シバちゃんのため息

豚の研究です

「ツタンカーメンと出エジプトの秘密」をここ何週間も読み直しているが、どうしても理解できないのが豚のこと。ユダヤ教もイスラム教も豚を食べないことは有名なのだが、豚を神聖なものとして食べないのか、不浄なものとして食べないのか、これがよくわからないのである。
いくつかの連立方程式からそのあたりを導き出したいのだが、頭が悪いせいか、さっぱりわからない。っていうか、矛盾に満ちた記述が多いのか、とにかく何度読んでもよくわからないのだ。

いくつかの記述を拾い出してみよう。
BC1550年から1200年ごろの後期青銅器時代、パレスチナ高原の遺跡には主食の一部としての豚の骨がある。それに反して、BC1200からBC585年の鉄器時代の遺跡からは豚の骨は発見されていない。しかも、その周辺でイスラエルと敵対関係にあった地域から大量の豚の骨が見つかっている。つまり、イスラエル人が豚を食べなくなったのは単に敵対する地域の部族と区別するだけだったと言う。そしてそれらが宗教上の問題となるのははるかに後の後付であり、豚を食べない人たちがユダヤ教を作ったと考えられるという事のようである。

「レビ記」には「いのししはひづめが分かれ、完全に割れているが、まったく反すうしないから、汚れたものである。これらの動物は食べてはならない。死骸に触れてはならない。これらは汚れたものである。」と書いてある。まず、この反すうがわからない。WIKIには「反芻(はんすう、rumination)は、ある種の哺乳類が行う食物の摂取方法。まず食物(通常は植物)を口で咀嚼し、反芻胃に送って部分的に消化した後、再び口に戻して咀嚼する、という過程を繰り返すことで食物を消化する。」とある。これで納得できる人はいいけど、これではわからない。さらに、「反芻を行う動物を反芻動物(Ruminant)といい、ウシ・ヤギ・ヒツジ・キリン・バイソン・シカ・ヌー・アンテロープ(以上は反芻亜目)・ラクダ・ラマ(ラクダ亜目)が含まれる。これらはいずれも偶蹄目である。」とあるから、少なくともユダヤ人にとっては食べていい動物は反すう動物なのだろう。さらに、ひづめがわかれと書いてある。このひづめの中で二つに分かれるものをウシ目といい、そうでないものをウマ目と言うそうである。WIKIでは「ウシ目(うしもく)または偶蹄目(ぐうていもく) Artiodactyla は、かつて使われていた脊椎動物門 哺乳綱の一目。偶蹄類(ぐうているい)ともいう。現在は正式な分類群としてはほとんど使われず、クジラ目と合わせてクジラ偶蹄目に分類される。」・・・とあるから、現在のクジラはこのウシ目の属するから食べてはいけないという事なのかもしれない。うん、これは勉強になる。
なぜ、ひづめが偶数の動物は食べてはいけないのか?それは神さまがそうお決めになったのであろう。アーメン!
さて、ユダヤ人が中央高地に移住した時代に始まる豚の禁忌は彼らが目にした異教徒の習慣の一部である儀式のよって強められた可能性が高いとある。これは、エジプト人が満月の夜、豚をいけにえにし、月の女神セレーネーに捧げるという儀式のことのようだ。。エジプト人は豚を汚れた貪欲な動物として嫌っているにも関わらず、神聖な動物としていたという。なんだか矛盾するようだけど、逆に神さまへいけにえに捧げる動物は食べてはいけないという事だろうか。人間の足はひづめではないが、五本の指がある。つまり奇数だから、食べてもいいのかな?
また、雌豚の乳を口にすると、思い皮膚病になって全身がうろこ状の発疹に被われると言い伝えられている。モーゼが率いる事になった人々の中にこの皮膚病患者(いわゆるらい病患者)がたくさんいたといわれているが、ある意味、逆にこの忌むべき豚を飼育していたのがイスラエル人だったとも考えるとどうだろう。エジプト人は豚を嫌い、飼育している人も同様に差別したとある。イスラエル人は自分達は絶対に豚を食べないようにし、豚の毒をばら撒き、エジプト人を大量に殺害し、逃げたのかもしれない。これらはもちろん憶測に過ぎないのだが、ユダヤ教を理解するにはどうしてもこの豚が肝心なのである。

日本で豚の飼育を調べると、真っ先に出るのが薩摩のクロ豚である。
はてな?一番ユダヤに関わりそうな薩摩が豚を飼育するとは?どう考えればいいのでしょうかね。
さてさて、長くなったのでこの辺りで今日のところは終わりましょう。
・・・・・・まだ研究中です。
[PR]
by sibanokuni | 2010-04-30 09:53 | マヨちゃんの古代史
<< カフェの音源として ある裁判の判決 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧