シバちゃんのため息

いやな感じ

昨日参院選が告示され、いよいよ選挙が始まった。各党の党首の演説を聞きながら、これはえらいことになったと思った。みんなの党も自民党も、枡添の党(名前は知らない)、平沼氏(これも知らん)・・・一応みんな聞いたが、国民新党以外どこにも投票したくなくなる。まあ、僕のことはどうでも良い。いずれにせよ民主党に投票するのだから、しかし、一体結果はどうなるんだろう。いやな予感が頭をよぎる。

いくつかの選挙予測を見てみると、もちろん誤差はおおきいものの、おおむね民主党は過半数はおろか、与党連立でも厳しいのではないかと言う結論である。もちろん予測だからどう転がるか予断を許さない。ただ、可能性として野党勢力が逆転すると、今後の民主党の政策はまったく暗礁に乗り上げる。今後三年間はその状態が続くとしたら国政はどうなってしまうだろう。
一応頭の中でシュミレーションしてみると、絶対にあってはならないシナリオになる。もちろん楽観的な見通しもないわけではないが、そちらはそちらで菅さんの続投を約束するからこれもあまり楽しくはない。しかし、最悪のシナリオは野党が勝利することで、ここまで追い込まれたのはやはり消費税である。

選挙中に必ず「消費税の値上げをしようというわけではなく、論議はしましょう」という事だと明言して欲しい。このままでは一番伸ばしてはいけない「みんなの党」だけが勝利する可能性が高いのだ。
彼らの主張、10万人の公務員の首を切って一体世の中をどうするつもりだ。公務員を減らすより公務員の有効利用を考えるべきで、国民のための職員にするなら決して過剰なわけではない。要は、政治家がうまく指導できてないだけじゃないか。
政治主導といいながら官僚主導だから公務員が無駄に見える。公共サービスを低下させるような政策は悪である。小さい政府は必ず格差を生む。歯切れのいい、耳に心地よく響く言葉は小泉政治を思い起こさせる。
それにしても、比較的聞いていても心地よかった菅さんの変節はいかにもおかしい。
選挙に勝つためにも、国民を敵に回すような消費税増税は早く撤回し、鳩山政権のような国民に優しい政治に転換するべきである。
勝たなくてもいい、負けては困るのだ。
[PR]
by sibanokuni | 2010-06-25 06:10 | シバちゃんのため息
<< 宝くじの事業仕分けが・・・ ベンベン石? >>



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧