シバちゃんのため息

名護市長選告示

さあ、今後の政治を占う重大問題、普天間基地の移転問題を決定することになるだろう審判、名護市市長選が告示された。

以下、毎日ニュースから・・・・「米軍普天間(ふてんま)飛行場(沖縄県宜野湾=ぎのわん=市)移設に大きく影響する沖縄県名護市長選が17日、告示された。自公政権が米政府と合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市辺野古=へのこ)への移設に反対し、県外移設を訴え、民主党などが推薦する前市教育長、稲嶺進氏(64)と、辺野古移設を条件付きで容認した現職の島袋吉和氏(63)の無所属2人が立候補した。」

米軍と日本はすでにグアム移転で解決済みであるが、鳩山政権としては色々なネガキャンを嫌い、あくまで移転先住民の意思を尊重するというのを大儀名分にするつもりである。やるまでもないという気もするが、選挙は水物だし、意外や地元では基地の誘致を歓迎する人たちもあるかもしれないから、結果を見てからという慎重な鳩山氏のやりかたはなかなかずるがしこい。
もうすでに論議はされ尽くしている。24日の投票ですべてが決まる。もうこれで恨みっこなしだ。

日本全体の安全保障の問題を、一地域の住民感情で左右していいのか?という話もあるが、沖縄の住民のばかりに負担を強いて・・・、どうなのだ?本当なら米軍の駐留に賛成する人たちの住むところにヘリコプターの基地を作るべきだろう。本土の人間はあまりにも醜いではないか。

小沢さんがアメリカの第七艦隊だけで十分だといったのは本当の事なのである。冗談だったらあれほど自民党が驚くはずがない。

さあ、今回の国会もさることながら、24日の名護市選挙で日本が大きく変わるという事をみんな知る事になるだろう。
もともと日本にアメリカ軍がいなくても問題なかったとしたら、自民党の人たち、そして日本会議の人たちはどのような説明をしてくれるだろうか。
[PR]
by sibanokuni | 2010-01-18 05:59 | シバちゃんのため息
<< マヨ理論にひとつ追加。 禅宗はいつから発展したか? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧