シバちゃんのため息

某有名人の著書にのったの?

某有名人の著書に「あるカフェのオーナーがGoldwarriorsの翻訳をされ、ネットで公開している。」と書いてあるそうだ。現物を見ていないので確認していないが、そういえば毎日のようにダウンロードさせて欲しいとの依頼が来るところをみるとそれは事実のようだ。もともとそれらの翻訳を紹介する目的でホームページを立ち上げたのだが、肝心の本人はもはやその本の内容を忘れつつある。良い勉強をしたと思うが、もはや私にとっては過去のことである。人間は絶えず動くのだ。

確かにシーグレイブ氏の本を読んでいる頃はすっかり彼に洗脳され、反天皇の立場で物事を見ていた気がする。シーグレイプ氏の観察は鋭く、また日本人がほとんど知らないようなことをたくさん知っていた。ただし、ひとつの出来事に対し真実がひとつではないと言うのも事実なのである。シーグレイプ氏の立場から見て真実であろうとも、逆から見るとまったく事実と異なることはいくらでもあることなのだ。私は戦争というのが八百長であると思っている、しかし、シーグレイプ氏はそれを知っているのに書いていないことだけは断言しておく。それはシーグレイブ氏が英国のことをほとんど書かないことで証明される。日本はアメリカと戦ったことは事実かもしれないが、それはほんの一部でしかない。

確かにアジア各地で略奪を働き、それをフィリッピンに隠匿した。戦後それらを掘り返し復興の資金に利用したことは間違いないことである。これは犯罪である。しかし、その略奪された財宝は人民に麻薬を売り、あるいは賭博で稼いだようなブラックな組織の金だったとしたら、犯罪者から金を奪ったことになるのだから、それは犯罪に当たるのかどうか?
日本軍は戦争になる前から商社の人間などを派遣し、アジアで暗躍している華僑の秘密組織を綿密に調べたのである。彼らは略奪されても誰も同情されなかったのではないか、むしろ現地の住民は進んで略奪に協力したという話もあるのだ。確かに多くが殺されたのかもしれないが、略奪された金を返せという訴えはあまり聞いた事がない。つまり、彼等は言えた義理じゃないのである。
いずれにしても、日本の皇室は第二次大戦で驚異的な金を稼いだことは間違いない。そしてそれらは間違いなく日本を豊かにし、現在の日本が在るのもまさにそのおかげである。原爆は尊い犠牲であった。
一番の問題は、多くの国民の犠牲を強いたその張本人達がそのまま戦後も政権の座に居座ったことなのだ。
昭和天皇の戦争責任を問う声がある、言うまでもなく天皇は日本の総責任者だったのだから、責任は免れまい。本来は退位するべきだったろうが、本人も回りもそれを望まなかった。
これは私の想像だが、昭和天皇は即位すると同時に「ある部族」に政権をゆだねたのである。その政権は戦争を開始し、そして負けた。普通であるなら責任を取って政権を明け渡すべきである。しかし、彼らは居座り、昭和天皇もあえてそれらを排除しなかった。そして平成になり、新しい天皇は父親がやり残したこと、即ち政権を取り替えることを決断する。しかし、戦後50年以上も日本を操っていた部族は簡単には政権を手放そうとしない。そして政権を交代させるためには二十年の長い歳月が必要だったのである。

このことが私が正統派右翼になってみようかと思った動機なのである。私は平成になって二十年間、いいことは何もなかったと考えている。そのうらみつらみが反天皇の思想につながっている。そして小泉政権は私にとっては発狂するほど腹立たしいものであった。さすがの国民も前回の総選挙では今まで自民党しか投票したことのない人までが民主党を選択した。一般的には国民が自民党を嫌い、民主党を選んだと伝えられるが、それは表面的な物の見方である。
現実には日本の最高ランクのご意向が働いたのである。しかし表向き、その方は政治に関与することは禁じられている。したがって表には出ず、ごくごく民主的な方法に見せて政権交代をさせたのである。世の中に偶然起きる事は少ないのだから、政権交代が偶然に起きる訳はないのである。国民は気がつかないだけでもうすでに勝負は決まっているのだ。

心配しなくても次の選挙で自民党は単なる小さな野党になってしまうだろう。問題は今回政権を担当する「部族」が誰で、どのような考え方をしているかである。残念ながらそれは私にはかすかにしかわからない。ただ、この流れは世界的規模で行なわれる気がしている。侮ってはいけない、日本の天皇は恐ろしいのだぞ!

鬼塚氏の八百長金融危機ではないが、世界規模で行なわれた金融戦争は、確かに表向き金融資本家が勝利したように伝えられる。しかし、彼らもまた将棋の駒であり、本当のご主人様の指令で動くだけで、誰も本当のご主人様を知らないのだ。今、ドルもユーロもガタガタである。すでに世界の金融の中心は日本と中国が握っているのだ。では、そうだとしたらこの時点で誰が勝利者なのだ?
私は二十年間苦しんできた。しかし、日本は世界規模で見えない戦争を戦ってきたようである。私はそれが正義の戦いだとするなら正統派右翼でいよう。しかし、単なる覇道にすぎないのなら再び左翼になる。この答えは参議院選が終わり、まさに民主党がやりたいことができるようになったときに明らかになるのではないか。
期待と不安を持ってその日を待っているのである。閉じ込められた神が動き出したといったのはまゆみさんだが、その神さまの言葉を教えましょう。「もう君たちの思い通りにはさせないぞ。」である。

そんなに天皇に力があるわけがないという人も多いと思うが、それはその日が来ればわかることで、来なければ永遠にわからないだけである。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-05-11 05:59 | シバちゃんのため息

万葉集と韓国語

久しぶりに「マヨのぼやき」にコメントが入っていた。内容は・・・・「万葉集が朝鮮語で書かれているということは。朝鮮語の表記が漢字を使って可能であると述べていらしゃると理解するのですが、現代の日本語が、万葉仮名使って表現できるように、現代朝鮮語は、漢字を使って表記できるのでしょうか。
過去現代を含めて、朝鮮語を漢字で表記した、万葉集以外に古本書、現代文はあるのですか。
また万葉集から、その時代の朝鮮語の文法を抽出して、万葉集のような文を現代人が、創作できるのではないかと思います。
わたしの理解では、漢字での朝鮮語表記が出来なかったので、ハングル文字を
工夫したと思っているのですが---。」
窪田さん、コメントありがとうございます。久しぶりに万葉集の話を思い出し、コメントの返事の代わりにこちらに記事を書きます。

さて、万葉集を韓国語で読むといっただけで感情的に受け付けない人は多い。彼等は天皇が韓半島からやってきたという考えを完全に否定している人たちである。つまり、そんなことはあってはならないと考えているのです。彼らは韓半島と口に出すだけで怒り出すのだから話にもならない。結論ありきでは学問は進みませんよね。

私は天皇が韓半島からやってきたという考えだけでなく、色々なルートを考えている。つまり、古代の日本には多くの王朝があったので、必ずしも天皇が韓半島からやってきたと限定する必要もないのではないかと思うのだ。(要は万系一世ではないと言っているのだが・・・ )

さて、コメントにもどると、私は万葉集が韓国語で書かれているというのではなく、日本語と韓国語の両方を知るものが、暗号文として、つまり、日本成立の真実を後世に伝えるために高度なテクニックを使って書き残したものだと思っている。もちろん全部ではなく、何人かに限ってであろうが。

つまり、天智から天武にかけて日本が成立したわけだが、その後、持統天皇から桓武に至るまでに何度も政権が変わって行く。、天智朝、天武朝で活躍したいわゆる渡来系の官使達は徐々に中枢から遠ざけられるようになり、自分たちの知る真実をどこかに残す必要が出てきた。それが万葉集の中に隠されたのだ。つまり、古事記、日本書紀のうそを万葉集の暗号を使うことで解読すると言う役目があるのである。

短い和歌の字数の中で五文字も使った先頭の文字を枕詞とされるが、日本語では意味がなくても韓国語なら意味が読めると聞けば、誰でも信じたくなるではないか。といって、私は韓国語で万葉集を読むという本を何冊か読んだものの、自分では検証が不能で、すべてを信じることは断念している。ただ、古代史の謎を解く段階で利用できるものは利用してゆこうというスタンスである。

古代の朝鮮に文字が存在したかは謎である。しかし朝鮮語というしゃべり言葉は間違いなくあった。しかし文字として最初に漢字が導入され、公文書はすべて漢文で表現された。したがって、官僚機構として公文書には漢文を、話し言葉では朝鮮語を使っていたものと想像する。つまり、漢字の音を使って朝鮮語が書かれた可能性はないわけではないが、なにより中華思想が尊重される中で、それらはまったく保存される事はなかったのだろう。
私の想像では、朝鮮人が漢字の音を利用して歌った詩は百済の王朝が日本へ逃れる時に日本へ持ち去ったのではないかと考えている。
朝鮮語はウラル・アルタイ語系で日本と同じ語順だったので、漢字のような表意文字ではそのまましゃべれなかったのである。そして中国の勢力が弱りつつあるころ、ようやく国威発揚のために自国の文字を使用することにしたのである。つまり、言葉はあったのであり、記号としての文字を当てはめただけなのである。
私はあいにくハングルはまったく読めないので、カタカナ、ひらがなとの比較は出来ないが、日本語の持つカタカナは外来語に、ひらがなは和語、そして表意文字として漢字も利用するというアイディアはまことにすばらしいものだと感じている。逆にそれがむずかしいのだが・・・・。
先ほど私は万葉集を韓国語で読むという考え方を断念したと述べたが、逆に、古代史でわかったことと韓国語で読んだ結論とすり合わせることで、その仮説が正しいかどうかを確かめるしかないと思っている。

加治木さんの言語学も同じだが、それらの学問は参考に出来ても前提には出来ないのである。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-05-10 06:24 | マヨちゃんの古代史

銀行へ行った事がないマヨちゃん

ようやく♪超録 - パソコン長時間録音機 プロフェッショナル版 ver 1.28A ライセンスキーというのが手に入った。フリーウエアーとして試してみたが、今まで知っている中で抜群の使いやすさなのだ。もちろん利用法によりかわるのだろうが、私はいちばん気にいった。

ところがこのソフト、フリー版では二時間以上の連続録音ができない。つまり、超録のメリットは長時間録音なのだから料金を払って制限をはずしてもらうしかない。
代金は¥2980で、高からず、安からず・・・・かな?問題はクレジット番号を入れれば簡単なのだ、振込みの場合、振込み料はもちろん、手数料もかかってくる。クレジット番号を知らない相手に打ち込むのはなにか不安を覚えるのでめったに使わない。で、このプログラムの購入はイーバンクが指定されていた。まずお客さま番号と振り込み番号をもらい、個人の口座がある三菱UFJから振り込む事にした。といっても、自慢ではないが、私は銀行の窓口へはここ40年行ったことがない。ましてや振込機や預入機など触った事がない。早い話、暗証番号も知らないし、キャッシュカードも持ったことがない。つまり、私の場合、銀行とはパリちゃんのことなのだ。「おい、金!」、「おい、振込み」・・・・これで全部済ませてきた。通常業務としての振込みは会社のパソコンで出来るが、個人のお金は銀行へ行くしかない。で、パリが銀行へ行って来たが振込先の銀行がないという。おまけに連休明けで銀行は長蛇の列だったそうだ。あきらめて帰ってきて調べてみると、なんとイー・バンクは今月から楽天銀行に変わったのだそうだ。結局、会社の口座からパソコンで振り込むことにして何とか完了。2980円に手数料400円、さらに振り込み料525円。合計3905円なり。なんか高いものになった気がする名・・・。クレジットなら2980円ですむのに、なんかすっごく馬鹿みたい。

昨晩ようやく先方から振込みの確認が来て、制限を取り除くID番号とパスワードが送られてきてようやくすべてが完了した。とにかくネットの銀行というのがよく分からない。
女房のパリいわく、「郵便局の振込みが一番簡単よ、銀行の振込み料は高すぎる、」
だそうで、今回使われたPINO.TO決済システムというのはユーザーにとっては非常に面倒で、かつ高負担ではないのかな。

ついでに、超録というソフトは現在の最新バージョンは1.28Aで、
http://pino.to/choroku/
をご覧下さい。フリー版でも使い方によって結構楽しめますよ。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-05-09 08:08 | シバちゃんのため息

よくない事はよくないのではないか

高速増殖炉「もんじゅ」が14年ぶりに再開されたそうである。もんじゅとは「一般的な原子炉である軽水炉で使ったウラン燃料の“燃え残り”を再処理したプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使用。高速で中性子をプルトニウムに衝突させて核分裂を引き起こすとともに、そこから発生した中性子がウランに衝突しプルトニウムに変化させるというウランの有効利用を図る技術だ。」・・・だそうである。
聞けば聞くほど資源の乏しい日本には最適な、いわば理想の原子炉ではないか。

私は左翼の皆さんのように原子力だからといって、なにが何でも反対するほど物分りが悪いお父さんではないのだ。そんなに良いシステムならぜひ賛成すべきではないか?
もちろん前提さえ満たしてもらえるならであるが・・・・もちろん、きまってるよね。
安全性が確保されるなら、である。

どんな工場でも色々なリスクがある。火力発電所であろうが、製鉄所であろうが、化学プラントであろうと、事故は起きる。いくら安全装置を増やしたところで、事故は避けられないのである。もし原子力発電所に事故が起きた場合、それがどのような被害をもたらすものか、我々はどれほど説明を受けているだろう。安全ですといわれ、はいそうですかと納得できるわけはない。考えうる最悪のシナリオを描いた場合このようになります、という説明がされ、しかもそれが周辺にそれほどの影響が及ばないなら、そしてさらに放射性の廃棄物に関する将来的な見通しがあるとしたら私は認めてもいいのかなと思うのである。ただし、現実にそれらは、つまり最悪のシナリオを住民は知っているのだろうか。説明はされているのだろうか。
仮に地震がおき、原子炉が崩壊したとしたら、あるいは通常兵器のミサイルが直撃した時にどうなるのか、あるいは時限爆弾が仕掛けられた場合、どうなるのかを聞いているのだろうか。
おそらく「安全です」の一点張りではないのか?「言霊」ですむ問題ではないのだ。
ということで、私はとりあえず「もんじゅ」の再開は反対するしかないな。

私たちは第一次石油ショックを経験している。東京のネオンが消され、テレビの深夜放送は自粛したのである。ガソリンスタンドは日曜日は開いていなかった。国民全員がひとつになって石油を節約し、なんとか石油がなくならないよう努力したのである。しかし、後に石油がなくなるのではなく、石油の価格を上げるための陰謀に過ぎないことがわかったのである。家にはトイレットペーパーや洗剤が山積みになっていた。
現在は石油は使え、電気は使え、でもエコはしましょうとわけのわからない話なのである。二酸化炭素が増えればよいことはないだろうけど、学術的に疑問だらけの温暖化理論で無理が通れば道理が引っ込むのである。
以前読んだ本で原子力発電の内部で水素核融合が起きているという事を聞いた事がある。ウソか本当か私には検証できないが、果たして原子力を現在の人類が十分に制御できているのだろうか。私は疑問があるのだ。
エコしたいのであれば国民に節約を訴えよう。日本国民は従順なのだから素直に従うだろう。どこまで行っても本音が見えないエコを掲げ、国民に危険を押し付ける事はよくないことではないか。よくない事はやっぱりやめたほうが良いのではないだろうか。

ましてや日本の原子力発電設備を世界中に輸出したがっているようだが、それでは原爆を合法的に世界中へばら撒き、遠隔操作でいつでも破壊できてしまい、日本は労せずして世界の支配者になってしまうではないか。私は支配することもされる事も望んでいない。第二次大戦で日本は大きな恥をかかされた。それはそれでいいではないか、終った事だ。報復しようなどと考えてはいけないのだよ。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-05-08 09:48 | シバちゃんのため息

平城京を見てー2

さて、暇つぶしといったものの奈良まで行って、なにも研究が進んでいないというのも情けないことである。多少は葛城山に関して書いてみましょう。

さて、まず名阪の香芝インターが目的地に一番近いこともあり、そこで高速を下りる事にした。以前少しだけ触れたけど、香芝には大学時代の同級生がいて、よく遊びに来たところでもある。ひどく懐かしい気がした。彼が結婚した時、新居を真美ヶ丘に構えた。当時まだ造成したばかりだったが、いまや大阪のベッドタウンとして相当立派になっていた。彼の親が経営していた靴下工場はすでになく、本宅のあったところも分譲住宅になっている。もはや過去を振り返ることを拒否しているかのようだった。まあ、これ以上は探すまい。本人も探されたくないのであろう。

さて、香芝を下りてまっすぐ南下すると鹿島神社の案内があった。やはりそうだ、香芝は鹿島の事なのだろう。かしまとかしば、可司馬と書いて、馬をまとよむと鹿島、ばと読めば香芝、きっと同じことなのだろう。

やがて二上山を通り過ぎるとボタンで有名な当麻寺がある。ちょうどボタンが満開の時期で車がいっぱい。やれやれ、大渋滞だ。言うまでもなく大麻寺である。おそらくここへ進出してきた匈奴の連中が大麻を栽培したところだろう。

そこを過ぎると竹内という地名がある。やはりそうだ。以前、武内宿禰を調べていて富山の二上山にたどり着いた事を思い出す。やはり竹内の宿禰といい、鹿島といい、スキタイである。つまり、二上から飛鳥へ向かって、ここはスキタイ村なのである。
ご承知のように応神天皇という百済の庶子が倭王になり、堺(これもスキタイだな・・・)に王国を築き、やがてその子孫が天智朝に追われ現在の飛鳥へ避難したのだろう。
早い話、河内平野に広がる古墳群は彼らスキタイ族が造営したものである。河内源氏発祥の地は、この二上山を大阪側へ越えたところにあるが、やはり源氏とスキタイとは切っても切れない関係にあるのだ。

もっともこのスキタイ族は高句麗、百済両方を含んでいて、彼らが必ずしも仲が良かったのかは疑問である。億うそさんに言わせれば、三つ巴の紋章は高句麗・百済・倭国の連合体だったようで、この葛城山近辺がその拠点だったに違いない。
役行者たちは葛城山に立てこもり当麻寺へもぐりこみ大麻をくすねたりしたのかな?おっと、これは想像ですよ。葛城は葛の立てこもった城である。「くず」は「クス」に転じ、楠ともいえる。そしてその字は橘に似ている。つまり、彼らはエジプトからアンクを背負ってやってきた人たちなのか?これはやや飛躍しすぎだ。その間の事情はまったく証明できない。

さて、日本の政権は最終的に百済系が勝利をつかむが、高句麗系はその時以降地下に潜り、今でも水面下で争っているのだ。
簡単に言ってしまったが、それを証明するのは簡単ではない。私も今までいくつの仮説を立てたであろう。しかし、徐々にそれは核心に迫りつつあると私は思っている。現在の平城京遷都1300年に関して言えば、少なくとも平城京の日本は高句麗系倭国と南都仏経(突厥)の連合体だったのではないかと考えている。

私は平成天皇が即位して以降、今回の平城京遷都記念に合わせて政治体制を高句麗系へ移行する明確な意図を感じるのである。いうまでもなく鳩山・小沢ラインというのは前回失敗に終った細川・小沢体制の焼き直しであり、再挑戦なのである。以前と同じ失敗をしないよう入念に準備されたものである。世間で思われているほど軟弱な政権ではないと私は確信している。だからこそ、私は宮内庁の長官と小沢との確執は旧体制と新体制とのせめぎ合いと見た。
平成天皇は昭和天皇が英国ワン・ワールドに利用された事を反省し、密かにチャンスを待ったのだと考えている。
日本という国が成立したのは京都ではなく、奈良の平城京だというメッセージを送った今回の大きなイベントは、平成天皇の在位中にどうしても成し遂げたかったことなのである。
私が混雑を承知で平城京へ行ったのは、平成天皇が国民に伝えたいと願うメッセージを確認する意味があるのである。日本がいつ、どのように成立したのかを間違った歴史解釈ではなく、正しい姿で知るべき時がやってきたのだと理解するからである。

平安時代に平城天皇という名の天皇がいた。彼は都を平城へ戻すつもりであったのに周りの反対でつぶされた。現在の皇室に都を平城へ戻そうと言う考えがあるとは思えないが、少なくとも天皇の御心の原点が平城にあることは間違いがないのである。・・・・書きながら何を書いているのかよくわからなくなってきた。まだ連休ボケでしょうな。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-05-06 06:22 | シバちゃんのため息

リフレッシュしてきました。

いわゆる暇つぶしの旅行をしてきました。もちろん色々見てきましたよ。目的の葛城山に登ったし、平城京のイベントも見てきたし、奈良国立博物館で行われていた「大遣唐使展」も見てきた。帰りには学生時代の同級生を探しに香芝町へも行き、もうくたくたで家にたどり着いた。やっぱし、家にいるのが一番楽だな。ものぐさ人間の私には旅行はやっぱり向いていないのかも・・・・。
せっかくだからいくつかの写真をお見せしましょうか。まずは二上山です。カッコイイ山でしょ。惚れ惚れするほどの山です。思わず車を止め一枚とりました。
b0166522_2031564.jpg


さあ、目的の葛城山、ロープウェイの山頂駅から一枚。奈良盆地が一望です。飛鳥も目の前に・・・、大和三山が人工の山だということがこの目で確かめられる。
b0166522_20313581.jpg

問題は大阪側はどうなのか・・・?
b0166522_20325041.jpg

b0166522_2033474.jpg


残念。春の霞でちっとも鮮明に見えない。12倍ズームで写真をとったものの、やはりさっぱり見えない。残念ながら加治木さんが確認した古墳の直列は見えなかった。また秋に空気の澄んでいる日に出直すしかないかな・・・。

次の日、平城京の大極殿を見に行った。工期10年、総工費180億円という恐ろしい箱物行政のきわみである。すごい!大極殿もすごいけどその人出がすごい。聞くところによると6万人から8万人だという。もっとも広い会場だからそれほど混んでいないようだが、駅やバスはどこも満員だ。奈良を上げてのこのイベントはまずは大成功だったようだ。おめでとう。
b0166522_20334243.jpg

b0166522_20335812.jpg


さて、平城京は素晴らしいが、暑い上にものすごい人出である。とても長時間いるようなところではない。なんたって、ジュースひとつ買うのにも遠いのである。とっとと後にすることにした。奈良の博物館ではちょうど大遣唐使展をやっているという。これは見なけりゃ損というもの。
近鉄奈良駅まで電車に乗ったがこれまた超満員。近鉄も儲かるな。
b0166522_20343119.jpg

b0166522_20352315.jpg

b0166522_20421492.jpg



さて、博物館の建物は素晴らしい。大正ロマンの香りがする。さあ、楽しみに中へ入るが、これまた超満員。
いくつかの展示品はじっくり見たが、あまりの人出で集中力がでない。そんな時、売店で今回の展示品の写真集を売っていた。これはいい。2500円はバーゲンだ。しめしめ、さらっと見た後でこれを見れば全部説明してある。これを買ったので、後はずいぶん楽に見ることが出来た。
b0166522_20362410.jpg

b0166522_20364431.jpg


なんにしてもよく混んでいた。高速も渋滞。電車も満員。どこが不景気だ?とは思ったものの、やはり、安くて楽しめるところに集中したのではないだろうか。平城京も入場料は要らないし、シャトルバスも無料である。奈良公園もただで遊べる。やはり、みんなお金はないけど暇はある・・・みたいな時間のつぶし方を研究している気がする。これはいい傾向じゃないかな。今まで金を使ってしか遊べなかった人たちもはっきりその過ちに気がつくべきだ。私は時間の使い方が下手だし、遊び方も下手である。しかし、古代史の研究は安くてしかも楽しいのだ。さあ、ブログを休んで今は頭の中が空っぽである。明日からまた何かわからないけど研究しよう。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-05-05 05:34 | シバちゃんのため息

カフェの音源として

さあ、皆さんどうせゴールデンウイークでお忙しく、難しいことを読む気にはならないだろうから、くだらないお話にしましょう。
今、私は家でじゃんじゃん音楽を録音しています。オーディオアンプからアナログ信号をパソコンへ放り込み、それを外部HDDへ書き込みます。そしてそのデーターをわが***の・・・・これはこれ以上書けません。

問題はわが***にはオーディオアンプとCDプレーヤーしかなく、パソコンが備え付けていないこと。それでミニノートかノートパソコンでも買おうかなと思ったけど、たかが音楽の再生だけにややもったいない。中古パソコンはリスクがあるし、2万円近くするかな?でも今さらXP機を買うのもいやだし・・・・・・と悩んでいたんだが、現在音楽を楽しむのはほとんどが携帯性の高いi-podみたいなものが主流のようである。私もやや古いが東芝製の2Gのプレーヤーがあったので、これにパソコンからデーターを移し、ミニジャックからアンプにつないでみた。確かに音質はよろしくない。しかし、大きなスピーカーで大音量で聞くわけではないのだ。つまり、小さなテレビでハイビジョンを見るみたいなもので、そもそもそれほどの品位を必要としていないのだな。
パソコンで音楽を録音する時WAVEファイルにすると恐ろしいほど大きな容量を必要とする。しかしWMAやMP3なら10分の1以下に圧縮される。さすがに聞き比べると寂しいが、普通に聞く分にはこれで十分と考える。いわばコスト重視かな・・・・。

以前、サウンドブラスターを購入したおかげで毎週のようにクリエーティブ社からメールが来る。その中で32Gの容量を持つサウンドプレーヤーが目に入った。32Gあればおそらく200時間ぐらいはぶっ通しで再生できるはずだ。これをシャッフルすれば、まず同じ曲を聴くのは一ヶ月に一度ぐらいである。
写真はこれ・・・
b0166522_10103839.jpg

いいよね、安いし、かっこいいじゃん。つい衝動買いしてしまった。これが今日店に着くはず。うん、楽しみ楽しみ・・・・・。
じゃあ、これに音楽を入れてゴールデンウイークの休みを楽しんできます。
5月5日までブログを休むから、ごめんね・・・・・・。皆さんもお元気で。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-05-01 10:16 | シバちゃんのため息

豚の研究です

「ツタンカーメンと出エジプトの秘密」をここ何週間も読み直しているが、どうしても理解できないのが豚のこと。ユダヤ教もイスラム教も豚を食べないことは有名なのだが、豚を神聖なものとして食べないのか、不浄なものとして食べないのか、これがよくわからないのである。
いくつかの連立方程式からそのあたりを導き出したいのだが、頭が悪いせいか、さっぱりわからない。っていうか、矛盾に満ちた記述が多いのか、とにかく何度読んでもよくわからないのだ。

いくつかの記述を拾い出してみよう。
BC1550年から1200年ごろの後期青銅器時代、パレスチナ高原の遺跡には主食の一部としての豚の骨がある。それに反して、BC1200からBC585年の鉄器時代の遺跡からは豚の骨は発見されていない。しかも、その周辺でイスラエルと敵対関係にあった地域から大量の豚の骨が見つかっている。つまり、イスラエル人が豚を食べなくなったのは単に敵対する地域の部族と区別するだけだったと言う。そしてそれらが宗教上の問題となるのははるかに後の後付であり、豚を食べない人たちがユダヤ教を作ったと考えられるという事のようである。

「レビ記」には「いのししはひづめが分かれ、完全に割れているが、まったく反すうしないから、汚れたものである。これらの動物は食べてはならない。死骸に触れてはならない。これらは汚れたものである。」と書いてある。まず、この反すうがわからない。WIKIには「反芻(はんすう、rumination)は、ある種の哺乳類が行う食物の摂取方法。まず食物(通常は植物)を口で咀嚼し、反芻胃に送って部分的に消化した後、再び口に戻して咀嚼する、という過程を繰り返すことで食物を消化する。」とある。これで納得できる人はいいけど、これではわからない。さらに、「反芻を行う動物を反芻動物(Ruminant)といい、ウシ・ヤギ・ヒツジ・キリン・バイソン・シカ・ヌー・アンテロープ(以上は反芻亜目)・ラクダ・ラマ(ラクダ亜目)が含まれる。これらはいずれも偶蹄目である。」とあるから、少なくともユダヤ人にとっては食べていい動物は反すう動物なのだろう。さらに、ひづめがわかれと書いてある。このひづめの中で二つに分かれるものをウシ目といい、そうでないものをウマ目と言うそうである。WIKIでは「ウシ目(うしもく)または偶蹄目(ぐうていもく) Artiodactyla は、かつて使われていた脊椎動物門 哺乳綱の一目。偶蹄類(ぐうているい)ともいう。現在は正式な分類群としてはほとんど使われず、クジラ目と合わせてクジラ偶蹄目に分類される。」・・・とあるから、現在のクジラはこのウシ目の属するから食べてはいけないという事なのかもしれない。うん、これは勉強になる。
なぜ、ひづめが偶数の動物は食べてはいけないのか?それは神さまがそうお決めになったのであろう。アーメン!
さて、ユダヤ人が中央高地に移住した時代に始まる豚の禁忌は彼らが目にした異教徒の習慣の一部である儀式のよって強められた可能性が高いとある。これは、エジプト人が満月の夜、豚をいけにえにし、月の女神セレーネーに捧げるという儀式のことのようだ。。エジプト人は豚を汚れた貪欲な動物として嫌っているにも関わらず、神聖な動物としていたという。なんだか矛盾するようだけど、逆に神さまへいけにえに捧げる動物は食べてはいけないという事だろうか。人間の足はひづめではないが、五本の指がある。つまり奇数だから、食べてもいいのかな?
また、雌豚の乳を口にすると、思い皮膚病になって全身がうろこ状の発疹に被われると言い伝えられている。モーゼが率いる事になった人々の中にこの皮膚病患者(いわゆるらい病患者)がたくさんいたといわれているが、ある意味、逆にこの忌むべき豚を飼育していたのがイスラエル人だったとも考えるとどうだろう。エジプト人は豚を嫌い、飼育している人も同様に差別したとある。イスラエル人は自分達は絶対に豚を食べないようにし、豚の毒をばら撒き、エジプト人を大量に殺害し、逃げたのかもしれない。これらはもちろん憶測に過ぎないのだが、ユダヤ教を理解するにはどうしてもこの豚が肝心なのである。

日本で豚の飼育を調べると、真っ先に出るのが薩摩のクロ豚である。
はてな?一番ユダヤに関わりそうな薩摩が豚を飼育するとは?どう考えればいいのでしょうかね。
さてさて、長くなったのでこの辺りで今日のところは終わりましょう。
・・・・・・まだ研究中です。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-04-30 09:53 | マヨちゃんの古代史

ある裁判の判決

さて、ある日マヨちゃんはたまたまある裁判の傍聴をすることになった。どんな様子だったのか?

「それでは検事からどうぞ」
「はい、それでははじめます。被告スパー経営者、日丸太郎は日頃から思いを寄せていた飲食店店主、朝熊花子を自分のものとするため、たまたま悪質訪問販売員から彼女を守るとウソをついて接近し、最初は親切に護衛をしていたが、ある時豹変し家の中に侵入、あろうことか彼女を暴力的に自分の物とし、威圧的な態度によって彼女の意志を無視したうえ入籍させた。そして彼女の家屋敷を手に入れたうえ家に居座り、さらには彼女の子供たちを自分の経営するスーパーで低賃金で労働させた。その結果、子供の一人は疲労の為死亡。他の子供も肉体的、精神的な苦痛をうけた。
罪状、住居不法侵入および未成年略取、婦女暴行、窃盗、公文書偽造、恐喝・・・・その他いっぱい。被害者はいまだに受けた苦痛から立ち直る事ができていません。被害者のその後の心情をかんがみると、被告の不法行為は断じて許されるべきではないと考え、被告人に極刑を望むものであります。」
「それでは、被告人、前に出なさい。何か言いたい事があればどうぞ。」
「はい、当時、彼女の家には悪質セールスマンが実際複数出入りしており、よその家でも詐欺まがいのその商法でかなりの被害が出ていたのです。私は日頃から彼女に気があったのは否定しませんが、あくまで善意の気持で声を掛けたのです。彼女も迷っていたようですが、必ずしも勝手に護衛をしたのではなく、彼女もそれほど嫌がったわけではありません。そして確かに悪質セールスは私が追い払ったのです。ただ、もともと彼女を自分の物にしたいという気があったわけではなく、一応友達になろうと申し出たら「それもいいわね」という返事でした。あとは男と女ではないですか、「いやよいやよも・・・」の世界ですよ。でもね、ちゃんと籍をいれ、責任は果たしたつもりですよ。いや、本当にうまく行っていたのです。ただ、外資系大手スーパーが進出してきて、私のスーパーの売上が落ちてきました。だから彼女の子供たちを私の支店で使いました。別にこき使ったつもりはありません。本当に売上が落ち、給料が払えないこともありました。しかし、私の従業員も同じでした。とにかく相手は資本に物を言わせ、わが社に商品を入れれないようにメーカーに圧力をかけたり、玉子ワンパック10円などというべらぼうな安売りを仕掛けて嫌がらせをしてきました。私も大変だったのです。彼女の家の財産を勝手に使ったなんてことはありませんよ。むしろ家の改造や家財道具の多くは私の私財をつぎ込んだのです。ひたすら彼女にも人並みの生活をさせようとしたんですよ。ただ、運が悪かったのは私のスーパーが遂に倒産したのです。それさえなければ彼女はわが社の役員になっていたし、子供の中には取締役にもなっていたものもいるじゃないですか。今から思えば、最初に言ったとおり友達のままだったら良かったとは思いますが、本当に倒産さえしなければ、今でも同じ家庭で仲良くやっていたと思うのです。大手スーパーが悪いとはいいませんが、規制緩和が私には不幸だったと言わざるをえないのです。」

裁判官は被告に聞く、「じゃあ、君は最初から彼女を強姦する気はなかったというのか?」、「もちろんですとも、ただ、彼女の家に出入りするうちになんとなく情が移ったというか・・・泊まって行く雰囲気になったのです。あくまで彼女も望んでいたように感じました。」
裁判官:「被害者の意見は?」
「いやですわ、私が望んでいたなんて、恥ずかしい。私は子供をこの手で一人前にするまでは誰の助けも受けるつもりはありませんでしたわ。それなのに善人のような顔をして近づき、そのうちに態度を変えたのです。婚姻届出も脅迫されたのです。もちろん無理矢理ですわ。私には男などいらなかったのです。助けなどなくても悪質セールスは撃退できたと思っています。」

・・・・・・・あとはドロドロの論争がつづく

この問題で私は有罪か無罪かの判断は出来ない。なぜなら当事者達の本当の裁判を聞いていないから・・・。要は悪徳セールスさえいなければ、そして大手スーパーの進出さえなければ今でも夫婦として仲良くやっていた可能性もあるかもしれない。たとえ話にしてみたけれど、どちらにも理屈があり、その時の情勢を再現できない以上、私にはやはり判断は出来ないのである。むしろ簡単に判定できる人はおかしいのではないかな。皆さんはこの裁判をどうおもいますかね。え?何の話かって?さあ・・・
[PR]
# by sibanokuni | 2010-04-29 06:11 | 小  説

小沢さんはやはり・・・・

小沢さんがもう一度起訴される恐れがある。以前私は「五月に小沢はやめるだろう」と書いている。こっちにも書いたけど、その根拠は、人から田原氏が講演会でそう言っていると聞いたからで、少なくとも私は「まさか?」とは思ったが、それは決まっていることかもしれないと考えたのだ。なんとなく田原氏は予定を知っているとおもったのである。

ここ数週間、小沢氏が止めるような気配はまったくなかったので私も予想が外れたのかと自分でも少々恥ずかしい気がしていた。でもやっぱりこのような筋書きが用意されていたのだ。
ただし、まったく私は心配していない。小沢が幹事長を辞任しても民主党の優位は動かない。また、小沢ぬきで選挙を戦うのは初めてではないので、逆に野党は攻撃対象を失ってやりにくいだけである。
今回のことで鳩山氏の不起訴が重要である。個人的には鳩山氏のほうがはるかに深刻な脱税行為と感じている。もちろん鳩山氏を有罪にするなら二世議員は全員調べるべきで、たくさんの二世国会議員はほとんど全員有罪となるだろう。ようは鳩山の不起訴で多くの二世議員は胸をなでおろしたのだ。

今回またもや小沢さんの危機であるが、検察もメンツがあるのでおそらくはもう一度不起訴にするのではないか。選挙とのタイミングを計るのが難しいが、選挙の直前に自動的に起訴になるような筋書きではないかな?これは私も悩むところだが、まあ、小沢さんは影で動き回るのが得意なので、むしろ幹事長でないほうがやりやすいのだろう。

まあ、驚くほどのことではないというのがマヨの結論である。
[PR]
# by sibanokuni | 2010-04-28 06:08 | シバちゃんのため息



ため息ばかりのシバちゃんと、ぼやいてばかりのご主人様、マヨの日記です。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
以前の記事
フォロー中のブログ
その他、お知らせ。
捏造の日本歴史研究所へどうぞ・・・・http://mayonokuni
.web.fc2.com/
*******
メールでのご連絡は
palio@beach.ocn.ne.jp
へお願いします。
カテゴリ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧