シバちゃんのため息

亀井さんは間違えた。

亀井さんがが恐れ多くも天皇陛下に「京都か広島に遷都せんと?」と聞いたとか聞かなかったとか・・・・。よもや、政治利用などとは言われまいが、なにぶんこのご時世である。冗談で通じない人が多いのだから、冷や汗をかくのは我々亀井ファンである。

さて、この亀井発言で記事を書けとの要望だから書きましょう。
まず、何もないところで亀井さんがそのような発言をすることはありえない。つまり、これは亀井さんと懇意である月刊日本の天童さん、山浦さんの仕組んだ策謀であります。いわば国民に遷都という言葉をまず認知してもらい、国民的に「どうして天皇陛下が徳川の根城である江戸城にいなければならないのか?」を考えていただこうという、まことに策士・山浦氏の面目躍如というところである。・・・・・なんていいかげんな事を言ってるとサムライさんから怒られそうだな。
今の話はみんなでたらめでーす。根拠なしです。
でも、亀井さんが思いつきで言うわけがないでしょう。つまり、陛下から聞いてくれと頼まれたのである。遷都、いや還都を陛下が望んでいるからこそ今回の事が起きたのである。これたぶんホント。

言うまでもなく唯物論者の私には霊的な事情はわからない。どうして東京はダメで、京都、あるいは平城、さらには吉野なのか。これを唯物論的に解いてみよう。

解くまでもないのである。つまり、現在の皇居はもともと人のものだからである。法律的には江戸城は国家、皇室のものだとは思う。しかし、法と現実は違う。あくまで江戸城は徳川の支配下にある。これは法律を越えた世界の掟である。これは以前、平安時代に確立した荘園制度が未だに利権として残っていると話した事があるが、これは何らかの形で今でも有効なのである。

つまり天皇は、東京にいる限り、どこまでいっても徳川の枠から逃れられないのである。言うまでもなく今の宮内庁は徳川幕府そのものである。見たであろう、宮内庁長官を。彼は自分を大老だと思っているのである。
その点、平城京と吉野は太古から天皇家の所有物であり、なんの遠慮もなく本来の政が行える。
それでは京都はどうなのよ?これは秦氏の所有物であり、ここは賀茂氏の管理下である。やや居心地がわるいのではないかな。

平城天皇という桓武天皇の息子は平安から平城へ還都しようとして果たせなかった。それが薬子の乱だが、やはりそこには部族間の争いがあるのである。当然今でもそれらの綱引きがあるのだろう。
平城から長岡京そして平安への遷都については明らかにされていない謎がある。それが解明されていない以上、残念ながら今回の遷都の意味がわからないだろう。

吉野とは魏野の意味で、北魏の都である。そしてその奥にある熊野はコマで高句麗を表わしている。つまり、匈奴=京都の都より、鮮卑の都のほうが居心地がいいのではないか?これはマヨ理論だが、いかに?
まあ、これは冗談としても、やはり、場の理論というのがあるようで、閉じ込められた神様は自分にふさわしい場所へ戻りたいのだろう。

もう一度言います。亀井さんの発言は冗談ではなく、陛下の希望を亀井さんが代弁したのである。もっとも、広島はダミーで陛下はこっそりと亀井氏に、「おい、吉野という約束だろう。間違えるなよ。」と言ったのであった。しまった!小説にするべきだった。
[PR]
by sibanokuni | 2009-12-29 06:01 | マヨちゃんの古代史
<< 来年は良い年になるよ 東西から動き出す神様 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧