シバちゃんのため息

<   2009年 06月 ( 36 )   > この月の画像一覧

「甘粕正彦 乱心の曠野」について

「甘粕正彦 乱心の曠野」(佐野眞一著)を読み終えた。どちらでもいいけど曠と荒、真と眞、かな換がややこしいな、最近、この種の変換がすごくやりにくい。最新のATOKは知らないが、MSの変換は日本文化を破壊しそうな気がする・・・・陰謀?・・・まあそんなことはいいけど。

著者の取材努力はとにかくすごい。本人や子供、妻、親戚、同僚・・・よくぞまあ調べたものである。ただ、そのわりに結局、私には得るものはなかった。

最初のほうに落合莞爾の記事を意識した箇所がある。
序章のP14、「甘粕にはいまも奇譚めいた伝説が語り継がれている。甘粕は千葉刑務所を出所後、フランスに渡ったことになっているが、実は関東大震災前にも、軍の密命を帯びてひそかに渡仏している。そこでフリーメーソンの組織に秘密裡に入会した甘粕は、その組織を通じて無政府主義者の大杉が国家権力とのダブルスパイであることを突き止めた。それが、関東大震災下の大杉殺しにつながった・・・・。」
このような噂を佐野氏は都市伝説として一笑に付し、この伝説についての言及はそれ以降はまったくない。
つまり、佐野氏は、大杉以下三人は純粋に無政府主義が国家に災いをもたらすという理由で関東大震災のドサクサに紛れ憲兵隊が殺したもので、甘粕はその責任者として一人で罪を背負い、真実を語ることなく最後は自ら命を絶ち、秘密を墓場までもっていったと結論付けている。

そして全編を通して彼の人となりを紹介し、いかに皆に一目置かれたか、そして皆に尊敬されたかを語らせ、一番私の知りたかった「なぜ大杉を殺したのか」にはいっさい答えていない。つまり、甘粕が殺したわけではないことを証明する本なのである。
甘粕といえば大杉事件であり、この事件で一番肝心なのは、「誰が殺したのか」はもちろんだが、「なぜ殺されたのか」が一番の問題だと思うのである。
前述のように、都市伝説と言っているが、この伝説の出自は書かれていない、しかも大杉が国家権力とのダブルスパイ・・・と書いている。これは意味不明だ。ダブルスパイというのはある組織のスパイなのに反対の組織にその情報を漏らすことである。国家権力のダブルスパイとはどういう意味なのか説明がされていない。これはでたらめである。
つまり、ネットで流れている情報をわざと価値がないように見せるためのテクニックなのだ。

彼は落合氏の記事を知らないはずはない、なぜ吉薗周蔵の手記を検証しないのか。吉薗が手帳に書いているように、「大杉のような無政府主義者は殺してもたいした意味はないのに・・・」は真理を付いているのだ。
落合氏が書いているように、「大杉は後藤新平に頼まれ、上原元帥とフランスの秘密結社との関係を探りにフランスへ渡った。」、そして何かをつかみ、それが原因で甘粕に殺されたというほうがはるかに信憑性が高い。この本にはいっさい上原元帥の名前は出てこない。大杉の内縁の妻が青山教会を調べていたことにも触れていない。
そこに私は佐野氏の本性をみる。意図的に事件の本質をごまかしている。
やれやれ、体制側の書いた本は注意しなければならない。

上原元帥は明治時代にフランスに滞在し、落合氏によるなら、そこで現地のワンワールド家系と婚姻関係を結んだ。相手はアルザスのユダヤ系家系イザベル・ポンピドーで、その兄がメソジスト教会の牧師である。やがて女の子が生れたという。
さらに、甘粕が刑期を終え、フランスに遊学する時に同伴したのがその生んだ娘なのだという。
大杉はワンワールド派に対抗する後藤に依頼され、それらの事情を探りにフランスへ行き、事実をつかんで日本へ帰った矢先に殺されたのである。

謀略史観と通常史観では、同じ事件でもこのような大きな差が出てくる。落合氏の解読する吉薗日記は一級資料としての評価はされないであろうが、世間でもてはやされている読ませるために書かれた各種の日記よりもはるかに真実を物語る。

以前、佐野氏の「カリスマ」というダイエー中内氏に関する本を読んだことがある。この本も個人の取材能力をはるかに超えたドキュメンタリーだった。恐ろしい本である。一人のジャーナリストがかける内容ではないと思った。
もちろん、田中角栄を失脚させた立花隆も同じである。
どんなにすぐれたジャーナリストでも個人の力には限度がある。普通では書けないほどの内容の時は疑わなければいけない。

組織が用意した資料を基に、組織のために書かれた本であるといっておこう。もちろん内容に間違いはない。ただ、真実から意識的に離れたところを書いたのである。
現在はやはり佐野氏の「阿片王」を読んでいるが、心して読まなければならない。
[PR]
by sibanokuni | 2009-06-05 09:47 | マヨちゃんの陰謀論

上告棄却。懲役18年確定

yomiuri online ニュースから引用
飲酒運転で4人死亡、元会社員の上告棄却…懲役18年確定

 愛知県春日井市で2006年2月、酒を飲んで乗用車を運転してタクシーと衝突し、乗客ら4人を死亡させ、2人に重傷を負わせたとして危険運転致死傷罪などに問われた同市、元会社員桑山健被告(29)の上告審で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は、桑山被告の上告を棄却する決定をした。

 決定は2日付。懲役18年とした2審・名古屋高裁判決が確定する。

 1審・名古屋地裁は「青信号だと思いこんで交差点に進入した可能性がある」として、業務上過失致死傷罪を適用して懲役6年としたが、2審判決は07年12月、「信号が赤だったのにあえて無視した」として1審判決を破棄し、危険運転致死傷罪の成立を認めていた。(引用以上)

九州での飲酒運転の判決と同様、今回も危険運転の定義すら曖昧なまま、最高裁が上告を棄却した。
何たる横暴、交差点の事故は双方に過失があるというのは常識だ。まさに「一罰百戒」であり、法の精神を無視した無法な判決と言わざるを得ない。

皆さんが被害者の声に同情し厳しい判決を望む風潮はよく分かる。しかし、私の回りにも、つい先日まで酒を飲んで運転する奴はいたのです。ゴルフコンペの帰りはほとんどみんな赤い顔で帰っていたではないですか。さすがに昨今では飲酒運転をしなくなってますが、それはこのような判決が見せしめ効果を発揮したのです。
私は国策として重罪を申し渡す裁判所より、この判決を当然だと思う国民のほうが恐い。そして、そんな人たちが裁判官をする裁判員制度はもっと恐い。
[PR]
by sibanokuni | 2009-06-04 20:17 | シバちゃんのため息

シバちゃんのお散歩

「にゃー、マヨちゃん」
「なんだいシバちゃん」
「ぼくさ、おうちからちょっと遠いけどさ、山の向こうの公園まで散歩に行きたいんだよ。」
「それで?」「だけど、恐いじゃん。いろんな事件が起きてるから・・・」
「それで?」「マヨちゃん、護衛でついてってよー」
「いやだよ、めんどうくさい。一人で行っておいで」
「そんにゃー、襲われたらどうするんだよー」
「おまえ、自分のことは自分で守れよ」
「だって、ソマリアを通るタンカーだって自衛隊が守るって言ってるじゃん。シバちゃんだって守ってよ。」
「やれやれ、日本もそんなに物騒になったのか・・・」

アメリカでは大学への銃の持込を許可する州(ユタ州)と、合法化を計画している州が19もあるという(昨日の中日新聞の記事)。日本人の感覚としては驚くしかないが、自分の命は自分で守るというアメリカ人の考え方は今でも健在である。カッターで殺人が起きるとカッターの持込を禁止する日本の小学校と比べるとどちらが健全なのだろうか。
アメリカで、「大学で銃を乱射する人間がいたとして、机にかくれて何もしないほうが良いか、反撃できるほうが良いか」とたずねれば、必ず反撃できるほうが良いと答えるそうだ。
日本人は銃を持たせれば危険だと考える、しかし、アメリカ人はみんなが銃を持っていれば乱射する人間はいないと考える。
どちらが良いかはの判断はおいといて・・・・、ことはソマリアである。

ソマリア沖の海賊達の装備がどの程度なのかはわからないが、私からすれば民間とはいえ危険地帯を通るのであれば丸腰はないだろうと思う。日本の商船が通るたびにわざわざ自衛隊の艦船が護衛に付くのもどう見ても筋が通らない。早い話、自衛隊が運搬しろよと言いたくなる。自衛隊が運搬し収入を得ればいいじゃないか。それが出来ないのなら、民間が武装すべきじゃないか。対艦ミサイルとか、ポケットランチャーとか、マシンガンでも装備しておけばしばらくの間我慢ができる、そのうちに戦闘機が飛んできてやっつければいい。

とにかく自衛隊を派遣したいのが本音なんだろうな。

アメリカは銃を規制したいがために定期的に乱射事件を引き起こす(もちろん、おくそくだが・・・)、しかし、逆にアメリカ人は銃を持って自衛したいと言う。これでは逆効果だな、皮肉なはなし。私はまいどおなじみの意見で恐縮だが、テレビで日本の防衛論議がされるたびに思うのだ、なぜ民間自主防衛の話が出ないのかと。一人ぐらい言えばいいのに・・・・。

昨日、あるテレビ番組で、飾ってある鉄砲を持って重さを実感しただけで銃刀法違反で検挙されたと言う。国民が銃を持つことをそれほど恐れると言うのはやはりよほど国民を怖がる理由があるに違いない。
[PR]
by sibanokuni | 2009-06-03 16:15 | シバちゃんのため息

祝 決定! 正雲氏が後継者に

昨日テレビや新聞がいっせいに「北朝鮮の次期将軍は三男の正雲氏に決定した」と報じた。
やれやれ、ようやくか・・・・、ずいぶん前からそうなると主張していた私にとっても長い道のりだった。
三男は未だに素顔すら公表されていないが、私の頭には足して二で割るとどんな顔になるのかシュミレーションは出来ている。あまり想像したくはないが・・・・。

つまり、あのミサイル発射は将軍後継者決定のお祝いの祝砲であり、世界へその決定を高らかに宣言したという事だ。さらに、最近の核実験や短距離ミサイルの発射は各国との交渉を始めたいという意思表示といえる。

各評論家が述べるような危険な冒険を北朝鮮がしようとしていると見るのは、頭がからっぽなのか、電通がそのように宣伝したいからだ。まったくおめでたい連中なのだ。
飯山さんのブログでここ二三日報じられる情報はにわかに信じられないことばかりだが、取るに足らない小国家が生き残りを賭けて行なっている事なのだから、自ら破滅するようなことを考えるはずはない。

飯山さんのブログでチャン氏は、日本は蚊帳の外であると述べているが、これだけは私は異論がある。北朝鮮へ横田めぐみさんという「お種」を渡したからには、日本にもそれなりの権利がある。日本を無視するなどとんでもない、まず最初に日本に相談しているはずだ。ただ、絶対にそれが公表されないだけだ。国家機密なのである。

現在私は満州を中心に研究をしているが、恐ろしいほどの著書や資料がある。それに反し、朝鮮半島で活動した日本軍の記録はほとんど見たことがない。今後、十分に調査をするつもりだが、少なくとも北朝鮮地域で朝鮮総統府が行なったほとんどの仕事は深い闇の中にうずもれている。おそらくはタブーに違いない。
しかも、金日成というカリスマが一体どこから来たのか、どのような家系なのかすら誰にもわからない。
極端な話、日本人かもしれないし、お種度の高い人物なのかもしれない。なぜなら、終戦時までそこは日本だったのだ。ほとんどの日本人は本土へ帰還したものの、重要なインフラを保守するために残った人間もたくさんいるのだ。それは発電所や製鉄工場、そして鉱山、さらには重工業の工場などだ。それらはすべて日本の最新鋭の設計であり、今でも稼動していて、その保守は日本人にしか出来ないのである。このことを忘れてはならない。
マスコミが伝えるほど北朝鮮は閉鎖的ではなく、かなりの人間が自由に往来している。我々国民はマスコミに洗脳されているだけだろう。
たぶん、とんでもと言われるだろうけど、金日成、金正日はそこそこのお種度を持っており、めぐみさんのお種を合わせれば、日本と兄弟国になる資格が十分にあるのだと思う。

かつて小泉訪朝の時、金正日は国交正常化が出来ると思い大喜びであった。しかしそれが罠であり、小泉にまんまと騙されてしまった。小泉は北朝鮮資金ルートを壊滅させるために大芝居を打ったのだった。それは現在も大規模に勧められている頂上作戦の一環である。この件は奥が深いのでこれぐらいにしておくが、今でも日本には、あくまで北朝鮮と不仲でいたい勢力がたくさんいるのだ。これらは外交問題ではなく、内政問題だといえる。

ところで、この「お種度」と言う言い方は他では使わないでください。変人扱いされますから。
(注)お種度の定義は二日前の小説をご覧ください。
[PR]
by sibanokuni | 2009-06-03 06:32 | シバちゃんのため息

連載小説 ひとつぶの種 最終回

小説 ひとつぶの種

第二話 (最終回) お種ちょうだい

さて、今日は二回目、本来なら源平合戦を描きつつ超歴史大作を目指そうと考えていたが、専門が古代史で、それ以外を描くと教科書のような記述をする羽目になり、少しも楽しくない。また正史を元に書いてゆくことも、私の身上に合わない。
そこで今回はその後の頼朝と義経に関し、極めて短縮して記述することにする。

まず問題はなぜ頼朝が北条氏の応援を得ることが出来たかである。

さすがの清盛も頼朝というお種度の高い貴種を殺すことは躊躇した。なぜなら本部からの指令書を持っている以上、彼を殺せば国家反逆罪である。そこで、彼等とは部族が違う伊豆に流すことにした。
伊豆は日本の原住民が多く住み、その昔、東北から下ってきた新羅系住民と、桓武のころに関西から移住させられた高句麗系が不安定ながらもひとつの擬似独立国家を築いていた。
その伊豆に高貴な種を持つ頼朝が流されてくる。そこにいたのは伊勢から流れてきた野武士集団の、というより山賊といったほうがいい北条時政がいた。
いまいちうだつの上がらない北条氏であるが、頼朝を担げば周りの各部族もその元に集まるのではないか。そう考えたのだ。以下の発言はわかり易いように標準語になおしてある。本当なら◎X▲・・・ですが。

「おい、正子」「なにー、とうちゃん」
「あのよー、こんどどえりゃあ高貴な方がこっちへ来るちゅううわさだがや。」
「あー、しっとるよ。無茶苦茶評判になっとるがや。」
「ほんでよー、ええか、おまえ、うまく手なずけれんか?」
「よーゆうわ、日頃からあそんでばっかいるちゅーて怒るくせに」
「まあまあ、勘弁してちょ。こんどはええて、ワシが許すんだで」
「どすりゃあええの?」
「きまっとるがや、種をもらうんだがや」
「種もらうって、とうちゃんエッチ、セッ○スしろってか」
「まあええがや、目的のためには手段は選ばんちゅーじゃないか」
「まあええけど、嫌いじゃないから・・・」

伊豆で温泉三昧の日々を過ごしていた頼朝だが、北条正子の誘惑に簡単に引っかかってしまった。
かくして頼朝を利用し日本フランチャイズ直営店を開設、その専務に収まった時政だが、考えてみると弟の義経がいるではないか。
しかも彼はお種度が頼朝より上にあるという。
「おい、頼朝君」、「はい、父上。」
「京都にいる義経だが、あれはほんまに弟なのか?」
「いえ、あれは実は本部の社長の種付けで産んだ子ですから、私より格が上であります。あっちのほうがより貴種です。」
「しまった。そうきゃあ、あっちのほうがえりゃあのか。」
「はい、すいません。でも、彼はアジア総本部を作るため、しばらくしたら本社へ帰るはずです。」
「おー、そうかそうか、では、うちのほうはこれで安泰ってわけだ。」
「ただ、私の種ですと、私の子供は半分になり、その子供はさらに半分になります。そうすると日本フランチャイズ本部の資格はなくなりますよ。」
「そんな詳しいこと、本部はわかりゃあせんだろう」
「まあ、ねー、運がよけりゃあ」

北条家の失敗はこのお種度のことを忘れたことである。

さて、義経は天皇とも仲良くでき、気分上々のまま仙台の藤原学園に入学した。この部族は大陸から渡ってきた鮮卑族で、偶然だが、都の藤原家とは遠い親戚に当たる。しかも、大陸から大量の金を預かっていた。ぞくにM資金と呼ばれていた。この大量の資金を都にばら撒き、東北地方を安堵されていた。
義経は予定通り大学を卒業し、本部の指令により樺太からアムール川をさかのぼり、無事にシベリヤのクラスノヤルスクへ戻った。

「おー、義経ちゃん、よく戻ったな。元気してた?」
「はい、パパ。どえりゃあおもしろかったでいかんわ。」
「なに、変な言葉を覚えてきたな、それって変だよ。」
「変じゃないすよ、日本中、名古屋弁になってきとるがや」
「まあ、よいわ。これからは世界ワンワールドの時代だ。おまえはワシの直系のむすこじゃ。大カーンとして世界の統一をしてちょ。」
「父ちゃん、それ名古屋弁だがね。」

こうしてチンギスカンが誕生した。しかし、北条は藤原家の金に目がくらみ、なんと奥州藤原家を亡ぼしてしまった。なんて馬鹿な、金がそこで採取されているのではなく、大陸から物々交換で手にいれていたのだ。
亡ぼしてみて知ったのは、そこが不毛の地で、コンビニひとつない山間僻地だということだった。しかも、お種度のことを忘れ、頼朝を落馬させて殺し、さらには少ないとはいえ、お種度の残る跡継ぎも殺してしまった。

このことが後に引き起こされる元寇の原因になるとは北条氏一族は知るよしもない。

筆者からのおわび。
せっかく連載を始めましたが、もともと飽きっぽい性格で、これ以上小説の連載を続ける気力が残っていません。今回を持ちまして小説「ひとつぶの種」は完結とさせていただきます。
ところで私が初めて言い出した「お種度」は私の発案でありまして、これについては今後世の中で使われることがありましても、あくまでマヨちゃんの発明であることを明記のうえご使用いただくようお願いいたします。

 次回書くとしたら、「元寇、それはお種の交換だった?」、になりますが、当分は無理だと思います。
[PR]
by sibanokuni | 2009-06-01 15:31 | 小  説

連載小説 ひとつぶの種 第一回 指令

古代史を調べていると調査というより憶測と妄想ばかりになってしまう。少ない手がかり、信頼できない官製歴史。捨て置けない歴然たる事実、それらの点と点を結ぶには空想なくして歴史の復元は難しい。

今日から連載を始める「ひとつぶの種」は、とても歴史とは呼べないような空想を物語にしたもので、とても世間に発表できるようなものではない。しかし、どうしても書き留めておきたいという私のわがままをお許しあれ。

第一回 指令

ある朝、場所は現在のロシア南部、クラスノヤルスクにある地下宮殿の王室での出来事である。
部屋の入り口には「世界フランチャイズ本部」との看板が掛けてある。
机に座ってタバコをふかしながら部下となにやら話をしているのは社長のアラカンである。部下は営業本部長、ナベツネである。
「部長、最近フランチャイズからの送金が少ないとちゃう?」
「シャ社長、すいません、実はヤーパンの天皇がキヨモリという若武者といい仲になり、家賃をそこへ貢いでいるという噂です。」
「だめじゃん。いつからだ。」「そうですね、送金はここ二年ほど途絶えています。」
「部長、契約違反じゃないか。すぐに破門状を書き、世界中に回せ。くそー、なめんじゃないぞ。」
「今、東部担当課長は誰だ。」
「今はですね、義朝課長です。」
「すぐ呼べ。」、「はい、わかりました。」
本部に呼ばれた義朝は直立不動で緊張していた。「義朝であります。」
「義朝君、悪いがすぐにヤーパンへ行ってくれないか。そしてヤーパン直営店を作ってくれ。」
「あのー、ちょっと希望があるんですが・・・・」、「なんだ、言ってみろ」
「実は夫婦仲がいまいちで、出来たら女官を一人もらえませんか?」
「ふん、いいだろ。誰がのぞみだ?」「はい、出来ましたら常盤を連れてゆきたいのですが」
「よし、わかった。すぐに出発しろ。指令書はさっそく作成し後ほど鞍馬山出張所へクロネコで送ることにする。」

義朝が部屋を退出すると社長は部長をよび、「おい、常盤というのはNHKの大河ドラマに出ている女か?」
「そのとおりです。評判の美人です。」
「まいったなー、こないだ俺が種付けしちゃった女じゃないか。・・・・ところで、義朝のお種度はいくつだ?」
「はい、課長ですからお種度は1.25ぐらいかと・・・」「ほんで、今の女房は?」「はい、彼女も1.25です。」
「そうすると、彼女が生む子供は2.5のお種度だな、こまったなー、常盤がもし身ごもり子供を産むと俺の種度が12.5だから、6.25になってしまう。弟のほうが兄貴よりお種度が高くなるぞ。」
「社長の種が入れば地域本部長になれますね、ヤーパン本部より一段高い位が可能になります。」
「しかたがない、常盤が産んだ子供は本部へ返してもらうように鞍馬山へ極秘の指令を出しておけ。それじゃあ指令書を作ることにするか。」

さて、お種度とは何か。これは始祖のお種度を100とし、その子供は半分の50になる。その子供はさらに薄くなり25になる・・・・・、では、これでは薄くなるばかり。ところが近親相姦をすればお種度はプラスとなる。
例えば12.5の男が親戚の12.5と結婚すれば、足し算にて25となる。この25は相当高いお種度になる。
そこいらの単なる女官はお種度0であっても、お種ちょうだいで子供を産めば、半分のお種度が得られる。

匈奴の劉家、フン族のアッチラなどは本部に送られて会長が種付けして生まれた貴種であり、彼等のお種度はおおむね6.25はあったはずだ。
古代では国を作る権利として子のお種度が最重視されたのである。(本当かい?)

さて、日本の当時の状況は、傀儡としての天皇はお種度は低いものの、辰王朝の血を維持するために存続を許されていた。そして低いながらもお種度を持つ藤原家から血を分けてもらい、なんとか王朝を維持していた。
ところが韓半島からやってきた平氏は匈奴の末裔であり、これも低いとはいえお種度はあったのだ。
清盛のお種度は1.25、藤原家並である。しかし、義朝は1.25であるから本来、清盛は本部の指令に従うべきであった。
本来なら上司となるべき義朝がヤーパンに赴任してきた時、お種度が同じなので清盛も迷ってしまった。
しかし、義朝の妻、常盤をみて考えを変えた。よし、もらっちゃえ、と。

かくして源平合戦が始まったのである。戦乱の中、常盤は子供を産み、それは鞍馬山に預けられた。彼はそこで貴種として育てられる。そして遮那王と名づけられた。生まれながらにしてアジア地域本部長になる資格を持つ超エリート、義経のことである。
つまり、頼朝より、義経のほうがお種度が高かったのである。

一回目はこれで終わり、第二回、お種ちょうだい、をお楽しみに。(楽しみじゃないか?)
[PR]
by sibanokuni | 2009-06-01 06:36 | 小  説



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧