シバちゃんのため息

酒呑童子伝説?

ネタ切れで悩んだ時はサムライさんからのレポートを引っ張り出すに限る。そうそう、大江山に伝わる鬼伝説、酒呑童子にしよう。「大江山に棲み人里や都に出ては凶暴な悪さをする恐ろしい鬼で、悪逆非道の限りを尽くしたあげくに、源頼光や坂田金時(金太郎)などに退治される。・・・・だが、それは為政者側の都合で捏造された虚像であるという。
酒呑童子を討つ源頼光との酒宴の席で、「比叡山を先祖代々の所領としていたが、伝教大師に追い出され大江山にやってきた」と、丹波の山奥に逃れた経緯を語っている。
仏教勢力との抗争に敗れたため、彼らの支配が及んでいなかった大江山に落ち延びたことが判る。」と書いてある。

この話は基本的にマヨ理論と合致する。即ち、桓武天皇が平安京へ遷都したのは怨霊から逃げたのではなく、権力構造が変わったのである。藤原京が平城へ移るときは南都仏経が誘致したのであろう。そして色々な事があった結果京都へ移るのだが、新しくやってきた匈奴系の仏経勢力は都の東を固めるため、叡山を占領し近江を京都と切り離したのである。
それ以来、信長が叡山を焼き討ちするまで、日本を支配したのは比叡山延暦寺だった。明治維新直前、廃仏稀釈がはじまり、日吉神社を支配していた叡山の神宮寺は完全に焼き討ちされた。おそらくは平安以来のカタキを取ったのだろう。

比叡山は若狭から大津を経て京へ入る重要な街道である、叡山はその街道にいくつも関所を設け、通行料をたっぷりとせしめたのであろう。
この大津には現在大津神宮が建立され、天智天皇が祀られているが、これはうそである。おそらくは三井寺(園城寺)に関わる王権が存在したはずだ。私が考えるのは佐々木源氏である。彼等は藤原の北家になったと考えているから、彼等は滅びていない。つまり、逃げたのは別の部族と考えたほうがいい。
つまり、平城京には参加していたが、平安京に遷都されるころに失脚した部族を探してみよう。具体的に言うなら藤原仲麻呂あたりがふさわしい。彼は安氏、すなわち聖武天皇の皇后光明子の甥にあたり、彼女の信任が厚かったのである。唐で勃発した安禄山の乱と同調し、日本から仏教勢力を追放しようとしたのだ。

仲麻呂は藤原南家であり、南家は次第に衰退し、歴史の表舞台からは消えてゆくが、大江山に逃亡したとするならそこへ行く確かな理由があったと考えるべきだ。
大江山は亀岡から綾部、そして宮津へ向かう通過点である。即ち、丹後から京都への侵入路である。古代安氏はここに拠点があったのだろうか、それはわからない。ただし、逃げてくる鬼達を匿う勢力がそこにいたのである。いわゆる丹後王朝があったのだろう。

熊野を拠点とする九鬼家は江戸時代に綾部に転封されている。そして、そこに伝わる九鬼文書によって出口ナオが大本教を立ち上げることになるのだ。
今まで藤原北家ばかりを注目してきたが、歴史からほとんど姿を消した南家こそ、閉じ込められた神にふさわしい気もしないではない。憶測ばかりで申し訳ないが、徐々に丹後、丹波、但馬あたりに迫っていこうと思っている。今日述べたのはひとつの仮説ですので、調べるうちに変わっていく可能性は高いです。
いよいよ日本史の最大の難所、丹後地方に向かう事になる。
[PR]
by sibanokuni | 2010-01-08 06:09 | マヨちゃんの古代史
<< 丹波考① キリシタン大名考察 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧