シバちゃんのため息

名古屋が二大政党制を終らせる。

先ほどいつも情報をくれるヨッシーさんから、名古屋市長、河村隆氏を応援するブログの紹介いただいた。
河村さんは「大丈夫かしら?」と思うような公約を掲げ、見事市民税10%減税を成し遂げた。市民税10%減税は私にとってはたいした金額ではない。むしろ金持ちにはとても大きい減税である。

税金を安くしてくれと言いたいのではない、放っておけばすぐに市民の負担を増やしたがるお役所が、とにかく税金を安くする前提で予算を組むのは傑作ではないか。少なくとも増税の話は出来ないよね。

抵抗勢力の自民党市議団はもちろんだが、与党の民主党の市議団までそろってこのせっかく成立した減税を一年限りに改悪してしまった。議員になると人格が変わるみたいですね。民主党が市民の味方だというのは少なくとも名古屋市議の場合は違うみたいですよ。もっとも共産党も同じだから笑えますね。つまり、全員退席していただきたいのですよ。(則武さんは孤軍奮闘したみたいだけど・・・・)

昨日、我がカフェでなにやらハガキをみんなに回して説得しているおばちゃんがいるではないか。「あのー、店内で営業は困るんですが・・・」、「あのね、河村隆の応援なんですよ。今度ね市議会のリコールの署名をするんですよ。それでね、期間が短いから、今その準備をしてるんですよ。ねえ、このハガキに住所と名前書いて・・・」
「あー、河村さんなら僕応援してます。いいですよ、名前書きますよ・・・」、「うん、ありがとう。36万名の署名がいるのよね、いまこのハガキが3万枚集まってるの。その人がそれぞれ10人ずつ署名を集めれば36万人なんてすぐに集まるわよ。絶対に解散に持ち込むんだから・・・」、と威勢のいいこと。

とにかく国政はもう当てにならない。私たちのできることは地方の足もとから変えていくしかないのだ。名古屋周辺の首長もぼちぼち河村さんと同じような公約をする人が増え始めた。おそらく今後、河村隆の公約を真似しないと首長選挙に勝てなくなるだろう。地方が減税すれば当然中央も影響を受けるだろう。消費税などとても言い出せない状況を作り出せるのだ。

地方から政治を変えてゆく。これが河村隆の目指す政治である。彼は民主党で党首選挙に立候補すら出来なかった。彼の政策を認めたのは小沢さんなのだ。小沢さんが幹事長だったからこそ名古屋市長の推薦をもらえたのである。
今、河村さんは民主党の看板を捨て、日本減税党を立ち上げる。もう自民や民主を信じるより河村党を全国展開するしかない。この参院選には間に合わないが、次の衆院選までにはこの減税党の全国組織を作りたいものだ。

中央では小沢さんは失脚したが、その遺産である河村さんは健在である。もはや民主党に頼らなくても選挙を戦える状況は作った。八月後半に我々は勝負をかける。そして絶対に勝つ。もはや二大政党制は終るのだ。
[PR]
by sibanokuni | 2010-06-12 19:14 | シバちゃんのため息
<< 再び、マヨはあやしいのか? 最低線として >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧