シバちゃんのため息

<   2009年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

思ったほど・・・・

昨晩は体調不良で早く寝たので、選挙速報を少し見ただけで、今朝はまだ新聞を見ていない。だから選挙結果を十分に調べていない段階でこの記事を書いている。調べるまでもない、思ったより自民党は健闘した。小池百合子も、武部も落としたのに比例で復活するし、森も小泉JRも通っているではないか・・・。
確かに議席数を見れば民主の圧倒的な勝利だが、中身、つまり投票率をよく見ればさすがに自民党の支持基盤は根強いことがわかる。
国民は前回、「郵政民営化にイエスかノーか」を、今回は「政権選択」と、この単純な選択を迫られたわけだが、選択が単純だったわりに4年間は長かった。今回、308議席を確保した民主党は内部分裂でもない限りまず4年間は政権を担当するはずだ。ぼやき専門の私は今日から民主党にぼやくことになるのかな?そうならないことを祈っているが・・・。

それにしても単独で絶対多数を得た民主党が国民新党や社民党、さらには共産党とも連立すると一体どんな政策を打ち出せるのだろう。ただし、国民新党とはかなり広範囲に選挙協力をしているため、郵政民営化を見直さざるを得ないことは間違いない。また、社民や共産が政権に参画することで批判精神がそがれることも予想される。まあ、そのあたり我々は十分に楽しませてもらえそうである。

ちょっと選挙結果を分析する時間がないのでこれ以上書けないな。
まあ、予定通りだったが、思いのほか自民党はがんばったといえるのではないか。田中康夫、鈴木宗男氏が当選したことはまことに喜ばしいが、森元首相を勝たせたことはまったく残念である。くやじい。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-31 06:19 | シバちゃんのため息

文楽は残そう

私は石持ちであります。ちょうど背中の腰のあたりがたまに疼くんですな。ここ数日それがちょっとひどく、昨夜は特に痛く、寝れぬ夜になった。夜中に何度も水を飲み、七転八倒していた。なぜ水を?いや、根拠はないんだけど、他にする事がないし、水を飲めば流れ出るなんて気がしてですがね・・・。それでもいつも間にか寝つき、朝起きたらまったく痛みなし。不思議だけど石のトゲが丸くなったのかな?ありがたい、今日はお仕事だから頑張るぞ!
私の診断では腎臓結石に間違いなく、もう何年もその石と仲良くしている。さすがに今回はややまいったな。医者に行ったの?と誰もが聞くが、実は、私は警察と消防と医者は嫌いなのだ。特に「調べられる」のが嫌いだ。
昔から主治医をしてくれる女医さんとは仲がいいから許すが、それ以外の医者に身体を許す事は?どうにも我慢がならない。私の信念、「人間には持って生まれた自然治癒能力がある」、が腎臓結石に有効なのか定かではないが、もう少しがまんして医者に相談するのは止めておこう。まあ、実のところお医者さんが恐いだけなんだが・・・。

女房のパリは大阪へ文楽を見に行くとかで、昨夜はシバちゃんと二人きり、パリは歌舞伎や文楽が大好きで、亭主が節約して一生懸命貯金してるのに・・・・女というのは気楽でいいやね。
パリが言うには、大阪の、クソ橋下知事は、「歌舞伎は面白いからいいけど、文楽は退屈だ。補助金を減らさねば・・・。」というような発言をしたとか・・・。
クソ知事には文楽の芸術性がお分かりにならないようだ。くだらなさならテレビだって負けていない。自分はタレントとしてくだらない番組で人気を得た事をお忘れか?今に化けの皮がはがれるぞ・・・(どっかで聞いたせりふだが・・・)

文楽というのは、おそらく興行としてはもはや立ち行かず、補助金だけで細々と伝統を受け継いでいるのだろう。パリが見に行く文楽も入場料がたったの1000円だと言っていた(うーん、安い)。しかし、外人から見ると文楽は歌舞伎よりはるかにおもしろいというのだ。なぜなら文楽は人形を操る黒子が顔を見せている、これは世界的にも例のない珍しい構造で、私が苦労して翻訳したYamatoDynastyではシーグレイブ氏は日本の支配構造を文楽に例えている。つまり、日本の支配者は顔を見せている、国民は操られている人形と、それを操る黒子を同時にみて、さらに舞台の裏にはそれらすべてを操る本物の支配者が存在すると言っているのだ。

日本の支配者にとって、文楽が邪魔だとしたら、それは文楽が日本の支配構造を表わしているからに違いない。ちょっと無理かな?

日本には歌舞伎、文楽、能・・・・・など、その根底に潜む由来など、歴史的にも知るべき事はまだまだ多いのである。箱物はもう必要ないが、それらの文化事業に税金をつぎ込むことは無駄ではない。少なくとも漫画博物館よりははるかに有意義だろう。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-30 05:21 | シバちゃんのため息

民主党さん、がんばってね

さあ、いよいよ政権交代の選挙である。小泉憎しのその思いがようやく実を結ぶのだ。まったく長く深い闇の時代であった。どのぐらい自民党が負けるかはもうまもなくのおたのしみである。懸念されたマスコミの誘導もなく、極めて順調な選挙戦であり、幾分気が抜けた感はある。「今回はこれぐらいで勘弁してやる・・・」ってとこかな。っていうか、もともとこのような予定だったのかな。

森、武部、小池、小泉JRはどうなるのか・・・・楽しみ、楽しみ・・・。田中の康夫君は通るのかな?

で、いきなり現実問題として民主党はどうなのだろう。先日の毎日新聞のアンケートによれば、私と民主党の政策一致率は60%ぐらい。まあまあなのか、まったく違うのか?4割も違うのか、6割もおなじなのか・・・、悩むよね。ただ、自民党に対しては30%だったから、たぶん自民党よりはましなのだろう。本当は民主など好きではないが、現在の選挙制度である限りこれしか選択肢がないのだからあとは民主党に託すしかない。

もうすでにネットでは小沢氏に権力が集中するとの危惧が取りざたされている、やれやれ政治も大変だな.。もうすでに民主党が与党となることは織り込み済みなのである。

さて、問題は民主党で景気は回復するのか、我々は幸せになれるのかであるが、私はあいにく悲観的である。というのも民主党に景気がよくなる政策は見当たらないのである。というのも、いまのところ情けない事に景気対策には公共投資以外はないのである。
減税や雇用の改善では間に合わない、とにかく日本中に金を回す事が必要なのである。それには日銀に任せている金融調整を行政の手に渡すしかない。でもおそらくそれはないだろう・・・・・。

さて問題は小泉改悪のおかげで悪化した雇用環境だが、特に非正規雇用というごく最近使われるようになった雇用形態である。基本的にここを変えない限り大多数の低賃金労働者は救われない。即ち、みんなが貧乏なままなのだ。今回自民党が必ず負けるに違いないのはこの年収半減組の怒りの結果なのだ。

しかし、日本の大企業はこの雇用形態を死守したいであろう、なぜならこの仕組みを作るために費やした努力は大変だっただろうから。つまり、日本が国際競争力を保つには全体の賃金を下げるか、大量の海外労働者の受け入れしか方法はないという。この企業の悩みはわからないでもない、解決策はそう簡単には見つからない気がする、が、だからと言って正社員と非正規社員の差をここまで広げる理由にならない。これはある程度平均化が必要なのではないか。

やはり、企業において最低の賃金の人と、トップの社長との給与格差は30倍ぐらいでいいんじゃないか、100倍も200倍も出すのであれば、それは税制で制限するようにすればいい。ただし、その前に株主代表訴訟という法律を改正するべきで、会社は株主のものだという最近の間違った風潮(マスコミが煽っているだけだが・・・)を改める必要がある。
・・・・・考えてみれば、小泉政権はずいぶんと苦労して低賃金の労働者を生み出す努力をしてきたのだ。
ハゲタカファンドだとか、ユダヤ資本だとかいろいろ言われてきたが、ここまでこれば誰が小泉を押してきたのかわかるであろう。財閥であり、大企業であり、トヨタであり、パナソニックではないのか。

民主党が政権をとり、企業による献金を全面的に禁止する、資金集めのパーティーも禁止する。それは結構だ。問題は政治に費やす資金をどこから出すのかである。

私には解けないことばかりである。民主党がいかなる政治を行なおうとしているのか、それほど大きく期待をしているわけではないが、とても楽しみにしている。政党の名前である民主主義は、実はとてもいいものだと実感できるようにして欲しいものである。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-28 20:46 | シバちゃんのため息

ブログを書かせていただいてもよろしいでしょうか。

昨夜NHKを見ていたら、ある大学の研究生に対しNHKのアナウンサーが「それではもう一度見せていただいてもよろしいでしょうか?・・・・」と。
ん?なんか違和感を覚えるな・・・・、「もう一度見せていただけますか?」でいいんじゃないのかな。

そういえば先日損害保険の担当者から、「今お時間をいただいてもよろしいでしょうか?」と聞かれた。今の時代、この言い方が標準的になっているのだろうか。

私の店でうちの女の子が、コーヒー持ち帰りのお客様に対し、「袋にお入れしてもよろしいでしょうか?」って聞いていたから、私は、「袋にお入れしますか?」で十分で、むしろ「このままでよろしいですか?」でもいいと伝えた。
私が店番だったら袋を見せ、「入れます?」で済ますけど・・・・手抜きしすぎ?

以前、パソコンを替えたときネットがつながらなくなった時、モデムのメーカーに電話した。実に丁寧な対応で文句はない。ただ、「それでは、スタートをクリックしていただいてよろしいでしょうか。」「はい、クリックしたよ。」、「それではファイル名を指定してプログラムを実行するというところがございますが、お分かりいただけますでしょうか。」、「うん、あるよ」、「それではお手数ですが、そこへなんたらEXEと入力していただいてよろしいでしょうか?」・・・・・云々。

まあ、丁寧はいいけど、せっかちな僕にとってはまどろっこしいんだよね。
「スタートをクリックしてください。」「はいよ」「ファイル名を指定してってのがありますが、わかります?」
「うん、わかるよ。」「でしたらそこに・・・・・」、でいいと思うのだが。

さすがに最近コンビニで「1000円からお預かりいたします。」とは言われなくなったけど、最近のお店や電話の対応はあまりにもマニュアル的で、逆にため口とのギャップがありすぎだ。
河村たかしの名古屋弁が有名だ、人によってはあんなの名古屋弁じゃない、品が悪すぎると言う声も聞くが、名古屋で60年近く生活している我々が証言する、「彼の名古屋弁はよー、いっつも我々が普段使っとる名古屋弁そのものだがや。」、だから名古屋の人は彼に対し親しみを覚えるし、となりにいるおっさんのような気がするのである。

話題を変えて、インフルエンザワクチンの優先投与の問題であります。

この秋、なぜか新型インフルエンザ大流行、まさに人類の危機であります。ぜひとも私のような庶民は後回しで結構でございます。
ぜひとも日本になくてはならない重要な人々に優先して投与をお願いします。
とりあえず、皇室、そして高級官僚、日銀、その次に国会議員、警察、自衛隊、在日アメリカ軍・・・・そんな優先順序でお願いしたいものです。
妊婦、幼児?大丈夫です、免疫力がありますから、どうぞ国民に遠慮なさらずに先にお試しください。
なんなら薬品メーカーの方こそ真っ先に輸入品をお使いください。
私たちは最後でいいですので・・・・・。できましたら枡添さん、あんたが一番に輸入ワクチンを投与しろよ。
あんた妊婦に輸入ワクチンを投与して責任がもてるのか・・・・。ですから・・・私はいらないのです。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-28 09:11 | シバちゃんのため息

誰にも理解できない捏造の歴史

古代史の解明が私のライフワークであります。が、最近はまったく進んでいません。なぜなら、あまりにも私の仮説が画期的で、証明するような資料が何も出てこないからです。一応、今の時点で私が想像する古代史を発表します。真剣に読んでくださいね。なかなか納得できないと思うけど、何年も研究してきたことのすべてなのです。

645年、有名な大化の改新の年であります。唐の李世民は高句麗の将軍、淵蓋蘇文に遼東で敗れ、長安まで追い詰められた末、遂に城下の礼を取らされた。これはおそらく間違いがない。
そこから則天武后が周を建国するまで淵蓋蘇文は唐と高句麗の両方を支配したと考えます。つまり事実上、唐と高句麗の皇帝は淵になったと言う事です。
則天が周を建国するのは690年、それから則天が死に、再び唐という国名に復活するのが705年。なぜ国名が変わったのか。その説明はされないが、その意味を読み取るのが歴史家の仕事であろう。

古代史の一番の謎がこの645年から705年に凝縮されています。私はすべてのウソはここで起きた事実のすべてを抹殺するために行われたと考えるのです。
これは日本、中国、朝鮮、全員が関わる壮大な捏造の歴史です。この60年にわたる時代を解き明かさない事には古代史は絶対に完結できません。中国の旧唐書、朝鮮の三国史記、日本の書記、すべていかさまです。

淵は唐を支配すると同時に高句麗の王族を追放し唐に編入します。そして現在の吉林省にあった新羅(シンラ)を亡ぼします。もともと新羅(シンラ)と高句麗(こま)は親子の関係で、ともに白頭山の檀君神話を祀った同族です。当時、倭国は現在の北朝鮮にあり、百済は遼東半島にあったものと思います。倭国は淵と戦う主戦派と和平を望む保守派に分裂し、主戦派は追放され九州・大宰府へ逃げます。逃げた倭国の指導者は大宰府を占領し日本を建国します。
淵に対抗するために残った倭人は淵に降伏し、なんと国の名前を新羅(しらぎ)とします。さて、淵に追い出された高句麗の残党と、もとの新羅(シンラ)の残党は北へ逃れ、大祚栄を中心として渤海を起します。
淵蓋蘇文が死ぬのは666年?と言われ、淵が死ぬと同時に唐の支配体制は崩壊、朝鮮支配は放棄され唐は戦乱につつまれます。

一番注意を要するのは淵蓋蘇文は突厥とつるんでいたと言う事で、即ち彼は匈奴族もしくはソグド人であり、彼等は元の倭国を降伏させ新羅と改名したのち、そのまま日本へ侵攻します。

ややこしいのは日本書紀に描かれている天智、天武の時代で、現在の北朝鮮地域にあった倭国が九州へ上陸し日本を占領するまでの出来事が倭国側と、攻められる九州側の両側から描いた可能性があるということ。
さらにややこしいのは、書記に唐と書かれていても淵の支配した唐と李氏時代のの唐があり、新羅もシンラとシラギとがあるということです。従って、書記に出てくる唐の軍人はおそらく高句麗人のことである。当時の中国には日本まで来る力はなく、日本へ攻め込んできたのは匈奴、すなわち突厥であり、重要な事は彼等は仏教徒だったということです。

当時の九州は多羅諸国といわれ、伽耶、安羅などが海峡を挟んで存在していたと考えられる。彼等は徐々に倭国の侵略を受け、磐井の乱のころに倭国に占領されていたと考えます。占領される以前は、おそらく中国の南朝との交流が盛んで、道教や南朝仏教が伝わっていたと思われます。

白村江の戦い(663年)は遼東の百済が唐、つまり淵蓋蘇文の唐に攻められ倭国へ亡命した事件だっただろう。つまり、白村江とは鴨緑江だったのである。
九州へ上陸した天智天皇は半島から攻め込んでくる淵の部隊に追われ亡ぼされる。壬申の乱(672年)。
一方、淵、即ち天武はおそらく九州で亡くなっている。淵が天武であるなら淵の死亡した年は672年以降にならねばならないが、それは今のところ不明である。日本書紀には本家の三国史記にすら載っていない淵の遺言が載る、その遺言と毛利家の三本の矢の話が妙に一致するのが不思議である。
書記に描かれる持統天皇が実在したかは疑問だが、この時代に九州から奈良へ侵攻し、藤原京を造営したと考える。戦った相手は伊勢神宮であろう。
法隆寺は移築されたという事実は九州から奈良へ政権が移った事を証明する。700年前後であろう。

さあ、こまった。これで理解できる人は天才でしょう。あまりのスケールの大きな話なので、どのように説明すればわかってもらえるのか自分でもわからない。
私がここまで考えたのは関係する全員が、つまり、中国、朝鮮、日本が歴史を捏造しなければならないほどの理由はなんだろうと考えたからで、このぐらいの事があったと考えなければ説明できないのである。

中国としては唐が亡ぼされ、城下の礼を取らされた事はどうしても隠したい。朝鮮にしても、日本へ逃げた倭国の存在は消したい。日本も、もともと半島にいた倭国が侵略して作った国である事はどうしても隠したい。
みんなでウソをつけばいいじゃないか、となったのであろう。

ここで一番問題なのは、これらの仮説を証明するものは何もないと言う事なのである。なぜなら日本軍が朝鮮併合の折、遺跡や古墳、そして重要文書をすべて日本へ持ち帰ったからである。さらに、中国も現在の遼寧省、吉林省に残る重要遺跡を公開しようとしない。さらには鴨緑江周辺の古墳はダム建設のため多くは水没する運命なのである。また、元の倭国の地、北朝鮮はご承知の通り日本人が自由に出入りできない。
つまり、皆がぐるになって過去の歴史を明らかにさせないようにしている。
なぜなら、すべてが明らかになると三国とも大変に困るからである。北朝鮮問題がなかなか進展しないのはひとえにこのことがあるからなのだ。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-27 09:21 | マヨちゃんの古代史

あなたに最適な党は?

昨日女房が、「ねえ、ねえ、どの政党があなたにぴったりかわかるらしいよ。」という。
「マヨちゃんはアナキーだからどことも一致しないって・・・。でも、どうやるの?」
「ここ、ここ、毎日ボートマッチって言うんだよ。」

 <毎日ボートマッチ・えらぼーと>

 インターネットで衆院選の各政党・候補者の考えを知るサービス「毎日ボートマッチ(えらぼーと)」は19日正午、本格運用を始める。毎日新聞が実施した候補者アンケートと同じ質問に答えることで、自分と各政党、候補者の答えがどれだけ一致しているかが分かる仕組みで、07年参院選では約40万人が利用した。

質問は20問で、候補者の答えと自分とを比較するのだそうだ。

簡単な作業なのでぜひ皆さんもお試しあれ、ただし、温暖化とか、核装備とか、いくつかの設問自体に?なところはある。
結論から言うと、私、マヨちゃんは共産党と社民党が一番近く、それぞれ76%、75%でした。次が新党日本の62%、さすがに自民党は32%。だめだこりゃあ、自民党とは永遠に仲良くなれないようだ。

つまり、正統派右翼と思っている私は思いっきり左翼だという事みたい。(やっぱし!)
しかし、共産党に投票したことは一度もない。なんだろうね、心底信じていないんだろうな。やはり何でも反対の社会党が一番よかった。

ついでに今評判の「クチコミ@総選挙2009」は笑える。
この分析が正しいかは不明だが、小選挙区だけで民主党は250議席以上を獲得し、自民は40議席にもならない。比例区については分析していないが、いずれにしても大変なことになっている。
自民党の年寄り連中はみんな引退で、折からの世襲批判から次の選挙までに自民党もビックリするほど若返る可能性が高い。よくも悪くもチェンジなのである。
もはや議員の主力は40代に移行しつつある。彼等バブル世代は世に出るころはちやほやされ、折からの好景気でスキーにゴルフに高級車に大散財し、ついには婚期を逃した人たちである。
考えてみればかわいそうな世代である。もう我々アラカンのことはほっといて、自分たちの思うままの時代を築いてくださいな。私たちはもうあきらめてますから・・・・。

昨日のブログについて一言。実は日蓮の話をアップした後、ちょっと考え込み、修正しているうちに収拾がつかなくなり、記事をボツにしようとしたところ、コメントをいただいていたため再度復活。という事で、昨日は無理やり二本の記事をアップすることになりました。

何を悩んだかと言うと、要はジンギスカンが義経であると言う前提で書くなら実に謎解きは簡単で、日蓮がモンゴルとつながっていると結論がだせる。しかし、仮説の上に仮説を重ねることは避けたほうが良いという判断が働き、その部分を修正しようとしたのだが、なかなか頭が悪いので落としどころがなくなってしまったしだいであります。
削除したなかに、陸軍の幹部には日蓮宗に陶酔した連中が多く、石原莞爾、北一輝、血盟団の井上日召などが挙げられる、と書いてありました。
井沢元彦氏の「逆説の日本史」第六巻(鎌倉仏教と元寇の謎)に、「寺内大吉氏が、そもそも「化城の日本史」を書こうとしたきっかけは、満州国建国のために日本の軍人と満州人が集まって建国会議をひらいた時の写真を見たことだ。その写真には、日本の国旗も清朝の旗もないのに、ただひとつ、「南無妙法蓮華経」と書かれた例の「ヒゲ文字」の旗が掲げられていた。それを不信に思ったのが、そもそものきっかけだったという。」と書かれている。

本音をいうと、私は満州という地域と日蓮には重大な関連があると思うが、仮設と仮説を積み重ねるのを避けるとなると、これはまだ言える時期ではないのだろう。

私は井沢さんとはまったく歴史観を共有しないが、なぜかかれの逆説シリーズは全巻読んでいる。なぜかな?確かに読みやすいからかな。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-26 06:23 | シバちゃんのため息

今日のぼやき・・・

今日は朝ブログをアップしたが、どうにもうまくない。そこでとりあえず没とし、改めてちがう記事を書くことにします。

月刊日本の最新号が来た。先月号に引き続き、鈴木宗男さんが元気である。先月号では例の櫻井よし子を切り捨て、今月号ではあのゴーマンな小林よしのりを批判している。いずれにしても宗男氏の主張は一貫しているので小林氏も反論は出来ないだろう。山崎行太郎さんの書評でも偶然小林氏の批判が載っているが、正統派右翼はこうでなくてはね。

山浦さんが米英のイスラエル離れと言う記事を書いていた。詳しくは本を買っていただくとして、どうもイスラエルは捨てられそうな雲行きだな。というか、アメリカはイラク戦争やアフガン戦争、そして金融危機などで、もうすっかり金庫が空になり、ユダヤさんももはやアメリカから奪うべきものがなくなったのではないだろうか。
世界帝国の英国を第二次大戦で食いつぶし、世界帝国アメリカを戦後の60年間で食いつぶした。では今後どこの資産を食い潰すかといえば中国しかないではないか。
では、どのようにして食いつぶすかと言うと、北朝鮮の脅威とウイグルの脅威、そしてチベットであろう。さらにはそのバックにいるロシアと対峙させることで今一度冷戦を演出することにするのか・・・・。
どんなシナリオなのかは私には想像も出来ないが、中国を取り囲むイスラム諸国が中国を圧迫することで、当分戦争の危険は事欠かないことだろうよ。中国も大変だ。

ところで、月刊日本に丹羽春喜氏の「政府貨幣発行特権を発動せよ!」との寄稿がある。打出の小槌などと言うから非難されるんで、紙幣発行権が基本的な国の権利であることを知らない国民が多いのである。なぜ本気になって議論しないのか不思議である。私たち金融のアマチュアがとやかく言うより、きっちりと国会で議論すべきだろう。民主党にせよ共産党にせよそれを主張しないのは、やはりバックにやばいものを感じるからで、痴漢にされたりビルから飛び降り自殺するのが怖いのだろう。日本が法治国家であり、言論の自由が保証されているというのが信じれないのはそのあたりにあるのだ。
どうして選挙で選ばれたわけでもない日銀の職員が日本の景気を左右するのか、その簡単な疑問ぐらい教えてくれてもいいだろう。憲法には行政権は内閣に属するとある、だったら通貨の発行は行政の仕事であろう。国債の発行はプラマイゼロであり、景気は良くならない。郵政銀行を国営に戻し、国民金融資産を準備金とした新しい通貨を発行すればいい。郵便貯金は国家保証をつけ、限度額をなくすべきだ。国民は安心して貯蓄に励み、国はそれを準備金に好きなだけ公共投資をするが良い。
政治家に任すとろくなことがないというなら日銀に任したらどうなったかをみてみろ。政治家は落選することもある、日銀は選挙がないじゃないか。責任を取らない人に仕事を任せるわけにはいかないだろう。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-25 15:33 | シバちゃんのため息

日蓮と王仁三郎

実は出来が悪いので削除しようと思った記事なのですが、コメントが入っていたため削除できなくなり、適当に修正して再度アップします。

さて、このブログでは何回も大本教を取り上げてきたが、結論からいうと、出口王仁三郎を大江山系霊媒衆と考えるようにした。彼等大本教の活動はアジアの平和を守るためアジアワンワールドを作り上げようとする、悪い言い方をするならペテンであり、良い言い方をするなら方便だったのである。
出口なおが突然神がかり、一種の予言を言い出したのは、大江山衆や玄洋社が世界中から集まる情報で、ヨーロッパの支配者達の思惑をすべて知り尽くしていたからである。つまり、ヨーロッパ連合のアジア戦略に対抗するには、アジアが日本を中心としてひとつにまとまるしか方法はないと考えたのだ。目的は手段を正当化するのである。さらに、その正当性は明治天皇の落としだねと言われる堀川辰吉郎を頭にすえることにより揺るぎのないものとなっていた。
その正当性が単なる侵略戦争に成り下がった原因は、裕仁の皇太子時代の西欧訪問にあったことはこのブログをお読みの諸君は十分承知されていると思う。
え?知らない、こまったな・・・・。簡単に言っておきましょう。取り込まれたのである。英国に・・・・。

さて、今日の本題はそれではなく、日蓮であります。
日蓮が立正安国論を時の実力者、北条時頼に提出したのは1260年で、そのときに、邪教を追放しなければ外国から侵略を受けると予言した。つまり、法華経以外は邪教だと言ったのである。
そして1274年、本当に蒙古が襲来するのである。こんな偶然がおきるだろうか。
この日蓮の予言をペテンだと言った人は今まで聞かない、なぜなら蒙古の襲来は現実に起きたのだから。ただし、日蓮の予言とは相違し、蒙古の襲撃は失敗に終わり、がっかりした?日蓮はその後病に倒れる。しかし、この蒙古襲来の影響で北条政権は徐々に勢力を失ってゆく。

問題は日蓮がなぜ蒙古襲来を予言できたかにつきる。一人の僧侶のできることではない。本当に予言なら素直に驚くにして、予言でなく予告だったら誰が日蓮にそれを教えたかである。
歴史は繰り返す。私の考えは、歴史において偶然おきることはめったにないのである。日蓮と出口王仁三郎が国難を前に立ち上がったのは偶然ではなく、大きな役割があったので立ち上がったと思うのである。

長くなったので、今日はここまで。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-25 06:20 | マヨちゃんの陰謀論

百済王、善光?

昨日は朝から区役所へ出かけ、期日前投票を済ませてきた。手続きはまあ簡単、でもさすがに職員は慎重で、はがきを確認し、間違いのないよう何回もチェックしていた。あたりまえか・・・。初めてだから驚いたが、投票場はかなり混雑していた。この制度のおかげで今まで投票にいけなかった人の多くが投票できるようになったことは実に良いことである。
とりあえず、最高裁の判事に対する信任投票は近藤氏以外に全部Xをつけてきたことを報告します。小選挙区は当選確実な民主党へ、そして比例区は康夫ちゃんの「日本」に入れてきました。

さて、昨日は長野の善光寺の秘密を書いた。あまり反響はないが、実は私にとっては結構大きな成果なのであります。消滅した百済王家の遺児、善光の名前がつく寺院であり、めまぐるしく所有者が変わったご本尊、まるで中国の三国志で描かれる皇帝の玉邇の奪い合いのようではないか。

古代イスラエル部族と考えられる三井寺が管理していた善光寺のご本尊が、最終的に徳川幕府の闇の支配者、天台宗の天海に支配されるところに歴史のロマンを感じるのは私だけだろうか。
また、百済の聖明王が欽明天皇に仏像を送ったと言われるが、私は欽明朝が一体どこにあったのかは確認できていない。また、その秘仏自体を見た人はいないので、それが真実とは限らない。そう簡単に日本の歴史を認めるわけにはいかないのだ。秘仏が善光寺に存在し、権力者が争ってそれを手に入れたがったこと、そしてその秘仏がなぜか善光という百済王の名の付くお寺にあるという事、これだけは間違いのない事実である。これを従来の歴史以外の解釈で読み解くのである。そんなに小さな話ではないことをご理解いただきたい。

さて、話は突然変わり、日野強という人をご存知だろうか、この人のことを昨日、栗原茂氏のレポートを読んではじめて知り、あわてて調べだしたのだが、日本の歴史は恐ろしい、たどっていくと例の日本の悪女の代表格、日野富子あたりまでたどらなければならないようである。これは室町時代である。戦争前の大本教を調べるのに、なんと応仁の乱以前まで視野に入れねばならないとなると、これは日本史のハードルはまことに高いものがある。

知らなかったではすまないほどこの日野家と言うのはすごい。もともと藤原家の出で、親鸞や本願寺大谷家、さらには柳原家なども同族なのだと言う。やれやれ・・・・・。ひもがもつれてしまった。

たまに自分が何を調べているのかわからなくなるときがあるが、何でもいいから調べていくことも必要で、思わぬところから思いもよらないヒントが飛び出してくる。

そんなことを考えながら古代史や現代史、さらには室町時代と時代をあっちこっち飛び回っている今日この頃です、皆さんはいかがお過ごしでしょう。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-24 06:30 | マヨちゃんの古代史

善光寺の秘仏とは・・・

善光寺という有名なお寺が長野県にある。
不思議な事にここは天台宗と浄土宗の二つの異なる宗派が並立している。まあ、よほど大事なお寺なのだろうと考えるが、問題は何がそれほど大事なのだろう。少し歴史をさかのぼりながらそのあたりを考察してみよう。

善光寺は平安末期から天台宗の寺門派(三井寺)の支配下にあった。そして鎌倉から戦国時代まで三井寺の一院である聖護院の支配下になるとともに、浄土宗、真宗、時宗などもその人気を利用するため寺内に僧団も出来ていたという。
しかし、戦国時代、武田信玄と上杉謙信との川中島の戦いの際、寺宝が甲府および春日山に移された。本尊は1555年、信玄が信濃国小県郡に移し、1558年甲府に建てられた善光寺に移された。1582年、武田が滅び、本尊は信長により岐阜に移される。その信長が光秀に殺され、家康は1583年、本尊を浜松経由で甲府善光寺に移したのである。
ところが1597年、豊臣秀吉の命で京都の方広寺に移された。ところがその秀吉は1598年、死に臨み本尊、善光寺如来を信濃に返す事にしたという。
まあ、ここまで読むと数奇な運命なご本尊なのだと思われるだろうが、たまたまwikiで善光寺を調べてみて驚いたのである。
まず本尊について、「本堂の中の「瑠璃壇」と呼ばれる部屋に、絶対秘仏の本尊が厨子に入れられて安置と伝えられている。その本尊は善光寺式阿弥陀三尊の元となった阿弥陀三尊像で、その姿は寺の住職ですら目にすることはできない。」とある、さらに、「善光寺の本尊である秘仏、「善光寺式阿弥陀三尊」は、欽明天皇の時代552年に百済の聖明王から献呈されたものとされ、紆余曲折を経て推古天皇の命により本田(本多)善光の手で初め飯田市に、次いで現在地に遷座したと伝えられる。「善光寺」の名はこの本田善光の名から付けられたと伝えられ、また初めに遷座したとされる場所には元善光寺が現在も残っている。」

なるほどね、大事なはずである。百済の聖明王ですよ・・・・・。私の妄想ではこの本尊様に日本成立の秘密が隠されていると見る。

さて、その後、幕府を支配した天海は善光寺の大歓進と大本願との内紛に乗じ、自分の建立した東叡山の支配下に置いたという。

「善光寺本堂に安置される御本尊一光三尊阿弥陀如来は、白雉5年(654)以来の秘仏。その後、鎌倉時代に御本尊の御身代わりとして前立本尊が造られ、拝されるようになりました。
前立本尊は、ひとつの光背の中央に阿弥陀如来、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩が並ぶ、善光寺独特の一光三尊阿弥陀如来のお姿をされています。普段は御宝庫に安置されていますが、七年に一度の御開帳の時だけ、特別にお姿を拝むことが叶います。」

七年にいちど、「うちのお寺には大変に重要な物があるのですよ。」と世間に披露する。これは一種の恐喝ですな。

住職ですら見ることの出来ない本尊の秘密とはなんなのか・・・・それはヒ・ミ・ツ・・・じゃあ怒るよね。
おそらく百済の聖明王が発行した「日本支配許可書」みたいなものではないだろうか。この書面を見れば日本の皇統の正当性が揺らぐ可能性があるのだろう。まあ、だれも見たことないのだから皆さん勝手に想像してください。

私の結論を言いましょう。日本の支配者の一角に今でも天台宗が座っている理由があるとしたらこれなのだと。
[PR]
by sibanokuni | 2009-08-23 06:13 | マヨちゃんの古代史



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧