シバちゃんのため息

「日本は大丈夫」でも、とほほかも・・・

昨日、参院選に向かって各党首の討論会が開かれた。もっぱら消費税に関わる論議が主だったようである。
本来なら増税は選挙を戦う上で一番不利な話であり、民主党がそれに触れるというのは自民党の側面援助があったからに他ならない。こんなところで談合するとは国民もなめられたものである。

昨日は久しぶりにMさんからメールが来て、東京のSちゃん?と言う方が名古屋へ行く用事があるのでマヨちゃんのカフェに行ってみたいとか・・・・。「うん、名前が気に入った。どうぞどうぞ・・・」みたいな話をしたんだけど、ついでに参院選後の情報はどうなのと聞いてみた。

彼の話では、「目先の小さな戦いなどたいした話ではない。たかがコップの中の嵐だよ・・・」という事である。
世の中を達観し、もはや仙人の域に達した人はおっしゃることが違う。うーん、うなるばかり。
目を閉じ、ありもしない自分の念力を集中し、念じてみた。血圧が若干上がったかもしれない。汗?、いや冷や汗が出てきた。そして、「こんなんでましたけど・・・・」

国民が見ているのはしょせん茶番劇で、実体の政治は見かけの政府ではなく、堀の中の人たちによって着々と進められていて、そちらについてはまったく問題なく進んでいる。・・・・と言う姿が浮かんでくる。天井人にとって大きな流れの中で国民の負担する消費税の税率など些細なことで、そんなことは時の政府の好きなようにさせなさい。そんな声が聞こえてくる。「私たちはもっと大きな、世界的なスケールで戦っているのに、なんだね君たちは、たかが数%の税金で・・・・もっと大局を見なさい!」
うーん、怒られちゃいましたね・・・・、でも、われわれ国民は今日明日のおまんまが一番の問題で、天井人様のように100年のスパンで考えられないのですよ。秋にはタバコが値上げされるし、景気はちっともよくならないし・・・・私たちをだれが救ってくれるのですか?
「大丈夫、殺しては元も子もない。殺しはしないから安心しろ」?、そんなー、あんまりじゃないですか。
「国民は国のおたからなのだ。生かさず殺さず、じっくり料理するから楽しみに?」、あーあ、やっぱしやってられないや。

Mさんのいう事は理解しました。つまり「日本は大丈夫」というのは天井人にとって大丈夫なのであって、我々国民にとっては必ずしも大丈夫なのではないのかも・・・・・とほほ。
[PR]
by sibanokuni | 2010-06-23 06:15 | シバちゃんのため息
<< ベンベン石? 沖縄の独立のあとは・・・ >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧