する役割を担ったとしている。
というのも、首相は毎週のように陛下に内政を報告しているはずで、陛下の意向というものを承知しているはずなのである。たとえ国民から選ばれ、代表になったとしてもやはり日本の最高権力者が天皇であることは動かせない事実なのである。陛下が会見を望んでいないとしたら、小沢さんが中国に請合うことは出来なかったと思うのだ。もちろん、憲法を超えた話であることはいうまでもないが。

問題を戻すと、日本にいる「籠の鳥」は私のお種理論からすれば世界最高ランクなのである。したがって、良い活動は世界の平和に貢献する。しかし、間違って使われると大変なことになる。つまり、非常に取り扱いが難しいと知らなければならないのである。パンドラの箱は開けないほうが・・・・ということかな。

それにしても現在の反民主キャンペーンはすごい。普通の市民はそれらの情報をシャワーのごとく受け止め、反民主へ洗脳され、参議院選まで行くのだろうか。このキャンペーンの裏には自民党がいるのだろうか?いやいや、それほどやる気があるならもう少し前からがんばれば、あれほどの惨敗をするはずがない。
やはり、日本にはアジア共同体を絶対に許せないもうひとつの政府があると考えたほうがいいだろう。
今回の政変で、いよいよそれらの存在があらわになってきているのだ。表の政治には出てこなかった怪物の姿がまもなく見えてくるだろう。
ネットの社会でもいろいろな神さまが動き出している。皆さん、慎重に見極めてください。
[PR]
by sibanokuni | 2009-12-17 08:50 | シバちゃんのため息
<< 売国講演?ですか・・・ 小説「平成の陰謀」第二回 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧