シバちゃんのため息

沖縄の独立のあとは・・・

さあ、シバちゃん家にもどりました。またがんばりましょう。

さて、民間レベルでの日韓友好がなかなか難しいことはよくわかりました。ただ、私も、またdomdomさんもお互いの国を代表しているわけではないので、過去のことについては国家レベルで話し合っていただくしかないでしょう。
私たちは今を生きているのであり、今韓国と日本が手を取り合ったほうがお互いに良いのではないかと思うだけで、過去についてはお互いの歴史を正しいものに修正してから話し合いをするべきで、間違った歴史同士をすり合わせても正しい結論は出ないと思いますよ。

そしてdomdomさんは私のいくつかの質問に答えていただいていないので、今後はコメントされてもこちらは何も答えません。

さて「マヨのぼやき」で書いているように、菅政権とはまったく関係なく日本は大きくアジア共同体へ動き出しているように思える。もちろん沖縄独立の話である。
中国と日本との平和に関しての懸案は、沖縄の米軍基地と台湾問題、さらには北朝鮮問題である。

お断りしておきますが、私は世界の平和の為に東アジア共同体構想は正しい考えで、日本を中心に近隣諸国とは具体的な道筋が出来上がっていると言う前提で話をします。
したがってこの共同体構想に反対の人、反中の人、反韓、反朝の人はおそらく気に入らないと思いますので読み飛ばしてください。たぶん、正反対の結論になると思うし、私もまったくその危惧がないかといえばやはり相当大きなリスクはあると考えてます。
しかし、これは進行中で、止めることは難しいのではないかとも思うのです。

中国としてはもっぱら台湾問題である。ひとつには台湾を独立させてしまう。もうひとつは平和的にあるいは軍事的に併合し、香港のような一国二制度の国にしてしまうということである。いずれにしても、中国としては沖縄に米軍基地がある限り緊張関係はなくならないため、どうしても台湾は軍事問題なのである。
中国に平和的な解決をのぞむなら、当然沖縄の基地を撤去するべきだ。日本としては普天間問題ひとつとっても国内の対米従属派がうるさい。むしろ沖縄を日本から切り離し、沖縄国として丸投げしてしまえという感じも見受けられる。その意味で鳩山さんは沖縄の住民に最後の決断を迫ったのである。いわば、鳩山氏としては沖縄に最後通牒を発したのだ。「後は、あんた達が決めることですよ。」という事だな。

数年後には沖縄は独立し、基地のない観光中心の高級リゾートになるという。しかしそれだけでは日本は失うものが大きすぎる。当然、日本の要求は台湾の独立である。沖縄と同じく、台湾が中国に属していたとはいえ、もともとは高砂族の国である。本来は独立すべきである。台湾が対中政策を穏やかな方向へ転換し、沖縄の軍事脅威がないとなれば、中国も台湾の独立を認めても良いのではないだろうか。このあたりの話し合いが先日中国の温家宝と天皇であったのではないか?もちろん小説レベルの話ですよ。

何度も話しているが、北朝鮮問題はもうひとつの重要な課題である。今回の朝鮮哨戒艦の沈没事件で韓国に対し、中国とロシアは事の沈静化に動いた。仮にそれがなければ北朝鮮は国連で非難決議を受け、つらい立場に立たされていただろう。
哨戒艦の沈没事件が北の犯行であると言う見解はいろいろと論議を呼ぶが、私たち陰謀論者は迷うことなく謀略説を取る。すなわち、北朝鮮を孤立させ、日本の東アジア構想を妨害するためである。
これに対し、中国・ロシアがすかさず韓国に圧力をかけたことは、すでに両国が東アジア構想をが支持していると見てよい。韓国政府は米国の顔色を見ながら対処したが、韓国国民の選択の結果は米国をがっかりさせるものだっただろう。
日本は北朝鮮との国交正常化を画策している。韓国も反朝政策を転換し、宥和政策を取らないと、頭越しに日朝が結びつき、非常に気まずい関係になってしまう。ここは先に南北が和解に転じるほうが望ましい。

現在の菅政権は間違いなく短命に終わろう。なぜなら閣議決定とはまったく関係のないところで暴走をはじめている。仮に選挙で大勝利をすればどうなるかわからないが、国民新党との政策協定などまったく無視し、また党内論議もできていないのに勝手に消費税論議を公約に掲げている。これでは選挙後に与党が割れることは必定である。
早い話、東アジア構想を妨害する勢力が表面的には上回っている形に見えるが、現実には着々と事態は進んでいると見て間違いはない。

いずれにしても東アジア構想が平和の為に良いことなのか、逆にワン・ワールドの陰謀そのものかはどれだけ論議しても結論は出ないだろう。どちらにしても紙一重の危ない橋を渡るのである。今後百年を占う大勝負なのだ。
[PR]
by sibanokuni | 2010-06-22 06:26 | シバちゃんのため息
<< 「日本は大丈夫」でも、とほほか... しばらく実家に帰らしていただきます。 >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧