シバちゃんのため息

人類の始まりはどこ?

木村愛二さんの「アフリカ史・・・」を読みながら、人類はどこから来たのだろう・・・と考えるのである。私たちはもっぱら宗教家から、人類は「神さまがお作りになった」と聞かされ、さらにダーウインの「進化論」では猿から進化したと教えられた。たぶんほとんどの人はそのどちらかを信じているか、もしくはどちらでも構わないと思っているのか・・・・、あまり人と話をしたことがないのでわからないが、はっきりしているのは、「どっちも違うのじゃないか」と内心は思っているのではないかということである。

私の考えでは人類はアメーバーのような細胞、つまり人間の元は腸のような胃袋から始まり、それに手とか足とかが付き、最後にコンピューターのような頭がくっつき、厳しい自然の中で順応するうちに現在の人類のかたちだけが生存したと言う考えである。、間違っているかもしれないし、異論はたくさんあるだろう。どうせ本当の事はわからないのだから、人がなんと言おうとも私はこれで納得している。
もちろんこの進化は何億年に渡って行なわれた自然の営みである。私たちの知る人間の歴史としての5千年程度の話ではない。つまり、それらの中間物質の証拠などは跡形もなく消滅するに十分な期間が経過しているのだ。その長い間に生存に適していない人類や植物、動物はすべて消滅したのである。他に説明があるだろうか、同じ人類がいろいろな地方へ移住し、寒さに強い白人種が残り、暑さに強い黒人種が残り中間の農耕地には黄色人種が適合したのだ。元は同じような人類だっただろう。

神さまが人間をお作りになったと考えるのも、宇宙人が持ち込んだと考えるのも勝手だし、それなりに説得力がある。が、それらはあらかじめ人間を支配する何かが存在することを認めさせようと言う意図があることも忘れてはいけない。あくまで宗教というのは人間が作り出したもので、自らを合理的に説明しようとしたものである。科学が進めば違う合理性がでてきてもやむを得まい。

西欧文化に汚染された我々日本人は、白人と黒人はまったく別の起源を持ち、文化の始まりはオリエントであり、そこからあらゆる文化が世界中に広められたように聞かされている。エジプトに最古の文明があったというのは皆が認めるが、同時にシュメールが最古の文明のように言われている。しかし、人類の歴史からすればシュメールだろうが、ほんのちょっと昔の話に過ぎないのだ。

しかしヨーロッパ人の主張がどうも間違いであるような気がしてきた。アフリカには旧石器時代からのすべての遺品が見つかり、オリエントよりはるかに古代から進んだ文明が存在したというのだ。しかし、何万年ものサイクルで乾期と雨期が繰り返し、そのたびに絶滅や移動を繰り返し、そのなかで船を操ることの出来る部族や最古の鉄器文化を持つ部族だけが移住に成功し、世界の果てまで到達したというのが実体ではないかというのだ。

コロンブスやバスコダガマが世界に船旅をしたのはほんの昨日のような話で、実はシバちゃんの女王時代には、タルシシ船が世界を旅していたのである。これがソロモンの時代であり、シバちゃんたちの航路はアフリカ中部からオーストラリア、インド、アメリカ、南米、そして日本へも定期便が来ていた可能性が高いのである。シュメールよりはるかに高度な文明があったとしても不思議ではない。ただ、シバちゃんのいた場所がいまいちはっきりしないだけなのだ。
下の図は木村愛二さんの本にあったものだが、どうもここらあたりが太古の昔の文明の中心ではなかったかという事だ。
b0166522_8484583.gif


これらのことを説明するには私には知識がなさすぎ、とても皆様を納得させることは出来ない。ただ、従来の人類の歴史はあくまで西欧人に都合の良い解釈がなされており、それに反する意見は無視され、それらを証明する地域は西欧諸国の植民地になり、立ち入ることさえできないようになっている。彼らが争ってアフリカを征服したのも、ひとつは利益のためだが、本音は歴史の抹殺だった可能性は排除できない。

日本の歴史を学ぶうちに、やはり根源的な問題として従来の常識をすべて捨て去り、いっさい白紙から世界を眺めないことには砂上の楼閣を築くことになる気がする。
早い話、エジプト文明はナイル上流、ケニアあたりから移住してきた文明人が築き上げたものだとすると、世界史の考え方は大きく変化せざるを得ない。これらのことは考古学の研究に待つべきだと思っていたが、最近では遺伝子工学が進歩し、過去の常識がことごとく覆されている。彼ら遺伝子学者に良心と言うものがあれば考古学よりはるかに精度の高い世界の歴史がわかってくるだろう。

相変らず結論の出ない話だが、歴史を学ぶことは今までの常識を捨てることで、常識にこだわる人たちからは反発を食らうことは覚悟しなければならない。・・・・であります。
[PR]
by sibanokuni | 2010-06-10 06:30 | マヨちゃんの古代史
<< 最低線として サインを見落とすな >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧