シバちゃんのため息

加治木さんという選択③

またか?と言わないで下さいね。まだ加治木氏の主張のほんの一部しか説明していません。いくつかの点でまったく合わないところと、疑問のあるところはたくさんあれど、うーん、とうなるような素晴らしい事の方が多いのです。

基本的な大化の改新や白村江に対する考え方は私とほとんど変わらない。私は神武の東征が壬申の乱のことと考えてみたが、加治木説では白村江の戦いであったとする。おそらく東征の前半部分、神武が苦戦する部分までがそれに当たるのだろう。そして大阪から逃げたのが孝徳天皇とするのはまことに驚くべき解釈であり、これこそ日本の歴史の根底にある重大な秘密である。(ナガスネヒコが孝徳のことだった)

大化の改新とは私の解釈では淵(泉)蓋蘇文に攻め込まれた韓半島の南部にいた倭国の金春秋が、九州の伽耶国の都、大宰府を占領したことだと考えた。しかし、加治木さんは鹿児島にあった日本国が神武の東征を始め、大宰府の倭国の都を襲い、そこの大王、斉明天皇を殺したとしている。たしかに鹿児島を日本とするのは卓見で、思わずうなるほど素晴らしい発想である。

つまり、ニニギの命とその妻、木花佐久夜姫が天智天皇夫妻だったのだという。そうしてみると、薩摩という地域は「日本じゃない」と言われてきたが、そうではなく「日本」そのものだったわけである。なるほど、薩摩は古代から現在に至るまで独立国家なのだ。
九州に倭国の都があったという話は私は違うと思うが、それは単に名前だけの問題で、そこを占領した天智天皇が東征したことはまったくそのとおりなのである。
問題は大阪が百済だったと述べている事だが、そこはあまり深く考えず、天智は大阪へ攻め込み、白村江の戦いが行われそこを亡ぼした。そして、そのまま淀川をさかのぼり大津まで進出し、近江朝を置いたのだろう。

この先、天武天皇が天智朝をひっくり返す時代まではこの本に説明されていない。が、この白村江に協力したのが唐ということになっている。マヨ理論ではこの唐は淵の支配した高句麗の唐だから、天武=淵は熊野から吉野に入り、最終的に近江朝を亡ぼす事になる。つまり、神武東征の後半部分が淵の行動で、天武はそこで神武と重なる。そして壬申の乱の本体部分は現実にあったことになる。日本書紀は何度も書き換えられているから、神武は何人もの合成人間なのである。

細かい部分は後日少しずつ考えるとし、大阪が嫌いなマヨちゃんはかねてから大阪は日本じゃないと主張してきた。百済だったかは別にして、やはりここにも独立した王朝があったのだ。

驚くべきことがある。神武東征に協力した中臣鎌足は大阪にあった百済・高句麗・倭国の連邦国の皇帝で、神話で言うニギハヤヒであるとし、ナガスネヒコが孝徳天皇を裏切ったとかいてある。実に面白い。

加治木さんのこの本のおかげで私は数日間頭の中がミックスジュース状態だった。しかし、得がたい情報をたっぷり教えていただき、新しい発想ができそうである。
世の中にはすごい人がいるものだ。っていうか、飛鳥氏と同じで、加治木さんも昔から真実を知る組織から情報をもらい、それを若干トンデモ風にアレンジすることで仕事にしていると考える。つまり、真実を知る組織はいくつも存在し、今でも日本の中で戦っているのであろう。
栗原氏が述べるような皇紀2660年という考えと、加治木さんが主張する論とはまったく水と油である。つまり、歴史の見方が違うのであろう。現在も万世一系でアッシリアから「お種」が絶えることはないというのはまったく違う歴史が存在していると言う事である。国の歴史とは違う「お種」の歴史があるのだろう。
[PR]
by sibanokuni | 2010-01-24 09:18 | マヨちゃんの古代史
<< 「お種」はこうして保存された。 加治木さんという選択の② >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧