シバちゃんのため息

アッシリアから日本へ

ちょっと世界史のお勉強をしましょう。言っておきますが、世界史は小学生レベルですから笑わないでくださいね、特に古代オリエントの歴史は頭痛くなるもんね・・・・。教科書としてこちらを使いました。

注)少し追加をしています。

とりあえずアッシリアからです。前8世紀から前7世紀、メソポタミアからエジプトまでのオリエント全域をアッシリア帝国が統一した。場所はもろにイラク周辺です。(写真もそこから借用)
b0166522_5592765.gif

 この帝国を建設したアッシリア人はセム語系で、前20世紀以前からティグリス川上流のアッシュールという都市を中心に交易活動等をしていた。古バビロニア王国やミタンニに服属していたが、前14世紀に、一時独立を回復。
そして、前9世紀ごろから急に勢力を伸ばす、それは鉄器時代になったからで、アッシリアは騎兵隊を導入し、弓を使った。これが圧倒的に強かったのである。

アッシリアは全国を属州、属国として、多くの民族を支配したが、その支配の仕方が酷くい。抵抗した都市の住民の生皮を剥いで城壁に貼りつけたり、串刺しにしたり、とにかく力で押さえつけるものだった。その代表が「強制移住政策」というものだった。
しかしあまりの強引さに周りから反撃を受け、北方のスキタイ人の攻撃と、支配下のカルデア人、メディア人等の反乱で首都ニネヴェは前612年に陥落し、前609年、アッシリア帝国は滅亡した。
皇紀元年は紀元前660年だから、アッシリアが滅びる50年ほど前に天皇家はうまく脱出したということか?

アッシリアが滅亡したあと、この近辺に四カ国が誕生した。リディア王国、メディア王国、エジプト、新バビロニアである。

さてこの新バビロニア王国の王様があの有名なバビロン捕囚をする。ブカドネザル2世という。そしてリディア王国は昔ヒッタイトがあった地域で建国した。場所的に言うなら今のトルコあたり、最古の製鉄部族ですな。
メディア王国は現在のイランとイラク北方に当たるかな?

この四国を再び統一するのがアケメネス朝ペルシャで、インダス川に到る大帝国を作る。ペルシャ人というのはメディア王国に服属していたがBC550年ごろその四国を征服し、統一した。
注目すべき問題はこの王国の宗教で、ゾロアスター教なのである。さらに、首都の名前がスサという。うーん、なんかぞくぞくしてこない。

鹿島氏によれば、中国の秦はペルシャ人が建国したのだという。その根拠は大変だからここでは述べない。
まあ、今日のお勉強はこのへんまでにしておきましょう。
ひょっとして栗原さんの言いたいのは、秦へお種が移ったってこと?
その考えも成り立つけれど、むしろスキタイ族がアッシリアを亡ぼし四つの国を作ったと解釈するのも一つの考え方かも。つまり、ひとつの神がアッシリアに降臨し、4つの神さまをお作りになった?

とりあえず、秦の始皇帝はひとつの選択肢ではあるな・・・。

WIKIで「秦」を見ると、「秦(しん、ピン音:Qín、紀元前778年 - 紀元前206年)は、中国の王朝。周代、春秋時代、戦国時代に渡って存在し、紀元前221年に中国を統一したが、紀元前206年に滅亡した。統一から滅亡までの期間(紀元前221年 - 紀元前206年)を秦代と呼ぶ。国姓は嬴(えい)。統一時の首都は咸陽。」とあり、なんと、姓はこないだ出てきた天武の名前の中にあった嬴があるじゃん。
やっぱり、天武はペルシャ人なのかな?加治木さんはラテン人だといっていたな・・・。

もちろん、私は天武をソグド人と言っていたが、ペルシャ人とは同じようなものだから別に文句はないけれど、この説で行くと、アッシリアから秦王国を建国し、亡びたあと中国に留まり、こっそりと生き残り、高句麗から日本へやってきたというごくまともな歴史になるな。あまり面白い展開ではないな・・・・・。いやですよ、私は除福伝説は信じていませんからね。ましてやそれではツランとまったく関連がなくなる。この線は却下したいな。

早い話、秦国はスキタイ的にいえば中央軍であり、右軍は海へ、左軍はカフカスへ向かうはずである。ツランは左軍である。調べて行きたいけど、わかるかな・・・・?
先ほど、サムライさんから、栗原さんはお種がアッシリアとは一言も言っていないですよ、とメールが入った。やっぱし!だから、スキタイなんだって。このスキタイこそ私の生涯のテーマなんだ。これがお種の元なのだ。

まあ、そんなに急ぐ話ではないから、次回はペルシャ帝国をお勉強しよう、なにせ世界史はよく知らないものだから、はずかしいな。皆さん一緒に勉強しましょう。
[PR]
by sibanokuni | 2010-02-02 06:09 | マヨちゃんの古代史
<< 新羅は九州にあったの? 金のユリ作戦を知ってます? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧