シバちゃんのため息

私が謝罪するの?

うーん、難しいですね。いきなりコメントに「謝罪しろ」ですからね。日本人は「ちょっと待て、話せばわかる・・・」という国民性だから、これではやはり日韓が仲良くするのは難しいのではないかと悩んでしまいます。

韓国の国民はもちろんだが、日本の国民だって好き好んで戦争をしたわけではない。もちろん洗脳教育の結果、間違った皇国史観で戦争へ進んで行った人もいたかもしれない。しかし、一人の国民にどんな責任があるというのか?
仮に責任が少々あったとして責任の大きさというものがあろう。昨日のコメント主が韓国の国民を代表するとは思いたくないが、私たち一市民に謝罪をしろというのは異様な話であり、世界のどこにも通用しない理屈ではないか。
世界を大きなチェスボードに見立て、我々国民を駒としてグレートゲームを企画した人間がいる。それは八百長戦争であり、誰かが仕組み、誰かが大儲けをし、一般の駒たちの多くは死ぬか財産をなくすか、とにかくひどい目にあったのである。我々もその意味では被害者なのだ。少なくともそのグレートゲームを企画した人たちを糾弾するべきで、私たち日本の国民に謝罪しろとは筋が違うのではないか。
当時、韓国は日本であったのだから、日本政府に抗議するのは当然であろう。さらに、それを引き継いだ形の韓国政府にも謝罪なり補償を要求するのもいいだろう。ましてや北朝鮮とは未だに正式な国交がないのだから、早く国交正常化を要求するのも必要ではないか。コメント主は明らかに要求する相手を間違えている。

小沢さんは野中氏と語り合い、「死ぬまでに必ず戦後処理をやろう」という事で「外国人参政権」を提議した。そして鳩山さんは「日本列島は日本人だけのものではない。日本に住むすべての人々のためにある」と東アジア共同体構想を発表したではないか。この二つは国内でも非常に論議を呼び、賛否はなかなか微妙な問題である。しかし、一歩ずつ進んでいるのである。これらを速やかに進めていくことこそ日韓の友好を促進するのだ。
ところがコメント主のように高圧的で、威嚇的な態度を取られると、さすがの私も「なるほど、こんなんでは嫌韓になるのもしかたがないのかな?」と思ってしまう。つまり、まったくの逆効果になるのだ。
このことをまゆみさんが「トリック?」といったわけである。

恐らくコメント主は私をコテコテの天皇崇拝者だと思ったのだろう。仮にそうであったとしても反感を覚えることはあっても決して同情はされまい。

小沢さんの言う「戦後処理」に理解を進めたい私としては、コメント主のような言動はそれらの妨害行動に思えてならない。日本にも、中国にも、そして韓国にもこのアジアを緊張関係に置いておきたいと望む人たちに雇われた工作員がいる。彼らは国旗を焼いたり、暴力に訴えたりし、歴史の真実を明らかにすることを妨害している。コメント主はどうもその工作員ではないようである。でも、同じように見られるでしょう。

例えば伊藤博文を暗殺した安氏は英雄になっているが、本気で韓国人が暗殺したと思っているとしたら歴史を知らなさ過ぎる。彼が暗殺されたことで日韓併合がなされ、日本は戦争へ動き出したのである。
韓国人は伊藤博文の死を悲しむことはあっても、喜ぶべきではないと思うのだ。これは歴史の皮肉である。
そのあたりを冷静に判断できない人たちとは永久に歴史を語ることは出来ないのかもしれない。ただ、政府レベルでは無理でも草の根レベルでやっている人はやっていると思うのだが・・・。
[PR]
by sibanokuni | 2010-06-17 09:19 | シバちゃんのため息
<< うどん定食はじめます。 善徳女王は皇極? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧