シバちゃんのため息

2009年 05月 20日 ( 2 )

大連阿片事件とは

さて、「神々の乱心」は小説である、しかし、落合莞爾氏によれば、そもそも大連阿片事件を上原元帥から調べろと依頼をされた吉薗周蔵が、それを逸見十郎太に頼んだというところがそもそものきっかけである。
そして、逸見から吉薗へ渡された調査書がのちに吉薗明子の手から松本清張に渡り、それを題材にして小説を書いたという事である。
したがって、新興宗教とか、殺人事件に関してはもちろんフィクションと考えなければならない。しかし、そこは巨匠、清張、ついでにいろいろな噂を織り込んで小説と見せかけ表に出せない真実をそっと忍ばせているに違いない。そのあたりがこの小説の見どころ、いや、読みどころなのである。

ネットで調べても、なかなかこの阿片事件の概要ははっきりとはしない。ただ、落合氏の記事を眺めると、吉薗は頭山満に出会った時、頭山が「おまんがあの報告書を書いたんだな。あれでワシも少しだけ動かせてもらった。」と述べたという、そして吉薗はそれを聞いて、「そのおかげで原敬を死に追いやってしまった。あんな良い首相を殺してしまって・・・・」と後悔したと言う。
つまり、大連の阿片汚職の金が政友会の選挙資金に使われたことは裁判でも明らかだが、判決に表れていない裏事情について清張は小説の中で書いているはずである。
現在、上巻を読み終えたところでいよいよ核心に迫っていくが・・・・、実在の人物と架空の人物の区別がつきにくく、清張さんの世界に引きずり込まれそうで、実に楽しい。未完のまま死んでしまったため、本人の思惑は不明であるが、天才最後の作品をじっくりと味わいたいものだ。

一応、大連阿片事件の概要を説明します。(小説の中から適当に端折って説明します。その裁判は大正十二年八月、旅順の関東庁高等法院で行なわれた。)
満州では長年シナ人においては阿片の吸引が日常化しており、急激な禁止はその中毒者の生命を危うくするもので、関東庁は治療、救済の目的で阿片を供給することとする。
そして大連にシナ人設立の慈善団体、嘉善堂戒煙部を設立し、そこが輸入販売をすることとする。そしてその収益は関東庁へ納入する。
大正八年に発覚したこの事件では、被告木原茂三郎は大連民政署長として故意に安く阿片特売人に阿片を販売し、彼等に格別の巨利を与えたものである。
この裁判では木原と特売人数名が有罪となったが、その莫大な収益の行方の一部が政友会に流れた件に関しては追及されなかった模様である。

私がこの小説を読むきっかけはもちろん落合莞爾氏の思わせぶりな書き方のせいである。私の現在の最大の興味は日本の支配構造の中の宗教部分とそして半島勢力の部分の考察なのである。
それらの謎のほんの一部はあちこちから顔を出しているが、口に出すことすらはばかられるほど怖いことばかりである。もちろんそれは黒龍会に関する事もあるし、金正日もあるし、日本の暴力団に関することもある。

さあ、今日からいよいよ下巻にはいる、上巻ではまだ核心に迫ることは何もでてこなかった。楽しみに読むことにします。

この小説にでてくる満州の地名で、大連は卑弥呼のいた邪馬台国、そして奉天は遼東城、そして新京の長春は渤海時代の中心都市、うーん、ところで、吉林はマヨ理論で言うとおそらく新羅の発祥の地、しかも高句麗の檀君神話はこのあたりから出ている。もちろん新羅と高句麗は同族である。

古代史では夫余がどこにあったのか、あるいは高句麗がどこにあったのか、どう調べてもはっきりしない。つまり明らかに事実が隠されている。問題は渤海が高句麗の後継国であったなら、高句麗は教科書で習うよりはるかに奥地にあったことになり、最初の首都はどう見ても長春である。その後、今の集安まで南下して平壌としたのだろう。いうまでもないが、北朝鮮の平壌はあくまで高麗の首都であり、高句麗の首都ではない。
してみると、夫余はハルピンもしくはチチハルとなる。そんな馬鹿な、と言われるが天孫降臨の天降る(あまふる)とは、以前から言っているようにアムール川、即ち、黒龍江から来た人たちのことだから、黒龍、韓国読みでコグリョウ、高句麗のことなのだ。関東軍がどうしても満州を支配したかったのは、つまりそこが長州藩の心の故郷だったのであり、薩摩族にとって、そこはどうでもいい地域だったのだ。
黒龍会というのはまさにその意味を知っている人たちであり、彼等はおそらく日本の歴史を把握していたのだろう。この考え方は現代でも生きており、北朝鮮の中にも、日本の中にも間違いなく存在している。
それを今調べているのだ。
[PR]
by sibanokuni | 2009-05-20 09:23 | マヨちゃんの古代史

わーい、気功マスクが売れた

昨日、さる私のお客さんからの電話です。(名古屋市外です)
「マヨさん、こんにちは。あのさー、実はうちの先生をやってる娘が教育委員会へ行ったら大騒ぎでサー、市内の中学校でインフルエンザに集団感染してるんだって。それも二箇所で。えらいこっちゃワー。」
「奥さん、落ち着いて。たいしたことないって。どうせ八百長なんだから・・・」
「そういえば前からマヨさんそう言ってたね。で、どこが八百長なの?」
「まず、高校生だけが感染するって変じゃないですか。普通は抵抗力のない子供や老人が感染しますよ。なのに高校生や中学生に患者が集中するのは絶対に不自然ですよ。」
「そうよね、おかしいよねー。」
「つまり、意識的に感染させたか、もしくは一般の人の感染を発表してないかでしょ。」
「そうだわ、それにうちの市では集団感染してるのに報道されてないし・・・。」
「つまりこうですよ。全国の知事の中で協力しても良いと返事した神戸と大阪で実験をしたのです。橋下知事はついでにかっこいいこと言って自分の評判を上げれたし・・・、それと・・・・・、一般企業、たとえば百貨店やスーパーで感染者が出たなんて発表したら、へたしたらその企業は潰れる可能性もありますよね。学校なら別に休校にすれば誰も困ることはない。だから選ばれたと考えれますね。」

「そうかー、マヨさんの言うとおりだわ。でもさー、さっきお客さんがマスクが欲しいから買って来てって言うから、大阪の問屋に聞いたの、全部品切れだって。ほんで、近くのドラッグ見てきたらサー、やっぱりないんだわ。名古屋のほうどう?」
「やっぱしドラッグストアーはないですよ、たぶん大手のコンビニや企業が買いあさったんじゃないかな?」
「こないだマヨさんがもってきた光電子商品のカタログに「気功マスク」ってあるじゃない。」
「えーえ、ありますね。でも1900円もするし、こんなの注文する人ないですよ。誰も買いませんよ。」
「いいわ、何でもいいんだから、商売やってんでしょ、何でも売れるもん売らなきゃー。」
「そうですね、ほんじゃ何個買います?」
「とりあえず10個ぐらい買っといて」、「はーい、ありがとうございます。安くしときますよ。」

という事で、政府のインフルエンザ騒動のおかげでマヨちゃんの売り上げが少しだけ出来ました。感謝感謝!

実は、今の話の中に八百長の証拠がある。つまり、インフルエンザの感染者は、当たり前だが、全国にいる。もちろん毎年起こっていることで、特に驚くことではない。
ひとつは例年になく5月の気温が低く、また気温差が大きい。これで風邪をひく人が多いのだ。ただ、特定の地域以外での感染は意識的に報告されていない。つまりそこが八百長臭いのだ。

もうしばらくして梅雨になれば自然にインフルエンザは収まるだろう。ただ、今年の冬までにタミフルの備蓄はすごいことになるだろうな。

今朝、ある方から「ルミンA」という錠剤が良いと聞き飲んでいますと言うメールをいただきました、調べてみると、あの林原製薬ではないですか。あのというのは、ある意味で有名なという事です。つまり、満州で甘粕氏を調べていると顔を出してきます。この薬、ルミンAもやはり731部隊が満州で開発した毒ガスの治療薬ですね。ただ、どちらかと言えばサプリメントとしての位置づけでかなり高価です。花粉症などにも効くでしょう。つまり、花粉症も新型インフルエンザも同じ技術で作られ、対処法も同じだという事です。
********

太田龍さん、ご逝去とのこと。最近のブログで体調が悪いことを述べられていましたが、まさかそこまで悪いとは思いませんでした。私とは意見が違うことが多くなっていましたが、ジョン・コールマンの翻訳などで多大な貢献をされたことは感謝に絶えません。私の書棚にもたくさんの太田さんの本が並んでおります。
感謝をこめて、故人のご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by sibanokuni | 2009-05-20 06:26 | シバちゃんのため息



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧