シバちゃんのため息

事業仕分けは売国政策?

さて、おなじみ月刊日本の4月号が昨日届きました。「民主党の暴走を食い止めるのは国民新党だ」と亀井さんは相変わらず元気が良いし頼もしい。確かに国民新党が連立政権の中で重要な役割を担っている。
民主党の安全弁として実に良い味を出してるのではないかな。

鈴木宗ちゃんが日米密約に関する記事を寄稿しているが、それよりも彼が竹島問題で質問趣旨書を政府に出し、それの回答も掲載されている。外務の専門家だけに現政府にも結構手厳しい。私個人としては竹島問題は「解決しない事で解決した」と思っているから、それほど事を荒立てる事はないと思うが、まあ、これは信条の問題で、北方領土命の宗ちゃんだからこそだろう。まあ、いいっか。

今月号で目に付いたのは例の有名な?植草さん連載の「小泉竹中改革の破綻と政治の新潮流」⑩だった。この中で、なぜ検察が小泉に逆らえなくなったかの理由に先日出所した三井環氏の「検察裏金告発」事件を取り上げている。まあ、この件はネットでも散々論じられているからそれほど目新しい話ではないが、それでも三井氏を国会に呼び検察を参考人として詰問すればいいのにと思うな・・・。
単に裏金問題を政治的にもみ消してもらっただけで小泉に頭が上がらなくなったとしたら、検察というのもスケールの小さなお役所なんだな・・・、それだけとは思えないが。

まあ、それよりも三宝会の話である。これは小沢を危険人物として、彼を封じ込めるため竹下元首相の指示で作られた秘密組織であると言う。最高顧問に竹下登、世話人に高橋利行読売世論調査部長、後藤謙次共同通信編集委員、芹川洋一日経政治部次長、佐田正樹朝日新聞電波メディア局局長付、湯浅正巳選択出版代表、福本邦雄(株)フジインターナショナルアート社長(いずれも当時)などが名を連ねたと言う。・・・・これらは平野貞夫氏の著書「わが友・小沢一郎」に書かれている話らしいが、現在小沢バッシングはまさにその秘密組織がいまだに継続して活動している事を示している。さすが、自分もそれらにはめられた植草さんだけに迫力のある記事になっている。ぜひご覧いただきたい。

さて、稲村さんの「気炎万丈」も毎月チェックしている記事である。今回は民主党の「事業仕分けが売国路線に過ぎない」と言うタイトルだ。ん?そういえば先日山崎行太郎氏もブログでそんな事を書いていたっけ。
実は私は自民党の「財源はどうするんだー?」に対する回答が事業仕分けであり、これを推し進める事で無駄な税金の使い道をただし、財源の確保と消費税論議を封ずる一石二鳥だと期待しているのだが、なるほどね・・・、色々な見方があるものだ。すなわち、小泉が進めたような公共事業費や医療費削減の二の舞になるという警告なのだろうか・・・。引用しよう、「事業仕分けは財務省のシナリオの上での仕分けに過ぎず、小泉・竹中の構造改革論を支えた外資のコンサルや銀行マンがその事業仕分けを仕切っているのだから、依然として現政権の一部勢力が新自由主義の売国路線の延長線上にあるのは一目瞭然である。」
つまり、事業仕分けを右からと左からと見るとするなら左側の目線なのである。具体的に、その一部勢力を誰をさしているのははっきりしている。私としては「そう言わず、もう少し見てからでいいじゃないの?」という立場なのだが・・・・。「やるまでもない」ということかな、手厳しいね。

私は鳩山首相の「税金の使い道を替えるのだ」という主張を信じている。(とりあえずですけどね)国民としてもやはり税金の使われ方に注目し、不必要な歳出カットがなされないよう監視しなきゃならないという事だろう。私は昨年の事業仕分けには一定の評価をするし、特殊法人の事業仕分けには大いに期待しているのだが、このような意見もあることを念頭に置き、さすが政権交代しただけのことはあるなと思わせる仕分けをして欲しいものである。この件はもうすぐ行なわれる仕分けの結果を見てからもう一度考えてみましょう。

佐藤優氏の「太平記を読み解く」も毎回教えられることが多い。今月は新田氏で、世良田の地名が出てくる。また、新田氏の同族が越後に多いという事実も私にとっては大いに参考になる。家康の本当の出身地と言われる世良田に潜む謎の原点がこのあたりに存在するのである。つまり、新田の「源氏お種度」も尊氏には及ばぬもののたいしたものだったのだ。

さて、たくさんの記事があるので今日はこのぐらいにしておきましょう。落合さんの記事はまだ読む暇がなかったのでまた今日ゆっくり読みましょう。
[PR]
by sibanokuni | 2010-03-24 06:23 | シバちゃんのため息
<< ぶっ飛び、「蘇我氏の物語」 またもや茶番劇? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧